・連載―デキメン列伝! 2016-05-27 18:45

デキメン列伝【第14回】鈴木勝吾

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第14回】鈴木勝吾 SHOGO SUZUKI
IMGP8594-350x472

「サボるな」「もっと!」ということを叩き直されました


Writer’s view

生で目撃する舞台では、「この俳優さん、いま波にノッてるな」という“快進撃”を体感する機会がままあります。現在27歳の鈴木勝吾さんは、まさにその真っ只中にいる人ではないでしょうか。特に2014年の初主演舞台ぐらいからの活躍が目覚しいのですが、さかのぼってそれ以前の映像作品などを見ると、雰囲気も顔つきも大きく違うことに驚かされます。俳優としてだけでなく、人間・鈴木勝吾としても何か転機が? 本番中の多忙な中にお時間をいただき、その真相を探ってきました。

取材・文/武田吏都 続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2016-04-21 16:32

デキメン列伝【第13回】安西慎太郎

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第13回】安西慎太郎 SHINTARO ANZAI
IMGP8594-350x472

誰かの人生に影響を与えるような

演技ができる役者になりたい


Writer’s view

上手いなと思う俳優ほど謙虚という法則がある気がします。ただそれは、その人がもともと特別に謙虚なわけではなく、環境がそうさせる面もあるのだと気づきました。自分より優れた人たちに囲まれていれば当然そうなるし、常に上を見ているから、目標値もおのずと高くなる。だから若い俳優こそ栄養価の高い超一流の現場を経験するのが望ましいけれど、チャンスをつかむのはなかなか難しいこと。「アルカディア」でその最高の機会を得たのが、22歳の安西慎太郎さんです。

取材・文/武田吏都

続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2016-03-29 18:52

デキメン列伝【第12回】相葉裕樹

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第12回】相葉裕樹 HIROKI AIBA
IMGP8594-350x472

この世界は短距離走じゃない。

最終的に勝つには実力をつけるしかない。


Writer’s view

相葉さんは半年間のフリーランスの時期を経て、今年から新しい事務所に所属。事務所という存在はあまり表立つことはないけれど、俳優という仕事を続ける上で、非常に大きな意味を持つことは確かです。周囲や自己の分析能力に長けている(と私は思っている)相葉さんが、この先のパートナーとして選んだのは、舞台に強いイメージのある事務所。この選択から垣間見えるものを相葉さん本人から聞きたくてインタビューにうかがうと、想像以上に先の未来が見えました。

取材・文/武田吏都

続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-12-24 20:49

デキメン列伝【第11回】池岡亮介

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第11回】池岡亮介 RYOSUKE IKEOKA
ikeoka_main

自分を良く見せることを頑張らないようにした途端、
楽になりました


Writer’s view

インタビューに同席してくださったマネージャーさんの「噛めば噛むほどじわじわと面白い、スルメみたいな子」という言葉が、池岡さんを表すのにとても的確な表現である気がします。まだ22歳(歴代最年少デキメン!)ですが、演技力もその持ち味も地に足がついていて、多彩な役を観つづけるにつれ、その旨みを増すのです。今秋の「夕陽伝」で演じた初の悪役・毘流古(ひるこ)役では、とびきりスパイシーな新味を味わわせてくれ、多くの観客を驚かせました。豊富なポテンシャルで次に何が出てくるかわからない、追いかけがいのある若手デキメンです!

取材・文/武田吏都

 

――池岡さんは1993年生まれの現在22歳。想像よりも低くシブい声をしていたり、お会いすると、実年齢より大人っぽい印象がありますね。
続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-10-28 18:00

デキメン列伝【第10回】 内藤大希

  “デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第10回】内藤大希 TAIKI NAITOU
内藤大希

「俺ってなんだろう?」って日々もがきながらも、

変わりたい自分がどこかにいます


Writer’s view

“実力”をものさしにセレクトしている当企画では、若くてもキャリアのある人たちの登場が多かったのですが、今回の内藤大希さんも子役出身。技術を得るために必死に努力を重ねる時期をある程度越えたといえる彼らには、そこから先の悩みが生じるようで、このインタビューも途中からカウンセリングにシフト!? 舞台上の輝きのベースにあるもの――ネガティブな部分も正直に語ってくれました。出演中の『パッション』での、あの“ミュージカル・プリンス”との出会いも興味深いです。

取材・文/武田吏都

 

――内藤さんはアルゴミュージカルで、11歳のときに初舞台。ミュージカルやショー的な舞台での印象が強いのですが、ご本人もやはりそういう志向ですか?

