・インタビューしちゃいました!! 2017-01-15 00:00

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~スタートライン~
醍醐虎汰朗 インタビュー

pedal
不安よりも楽しみ。
もっと坂道に近づいていきたい。

 

 新キャストを迎えて、舞台『弱虫ペダル』シリーズが新たにスタートを切る。

 原作は2008年より『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊/作・渡辺航)にて始まったロードレース漫画。連載では、主人公・小野田坂道が高校1年生で参戦したインターハイレースが決着し、3年生メンバーが卒業。進級した坂道たちが、再び迎えたインターハイレースを激走している真っ最中である。

 2012年から始まった舞台シリーズも、スピンオフ作を交えた計7作品で1年間を描き切り、2016年3月、舞台『弱虫ペダル』〜総北新世代、始動〜、9〜10月 舞台『弱虫ペダル』〜箱根学園新世代、始動〜として、彼らの2年目の物語が動き出したところだ。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-01-15 00:00

ミュージカル「さよならソルシエ」再演
良知真次&平野良 インタビュー

sorcie
待望の再演が決定!歌とピアノで紡ぐ
“ふたりのゴッホ”の物語

 

 天才画家、フィンセント・ファン・ゴッホと、切れ者画商であり、そのビジネスの才で“ソルシエ(魔法使い)”と呼ばれた弟テオドルス(以下テオ)。この“2人のゴッホ”の愛憎や絆を描いた人気コミックが「さよならソルシエ」だ。昨年ミュージカル化され、“大人の2.5次元作品”として高い評価を得た同作の再演が決定!テオ役の良知真次、フィンセント役の平野良に話を聞いた。

 役の上では平野演じるフィンセントが兄という設定だが、実年齢では良知のほうが1歳年上というこのコンビ。

良知 いざ稽古に入ったら年の差なんかは気にならなくて、何よりも居心地が良かったんですよ。僕ら二人は一緒の楽屋だったんですけど、全然しゃべらなくても気を使わないというか、自然な感じでいられるんですよね。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-01-15 00:00

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~
松岡広大&佐藤流司&良知真次 インタビュー

naruto
うちはイタチが登場する待望の続編!
迫力の演出とそれぞれの因縁を描く人間ドラマ

 

 世界中で愛される原作の世界観をベースに、アクロバティックなパフォーマンスやプロジェクションマッピングといった映像も駆使して話題を呼んだライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」。2015年の初演、2016年の再演に続き、待望となる続編の上演が決定した。

 前作で主人公うずまきナルト(松岡広大)が修業の旅に出た後の「青年編」に当たる本作には、ナルトの盟友・うちはサスケ(佐藤流司)の一族を皆殺しにして去った兄・イタチ(良知真次)といった新キャラクターが参戦するのも気になるところだ。主演の松岡はこう語る。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-01-10 18:30

結城企画 第2回公演「くるみ割れない人間」インタビュー

dsc02167

OFF・OFFシアターでクラシックバレエが踊りたい
ただそれだけの思いが、始まりでした

俳優の結城洋平による自主公演企画「結城企画」。11月に第1回公演「ブックセンターきけろ」を成功させたばかりの同企画が早くも、第2回公演「くるみ割れない人間」を上演する。今回は、絶海の孤島でなぜかバレエのレッスンに励む4人の男たちと、彼らを見守る1人の女による怒涛のコメディを展開する。そこで、稽古中の主宰・結城洋平と脚本・演出を手掛ける劇団「犬と串」のモラルに、今回の舞台の見どころを聞いてきた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2017-01-07 00:11

『ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2017』リハーサル&インタビューレポート!

imgp2490

クラシックの世界では恒例イベントとして世界中で開催されるニューイヤー・コンサートのミュージカル版が、東急シアターオーブで開催!

ブロードウェイなど世界各国で活躍中の海外ミュージカル・スターが、このコンサートの為だけに来日!

今回はそんな『ニューイヤー・ミュージカル・コンサート2017』のリハーサル&インタビューの様子をレポート!ミュージカルの魅力をたっぷり語っていただきました♪

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-01-04 12:33

シアターコクーン・オンレパートリー2017「世界」
赤堀雅秋 インタビュー

001
1月11日(水)Bunkamuraシアターコクーンにて開幕!
シアターコクーン・オンレパートリー2017「世界」
作・演出 赤堀雅秋 インタビュー

 

 昨年は2作目の監督映画『葛城事件』、久々のシアタートラムでの舞台『同じ夢』が、どちらも高い評価を得た赤堀雅秋。3度目のシアターコクーンとなる『世界』にも、好調の波が続く。熟年離婚を前にしながら同居を続ける父と母、惰性で不倫を重ねるその息子など“ダラダラと決断を先送りにする人達”が描かれるのだが、出口のない会話はどこかユーモラスで、時折り底のほうにほろ苦さが見え隠れする。

