・インタビューしちゃいました!! 2016-12-15 00:00

シス・カンパニー公演「死の舞踏」 池田成志 インタビュー

ikeda1
しっかりやることで平さんの供養になればと思う

 

 10月から放送されている連続ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』でもおなじみの顔である。給食を作りながらどこかくせ者的な雰囲気を漂わせて印象を残した男は、その役者としてのキャリアを主に舞台で積んできた。82年に鴻上尚史率いる「第三舞台」に参加して以来、つかこうへい、野田秀樹、三谷幸喜、宮藤官九郎、劇団☆新感線のいのうえひでのりなど、演劇界の名立たる劇作家・演出家の作品に出演。どんな作風でもどんな役でも観る者の心に入り込んで結果を残し、作り手たちの信頼を得てきた。そんな評価があればこそだろう。池田成志が、急逝した平幹二朗に代わり、舞台『死の舞踏』に出演することが決定した。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-15 00:00

舞台『ノラガミ-神と絆-』 鈴木拡樹 インタビュー

noragami
〝野良〟の神が悪戦苦闘!
人気漫画の舞台化・第二弾

 

 神でありながら、ジャージにブーツ、よれよれのスカーフを巻いた、ゆるふわ系(?)の出で立ち。祀られる社を持たない無名の神・夜トを中心に繰り広げられるストーリーで人気を博す「ノラガミ」(作・あだちとか/『月刊少年マガジン』連載中)の舞台化、第二弾。

 初演に引き続き夜トを演じる鈴木拡樹は「キャスト・スタッフみんなが『ノラガミ』を大好きで、とても愛のある作品になりました」と、前回の公演を振り返った。

鈴木 「初演からオリジナルストーリーをさせて頂けたのは貴重な機会でした。同時にプレッシャーはありましたが、全員がキャラクターの細かい部分まで調べて役作りをしていたので、しっかり『ノラガミ』の世界観をつくることができたと思います」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-15 00:00

M&Oplaysプロデュース『皆、シンデレラがやりたい。』
根本宗子 インタビュー

nemoto1
アイドルの追っかけをテーマに、
憧れの役者たちと新作

 

——今回の舞台『皆、シンデレラがやりたい。』には、劇団☆新感線の高田聖子さん、大人計画の猫背椿さん、ナイロン100℃の新谷真弓さんと豪華な面々が出演されますね。

根本 「学生時代からずっと観ていた方々なので、とてもうれしいです。自分の劇団で作品をつくろうとすると、どうしても若い子を主軸にしてしまいがち。皆さんと組めるのは、声をかけていただくプロデュース公演ならではの喜びです。」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-15 00:00

コドモ発射プロジェクト「なむはむだはむ」
岩井秀人&森山未來&前野健太 インタビュー

hibye
© 平岩享

本気モードの大人たち。怪作が誕生する!?

 

 どんな企画を出せばこの顔ぶれが集まるのかと、世のプロデューサーは羨ましがりながら首をひねるはずだ。
岩井秀人と森山未來と前野健太。個として強く、接着面は柔らかい3人が集まったのは、子どもが自由に書いた物語を大人が演劇にする「コドモ発射プロジェクト」の第一弾、『なむはむだはむ』をつくるためだ。

岩井「最初のアイデアは野田秀樹さんなんです。『子どものひらめきを大人が必死に形にするって、おもしろそうだよね』と。僕はそれを観たくて待っていたんですが、やる気配が一向にない。『いつですか?』と聞いたら『岩井くん、やってくれる?』と」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-09 11:01

「お気に召すまま」マイケル・メイヤー&柚希礼音 インタビュー

okinimesumama_01

 

「お気に召すまま」はラブコメディとして史上最高(マイケル)
すごくリアルな、血の通ったシェイクスピアになれば(柚希)

 

ブロードウェイを賑わせ、世界の演劇界を牽引している鬼才マイケル・メイヤーが、日本で初めて演出を手掛けることになった。演目はシェイクスピア作の傑作喜劇「お気に召すまま」。音楽は作曲家のトム・キットが務め、ともにトニー賞に輝く2人がタッグを組み、時代設定も1600年代から1967年と大胆に置き換えて、ポップでロックなシェイクスピアを作り上げる。主演のロザリンドを演じるのは、宝塚歌劇の元星組トップスター柚希礼音。稽古が始まって1週間という中の稽古場にお邪魔して、マイケルと柚希の2人に話を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-08 12:21