内藤 わからないんですよ。

続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-09-18 18:39

デキメン列伝【第9回】 宮下雄也

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第9回】宮下雄也 YUYA MIYASHITA
main_miyashita

自分自身があまり好きじゃないけど、
役を演じて舞台に立っている自分はすごく好き


Writer’s view

若手俳優ファンの間でも一目置くような存在として、この人の名は知れ渡っているかもしれません。宮下雄也さんは、若手俳優界随一の怪優、性格俳優と言っていいポジションを築いています。ボサボサ頭を掻き乱し、イッちゃったような目で暴れまくる、そんな役を演じたりもしますが、実はものすっごくキラキラと澄んだ瞳が気になる……と思っていたら、なんと15歳でデビューしたアイドル出身。アイドルから性格俳優へと、極端な転身を遂げたその謎。解明せずにはいられません!

取材・文/武田吏都

 

――当企画に出ていただきたいとずっと思っていたんですけど、取材させていただいたことがなかったので、こういった場ではどんな方なんだろう?と。ロングインタビューに真面目に答えてくれるんだろうかと、ちょっと不安でもあったんですよ。

宮下 ちゃんとしゃべりますよ、もちろん!(笑)

続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-08-03 21:18

デキメン列伝【第8回】 平野良

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第8回】平野良 RYO HIRANO
main_imgp1047

実は人見知りで不器用な、マニュアル人間です


Writer’s view

平野さんを初めて見たのは舞台ではなく、「戦国鍋TV」。今の若手男優シーンを語るに欠かせないこの伝説的バラエティ番組における彼は、私にはやや異質に映りました。歌も芝居も、周りの俳優たちとのやり取りもどこか手慣れた感じ。キュート系のルックスとその持ち味とのアンバランスがまた、「気になる!」に拍車をかけました。それから何度か取材もしたけれど、やはりどこかつかみどころがない。ならばということで、平野良の内面を丸裸にする(?)ロングインタビューを敢行です!

取材・文/武田吏都

 

――平野さんは中学生のときに芸能活動を開始。途中4年間ほどブランクがあって、成人したのち再び芸能界に、という経歴だとか。まず最初に芸能界入りしたきっかけは?

平野 物心ついたときから世に出るようなことを何かやりたくて、「歌手になる!」とか「お笑い芸人になる!」とかずっと言ってたんです。それにテレビっ子だったんですけど、僕が子供のときって学園モノのドラマがめっちゃ多かったんですよ。それこそ今出ている舞台「SONG WRITERS」を演出している(岸谷)五朗さん主演の「みにくいアヒルの子」とか、「それが答えだ!」とか「聖者の行進」とか。「年の近い人がこんな仕事していいなぁ」っていうのがきっかけで、新聞の広告を見て、自分で劇団東俳に応募しました。「3年B組金八先生」(第5シリーズ)に出たとき、その劇団の広告に自分の写真が載ったことがものすごくうれしかったですね。
続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-07-08 10:11

デキメン列伝 第7回 大山真志

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第7回】大山真志 MASASHI OYAMA
main_0941

人を楽しませる“エンターテイナー”であるときが一番楽しい


Writer’s view

数多居る若手男優の中でも、大山さんの持ち味はユニークだなと常々感じていました。大きくたくましい体に、深く響く歌声。ついつい三枚目のキャラクターを担ってしまうところがありながら、ファンをキュンとさせる男性的魅力もちゃんと持ち合わせている。はたまた筆者周辺では「息子にしたい!」なんて声が聞かれたり、アピール力が多様で幅広いのです。あらゆるものをドーンと受け止め“みんなの大山真志”たる彼の大きさはどこから来るのか。その答えと、25歳という狭間の年齢にいる今の心境を知りたくて稽古場を訪ねました。                  取材・文/武田吏都

 

――大山さんは子役出身で、歌、ダンス、芝居を長く続けてきていますが、この三要素でいうと、スタートは何から?

