・インタビューしちゃいました!! 2016-06-16 11:54

「シェイクスピアも笑い出す 夏の夜の桂文枝落語会」 桂文枝 インタビュー

003
2016/7/27(水)開催!
文枝師匠とシェイクスピアが夢のコラボレーション
オペラ「夏の夜の夢」のセットを背景に、
師匠が新作落語をネタおろし

 

 かねてより、佐渡裕芸術監督が実現を考えていたベンジャミン・ブリテンのオペラ「夏の夜の夢」。そこはまさに夢の世界、森の世界、妖精の世界、様々な世界が重なりあうファンタジー・ワールド!
 このオペラの期間、兵庫県立芸術文化センター全体が“夏夢ワールド”に染まる「マジカル・ミステリー・サマー・プロジェクト」の最注目企画として、佐渡芸術監督から、たっての希望により、オペラ「夏の夜の夢」の世界で落語家・桂文枝による『落語会』が繰り広げられます! 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-06-15 00:00

ミュージカル『グレイト・ギャツビー』 相葉裕樹 インタビュー

001
“新たな表現に楽しみながら挑みたい”
傑作文学がミュージカルに!

 

 20世紀最高の文学にしてF・スコット・フィッツジェラルドの傑作が、オリジナルミュージカル化される。1920年代のニューヨークを舞台に、謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビーの激しくも悲しい愛と人生を描いた「グレイト・ギャツビー」。近年、数々の舞台でメキメキと存在感を増している相葉裕樹が、隣人でストーリーテラーのニック役に挑む。

相葉「レオナルド・ディカプリオ主演の映画などでも有名な作品ですが、羽原大介さんの脚本には小説のうまみが詰め込まれていて、しかも日本人になじみやすく描かれているんです。最後は切ないけれど、コミカルな場面もあって、新たな『ギャツビー』が生まれる予感がしています」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-06-15 00:00

ダイヤのA The LIVE Ⅲ 小澤 廉 インタビュー

001
“しっかりしたエースを目指したい”
熱い夏がステージに三たび帰ってくる!

 

小澤「マンガだけ、アニメだけでいいやと言わずに、一度でいいので観に来ていただきたいんです」

 主人公・沢村栄純を演じる小澤 廉がそう語るのは、複数のスクリーンを駆使した映像や、二段構成のステージでマウンドとベンチのドラマを同時に見せる手法など、マンガともアニメとも違う新たな魅力を開拓した「ダイヤのA The LIVE」のこと。栄純とともに、ストイックなまでに野球に青春を懸ける青道高校野球部がこの夏、三たびステージに帰ってくるのだ。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-06-15 00:00

ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」 吉野圭吾 インタビュー


“心に何かを感じてもらえたら”
新たなフック船長に名優が挑む!

 

 夏の風物詩ともいえる舞台、ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』。初演から36年間にわたり多くの名優がステージを彩ってきた。この夏、新たにフック船長/ダーリング氏の2役を務めるのは、ミュージカル界に欠かせない存在の俳優、吉野圭吾だ。

吉野「10年以上前に観たことがあって、“いつかやってみたいな”と思っていたんです。当時演じていたのはどなたでしたか……古田新太さんかな。すごく達者な方で、“あぁ~、すごいな”と思いながら観ていた覚えがあります。なので、今回お話が来たときには“やった!”と思いました。特に演じる年齢を意識してきたわけではないですけど、今の歳でこの役が来たというのは、動けるギリギリな感じの年齢だからかな(笑)」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-06-14 18:54

「メルシー!おもてなし~志の輔らくごMIX~」 中井貴一 インタビュー

1605_merci
PARCO劇場名物「志の輔らくご」が
中井貴一主演で待望の舞台化!

 

 毎年、正月のPARCO劇場を1カ月にわたって賑やかせている「志の輔らくご in PARCO」。その人気の高さからチケット争奪戦も起こる劇場の風物詩が、急遽、「メルシー! おもてなし~志の輔らくごMIX~」というタイトルで初めて舞台化されることになった。主演として白羽の矢が立ったのは、PARCO劇場と縁深い中井貴一。企画から関わったサスペンス・コメディー「趣味の部屋」(13年初演)が好評を博したのも記憶に新しい。

中井「今年はちょっとゆっくりしたいなとスケジュールを空けていた時期が、まるで申し合わせていたかのように、公演日程とピッタリ重なったんです(笑)。僕は、自然に演じられる458席のPARCO劇場のキャパシティ、そして雰囲気が大好き。これはきっと劇場が、『もう一度、どう?』と呼んでくれたんだと思いました」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-06-10 20:13

舞台『イヌの日』 尾上寛之&松居大悟&玉置玲央 インタビュー

001
2016年夏、松居大悟が次世代の演劇界を担う俳優陣と共に
阿佐ヶ谷スパイダースの名作『イヌの日』を甦らせる!