舞台『不信~彼女が嘘をつく理由』 三谷幸喜 インタビュー

fushin_01

観ている人が不安になるほど次の展開が読めない新作

 

三谷幸喜ファンならずとも待望の、新作書き下ろし作品の上演が決定した。『不信~彼女が嘘をつく理由』という、今までの三谷作品にはない独特の緊張感を感じさせるタイトルだ。今回、三谷作品2度目の登場となる優香を中心に、段田安則、栗原英雄、戸田恵子といった実力派が顔をそろえることになる。2年間続いた大河ドラマ「真田丸」の執筆にて「新たに進むべき道に気づけた」と豪語する三谷。その新境地とはどんなものだろうか。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2016-12-07 12:50

「DANCE DANCE ASIA」リハーサル現場潜入!LION Tさん・牧宗孝(MIKEY from東京ゲゲゲイ)さんロングインタビュー!

imgp2368

日本ではアンダーグラウンド寄りなカルチャーだったストリートダンスに、近年のダンスブームの追い風もあり脚光が当たるようになった昨今。そんな中、2014年に始動したのがここ日本だけではなくアジア各国でも隆盛のストリートダンスをキーワードにした文化交流プロジェクト「ダンス・ダンス・アジア~クロッシング・ザ・ムーヴメンツ」だ。3年目となる今年の東京公演では、新進気鋭の演出家とダンサー勢がコラボ制作した作品を上演、東京を皮切りに2017年にはフィリピンのマニラ、ベトナムのハノイでも上演を予定している。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-12-06 21:30

万能グローブガラパゴスダイナモス『月ろけっと』取材レポ!

熊本公演に続き、12/7(水)から福岡公演スタート!

残すところ福岡・東京・宮崎公演となったガラパのメンバーを直撃!

garapap1030628

写真は左から、西山明宏・川口大樹・横山祐香里

 2005年の旗揚げから福岡を拠点に活動を続け、今年11周年を迎えた劇団『万能グローブガラパゴスダイナモス』。その旗揚げ当初から評判は広がり、福岡を代表する劇団にまで成長を果たし、今や東京・大阪などでの公演も成功させている。そんな彼らの最新作は、初の熊本公演を終え、残すところ福岡・宮崎・東京の3都市。

そんな公演を目前にした某日、劇団を代表して、劇団のほぼ全作品の脚本・演出を手掛けている川口大樹と、初期の頃から劇団に在籍している横山祐香里、そして今年2月に入団したという新人の西山明宏を直撃し、今作について語ってもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-11-25 12:39

『三代目、りちゃあど』江本純子インタビュー

 

img_0509

間もなく東京公演が始まる、国際共同制作の『三代目、りちゃあど』。シンガポール国際芸術祭芸術監督で、世界的に活躍する演出家オン・ケンセンが、日本、インドネシア、シンガポールから一流の俳優とスタッフを集めたプロジェクトで、2ヵ国7都市をツアーしている。最近は「映画監督」も肩書き に加わった劇作家、演出家であり、今作には俳優として参加している江本純子に、価値観の入り交じる現場の様子を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-11-25 12:00

ミュージカル『プリシラ』山崎育三郎インタビュー

priscilla

この間までのあの人が…!?と驚かれるくらい大変身したい!

先日、稽古場レポートをお届けした日本初上陸のミュージカル『プリシラ』、主演の山崎育三郎にインタビュー。ドラマの印象的な役柄で注目を集める最近の山崎の動向に、目が釘付けの人は多いに違いないが、この作品でまたもや180度違うキャラクターになる。演じるのはドラァグクイーンのティック。別居中の妻・マリオン(和音美桜)の誘いで、妻子のいるオーストラリアの砂漠の真ん中のアリス・スプリングスという街にあるカジノに、ドラァグクイーンのパフォーマーとして参加を決意。一台のバス『プリシラ号』をチャーターし、夫を亡くしたばかりのトランスジェンダーのバーナデット(陣内孝則)と、若くて美しいが生意気なアダム(ユナク/古屋敬多)を道連れに珍道中へと出発する。つまり、山崎が演じるのは男の体と女の心を持つ人物。ロミオ(『ロミオ&ジュリエット』)、モーツァルト(『モーツァルト!』)、ルイジ・ルキーニ(『エリザベート』)などを演じてきたミュージカル界のプリンスの大変身はニュースだ。

続きを読む