大山 僕は完全に歌ですね。それこそセリフを覚えるという作業をして芝居をするようになるなんて、子供の頃は全然思ってなかったです。小学4年生ぐらいから音楽カレッジみたいなところに通い始めて。きっかけはただただマイケル・ジャクソンになりたかった、みたいな(笑)。だから踊ることもカッコいいなと思っていましたけど、最初はただ人前で歌いたいという気持ちだけで、歌っていることが幸せでした。でもアルゴ・ミュージカルのオーディションを受けたとき、自分のダンスのできなさ加減に落ち込んで(笑)、母親に「ダンスを習いに行かせてくれ」って頼んで。それから、ジャズやタップやバレエやいろんなコースがあるダンススタジオに、毎日何コマも取りながら通いました。その中に演技の稽古ができるところがあったので、芝居はそこでやっと習った感じですね。で、小学5年生のときが初舞台です。

続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-05-29 20:47

デキメン列伝 第6回 海宝直人

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第6回】海宝直人 NAOTO KAIHO
main01_418

マリウスは最後の最後まで成長していく、とても魅力的な役


Writer’s view

7歳のとき、ティーカップの姿で愛らしく舞台に登場! ミュージカル生まれミュージカル育ちですくすくと、品のあるハンサムな青年に成長した彼は、「レ・ミゼラブル」のマリウスとなりました。姿は美しく、歌も演技も安定、かつフレッシュさを失わない海宝さんのマリウスに“堕ちた”レミゼファンも多いのでは。9月まで務め上げた後、秋には超話題作「アラジン」のアラジン役が控えています。これまでの20年の道のりと、自ら「ここが勝負」と語る今現在の思いをたっぷり聞きました。

取材・文/武田吏都

 

――7月4日のお誕生日に合わせてソロライブが行われますね。「20th Anniversary」とあるのを見て思わず二度見してしまったんですが(笑)。26歳にして芸歴20年!

海宝 小学校1年生のときの劇団四季「美女と野獣」が初舞台でした(ティーカップ姿のチップ役)。それまでキッズモデルの仕事はちょこちょこしていたんですけど、舞台に立つ、芝居をするのはそれが初めて。やはり3歳年上の姉(海宝あかね=劇団四季)の影響が大きいですね。姉が「アニー」に出ていたので舞台を観たり、ステージ裏に連れて行ってもらってお姉さんたちに遊んでもらったり(笑)。歌ったり踊ったりということが、すごく日常的でした。

続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2015-04-17 19:12

デキメン列伝 第5回 松田 凌

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第5回】松田 凌 RYO MATSUDA
IMGP8594-2_350_472

のらりくらりやっていても意味がない。
チャンスがあるなら飛びつきたい


Writer’s view

演技未経験のまま、2012年に人気シリーズ舞台の第一作で初舞台初主演を飾ったシンデレラ・ボーイ。他を“凌ぐ”ことを宿命づけられた(?)松田さんが驚異的なのは、その成長のスピードです。そして、作品ごとに異なる魅力を見せてくれること。演技力や持ち前の華に加え、近年の作品では艶っぽい色気や演劇人としての強靭さも発揮しています。底なしのポテンシャルを秘めた彼が、俳優としての勝負どころの舞台「Being at home with Claude~クロードと一緒に~」に挑みます。

取材・文/武田吏都

 

――まだ俳優デビューから3年ほどというのが信じられないくらい濃密なキャリアを重ねていますが、今年前半は特に濃いお仕事が続いていますよね。

松田 2月頭に「URASUJI2015 綱渡り」が終わって、1ヵ月後に「遠ざかるネバーランド」があり、そのまた1ヵ月後がこの「Being at home with Claude~クロードと一緒に~」で、その3週間後に「メサイア-翡翠ノ章-」があります。ほんと、濃いですよね(笑)。 続きを読む


1 / 212