 2014年の『殺風景』、15年の『大脱走』と、シアターコクーンでキャリアを重ねつつ手探りしてきた赤堀がたどり着いたのは“線”で関係性、あるいは“面”で社会を捉えるのではなく“点”で個人を描く新境地だ。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-28 13:15

小池博史ブリッジプロジェクト『世界会議』
小池博史 インタビュー

sekaikaigi_01

 

「世界」とは何か、ときちんと問うていく。それが、世界シリーズを作りたいと思ったきっかけです。

 

約30年にわたり国内外で高い評価を得たカンパニー、元パパ・タラフマラの演出家・小池博史が立ち上げた個人プロジェクト「小池博史ブリッジプロジェクト」。その最新作は初となるオリジナル作品「世界会議」だ。世界シリーズの第一弾となる本作は、能楽師、俳優、ダンサー、サーカスパフォーマーなど多彩な才を持つ男女7人と、3人の音楽家による生演奏で “亡霊から見た世界を論じる会議”を繰り広げていく。生をすでに失った偉人たちは、どのような言葉で世界を表すのか。作品に込めた思いを小池氏に語ってもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-28 12:46

「伊賀の花嫁」 町田慎吾&片山陽加 インタビュー

001

 「あたっくNo.1」(’09年)、「THE面接」(’10年)などの人気作を世に送り出してきた方南ぐみが送る、2017年の新春を彩る喜劇「伊賀の花嫁」。現代日本を席巻する“婚活ブーム”が、古いしきたりを重んじる伊賀忍者の末裔たちをも巻き込む!? 

 現代に生きる伊賀忍者の末裔・伊賀三四郎を演じるのは、役者としてだけでなく、ダンサーや振付師としての顔も持つ町田慎吾。そしてその幼馴染のくノ一・服部すみれを演じるのはAKB48を卒業後、時代劇やミュージカルなどで女優としてめきめきと頭角を表してきた片山陽加だ。

 映像や舞台で幅広く活躍する水谷あつしやTHE CONVOYの瀬下尚人といったベテラン勢から、大国男児やTRITOPS*、ApeaceといったK-POPのアイドルグループの面々までが参戦する本作のキャストは実に個性豊か。10のシーンからなるオムニバススタイルで、それぞれのシーンの登場人物が少しづつ重なっており、一見共通点のない登場人物たちが意外な形で一堂に会することになるという。

町田 まだ稽古が始まったばかりなんですが、濃すぎるキャラクターばかりで(笑)。そういう人たちがいろんなシーンでいろんな出会い方をするんですが、シーンによっていろんな雰囲気を味わえる作品でもあるんですよ。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-27 11:50

舞台『ハムレット』 加藤和樹 インタビュー

dsc00901b

世界を股にかける名演出家が手掛ける
シェイクスピア劇の最高峰に挑む!

「レ・ミゼラブル」オリジナル版の演出など世界で活躍する演出家ジョン・ケアードが、東京芸術劇場で初めて演出を手掛けることになった。その演目は、自身の代表作の一つともいえる「ハムレット」。通常ならば演者が30人ほどにもなる大規模な作品だが、ケアードは今回、役者ほとんどが複数の役を演じることで、たった14人で上演するという。そんな挑戦的な作品に出演することになった加藤和樹。2016年は「1789~バスティーユの恋人たち~」で舞台主演を果たすなど、舞台人として大きな活躍を見せる彼は、どのように本作に臨むのだろうか。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-23 13:55

『フェードル』栗山民也 インタビュー

phedre_01

 

今の日本に、あの熱量のセリフをしゃべれる人は、と考えたとき、大竹しのぶが思い浮かんだ。

 

フランスの劇作家、ジャン・ラシーヌがギリシャ悲劇から題材を得て創りあげた、17世紀フランス古典文学を代表する作品、『フェードル』。「人間精神を扱った最高傑作」と言われてきた古典作品で、その美しく響く台詞、神話的世界をもとにしつつも破滅的な激情にかられる登場人物たちのドラマチックな宿命、そして衝撃の物語展開には現代を生きる私たち誰もがきっと心を揺さぶられるはずだ。日本を代表する演出家のひとり、栗山民也が2011年に上演した『ピアフ』などで何度もタッグを組んできた女優、大竹しのぶと共に満を持してこの歴史的名作に挑む。

続きを読む


1 / 2812345...1020...最後 »