・インタビューしちゃいました!! 2016-07-16 10:02

Dステ19th『お気に召すまま』 青木豪&柳下大 インタビュー

001
Dステ19th『お気に召すまま』
青木 豪&柳下 大 インタビュー

 

Dステ シェイクスピアシリーズの第三弾『お気に召すまま』が今秋上演される。
ワタナベエンターテインメントの若手俳優を中心に結成された「俳優集団D-BOYS」による演劇ユニット公演、通称“Dステ”19番目の演目。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-15 17:14

ミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」 河原雅彦&橋本さとし&岸祐二 インタビュー

プリント+D_CS6
日本版演出・上演台本を担当する河原雅彦、
キャスト中の最年長コンビ橋本さとし&岸祐二のインタビュー

 

 プロジェクションマッピングでステージ上に蘇る名画「星月夜」「ひまわり」「自画像」etc…そして気鋭のシンガーソングライター、ソヌ・ジョンアが書き下ろした情感豊かなナンバーの数々。観る人の感覚を鮮やかに刺激するステージの上で繰り広げられるのは、ある兄と弟の濃密なやり取りの数々だ。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-15 00:00

ミュージカル『刀剣乱舞』新作公演 高橋健介&伊万里 有 インタビュー

004
“刀剣男士”が躍動する話題のシリーズ
新作公演は新撰組隊士の愛刀が登場する

 

 写真撮影中も、漫才コンビ並みに息の合った掛け合いを見せる。

高橋「僕はまったく人見知りしないタイプ。グイグイ行っても、年上の有さんが優しく受け止めてくれる」

伊万里「大人の対応力です」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-15 00:00

舞台『K -Lost Small World-』 植田圭輔&安西慎太郎 インタビュー

001
人気キャラの過去に迫る
舞台『K』の最新作

 

 舞台『K』といえば、緻密に織り上げられた原作のストーリーや魅力的な登場人物たちを忠実に再現し、2.5次元作品のなかでも高い評価を得ているシリーズだ。そんなシリーズ中の人気キャラクター、八田美咲と伏見猿比古の物語をフィーチャーした「K -Lost Small World-」が東京・京都で上演決定! 元は親友同士にもかかわらず、初演、第二章では敵対するクラン(《王》を筆頭とする組織)の一員として火花を散らしていた八田と伏見。ふたりはどのようにして出会い、なぜ別々の道を歩むことになったのか。前作から続投の八田役・植田圭輔、伏見役・安西慎太郎に話を聞いた。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-15 00:00

月刊「根本宗子」 第13号『夢と希望の先』 根本宗子 インタビュー

001
演劇の聖地・本多劇場に
月刊「根本宗子」、初登場!

 

 月刊「根本宗子」がついに演劇の聖地・本多劇場へ初進出を果たす。主宰の根本宗子は「ずっと本多でやりたいと思っていた」と憧れを語る。

根本「単純に面白い芝居が多いというか、劇場のセンスが好きなんです。しかもお願いをしたからと言って簡単に借りられる劇場じゃない。その信頼度も大きいので、今回、本多でやらせていただけることが決まったときはうれしかったですね」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-14 17:34

パルテノン多摩×FUKAIPRODUCE羽衣「愛いっぱいの愛を」 深井順子&糸井幸之介 インタビュー

001
大人から子どもまで楽しめる〝妙—ジカル〟を。

 

自然を感じながら旬の演劇を楽しめる、パルTAMAフェス2016in多摩センターきらめきの池ステージのプログラム。
今年は、ミュージカルならぬ「妙—ジカル」で人気のFUKAIPRODUCE羽衣が登場します。
主宰で女優の深井順子さんと、作・演出・音楽・美術まで手がける糸井幸之介さんに、劇団のこと、「妙—ジカル」のこと、そして今回の新作『愛いっぱいの愛を』について聞きました! 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-11 16:48

『BENT ベント』 佐々木 蔵之介 インタビュー

bent
人間の生命とは? 威厳とは?
迫害に屈しなかった男たちの愛の物語

 

 1930~40年代、あのナチスドイツ政権下において、“ホロコースト”と呼ばれるおぞましいユダヤ人迫害・殺戮が行われたのは誰しもが知る人類の歴史的汚点だが、時を同じくして、いわゆる同性愛者たちもまた、過酷な運命を背負わされ、虐殺されていった事実をご存知だろうか?

 「BENT」は、強制収容所という絶望的な状況下にあっても、人間らしい愛と尊厳を最後まで失わずに生きようとした男たちを描いた傑作だ。79年のウエストエンド初演ではイアン・マッケラン、続くブロードウェイ版ではリチャード・ギアが主役のマックスを演じたほか、日本でもさまざまな俳優で繰り返し上演されているこの作品に、満を持して佐々木蔵之介が挑む。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-09 17:30

近藤公園・平岩紙 二人芝居『あたま山心中』
近藤公園・平岩紙・寺十吾による鼎談インタビュー

★1_IMGP1761s2
(左から)平岩紙、寺十吾、近藤公園

 

 大人計画の俳優・近藤公園と平岩紙が自身初の二人芝居『あたま山心中』を今秋上演する。演出を担当するのは、シス・カンパニー公演『グッドバイ』(2013年)、『草枕』(2015年)等で演出家としても活躍する、演出家・俳優・劇団「tsumazuki no ishi(つまづきのいし)」主宰の寺十吾(じつなしさとる)。演劇ファンの目にも新鮮に映る、この三人の組み合わせ。当人たちに企画の成り立ちや公演の展望を聞いてみた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-07-05 13:08

『幽霊』 朝海ひかる インタビュー

asami01
「繰り広げられていく心理戦が面白くて、
物語にグイグイと引き込まれていきました」

 

初夏の陽気となった5月下旬の東京、ビジュアル撮影が行われた際に、『幽霊』主演の朝海ひかるさんに作品への熱い想いを語って頂きました!

 

・戯曲を読んだ印象は?

重いテーマを扱った作品ではありますが、人間らしさが溢れていて、ドタバタコメディ的な部分もある面白い作品だと思いました。「よしっ!」と気合いを入れて読み始めたのですが、予想に反して楽しく読むことができました。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-06-21 16:38

舞台『ソラオの世界/Good Morning SORAO』 多和田秀弥 インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

演劇化不可能と言われる題材を次々に舞台化し、演劇界の革命児と呼ばれる西田シャトナー。代表作のひとつである人気作『ソラオの世界』が、この夏、自作戯曲を演出するプロジェクト「SHATNER of WONDER」の第4弾として上演される。

主演は多和田秀弥。ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン・手塚国光役、gmk produce『新・幕末純情伝』土方歳三役、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』スターニンジャー/キンジ・タキガワ役などで印象を残し、最近では『めざましテレビ』のリポーターなども務める。 続きを読む