 

 「『イヌの日』は16年前に起こった新潟での少女監禁事件に着想を得て(長塚)圭史さんが書いた作品なんですけど、僕らが上演にこぎつけた今年も同様に世間があっと驚くような(千葉での)監禁事件が起きて…。ちょうど登場人物たちと同じアラサーになった僕らが『イヌの日』を作るということにも、運命めいたものを感じます。今やるべくしてやる感じ」と語るのは、演出&出演の松居大悟。

 小学校時代の同級生たちを15年もの間、防空壕に監禁する――というショッキングな設定が話題を呼んだ、長塚率いる阿佐ヶ谷スパイダース(以下阿佐スパ)の「イヌの日」。2000年に初演、2006年に再演されたその問題作を、劇団ゴジゲン主宰であり、「アフロ田中」(2012年)、「ワンダフルワールドエンド」(2015年)、「私たちのハァハァ」(2015年)などの映画やクリープハイプの一連のMVを手がけた気鋭の映像作家でもある松居がリメイクする。出演は、数々の松居作品に出演している実力派の尾上寛之、劇団・柿喰う客の看板俳優としておなじみの玉置玲央、女優・モデルとして高い人気を誇る青柳文子ら。同世代であり気心の知れた仲でもある松居、尾上、玉置の3人に、この作品について語ってもらった。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2016-06-02 16:50

シディ・ラルビ・シェルカウイ(「sutra(スートラ)」出演・演出・振付)の魅力を森山未來が語る!インタビューレポート

001
ラルビが少林寺に出会ったという喜びに溢れたシンプルな舞台。難しいことを考える必要はなく、ダンスパフォーマンスとして観ても、少林寺として観ても、新たな世界の扉が開く

 

本場少林寺の僧侶19名による大迫力のダンスとアクロバットを魅せる、世界60都市で絶賛の大ヒット作「sutra(スートラ)」が遂に日本初上陸。今回、出演・演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイ(以下ラルビ)について、彼が演出した舞台「テヅカ」および「プルートゥ」に出演した森山 未來さんに、ラルビの魅力を伺いました。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-05-28 12:00

「母と惑星について、および自転する女たちの記録」 鈴木 杏&田畑智子 対談

1604_hahatowakusei2

 蓬莱竜太の書き下ろしを栗山民也が演出する「母と惑星について、および自転する女たちの記録」は、実力派女優たちが集う4人芝居。現在のパルコ劇場(建て替えのため8月で一時休館)での、最後の新作公演となる。奔放に生きた母(斉藤由貴)の急死からひと月後、遺された三姉妹(志田未来、鈴木杏、田畑智子)は遺骨を持ったままあてもなく、異国への旅に出る……。初共演という長女役・田畑智子と次女役・鈴木杏の間には早くも、姉妹の空気が漂い始めていた。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-05-27 19:21

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 児玉明子&伊藤優衣&君沢ユウキ インタビュー

002
©岸本斉史 スコット/集英社 ©ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016

 ’99年より週刊『少年ジャンプ』で連載され、今や世界中で親しまれている大人気コミック&アニメ『NARUTO-ナルト-』。里一番の忍を目指すうずまきナルトが個性豊かな仲間たちと共に成長していく原作の世界観を、プロジェクションマッピングなどの映像演出、トランポリンを使ったアクロバット、エアリアル(空中演技)といったアクションでより立体的に表現したのが、昨年上演された『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-』だ。昨年、国内4都市に加えてマカオ、マレーシア、シンガポールでも上演され各地の観客の度肝を抜いたこの作品が、さらにパワーアップして帰って来る!

 再演への期待が日に日に高まる中、物語の主役となるうずまきナルト(松岡広大)、うちはサスケ(佐藤流司)を、同じチーム“第七班”の仲間として支える春野サクラ役の伊藤優衣、はたけカカシ役の君沢ユウキ、そして演出・脚本を手がける児玉明子に、作品への思いを語ってもらった。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-05-24 19:30

ロロ 三浦直之 『あなたがいなかった頃の物語と、いなくなってからの物語』 インタビュー

001-1

 このところの三浦直之の躍進は目覚ましい。劇団を立ち上げて間もない20代前半から注目を集めた才能と幸運の持ち主ではあったが、昨年6月の『ハンサムな大悟』で明らかに新たなフェーズに突入。三浦本人が多用した「ボーイ・ミーツ・ガール」という言葉に象徴される恋愛ものから、世界のありよう全体を描くことへ興味がシフトした。新作『あなたがいなかった頃の物語と、いなくなってからの物語』(以下、『あなた物語』)はさらにそのテーマが進化/深化。高校演劇のフォーマットに則ってシリーズ創作を続けている『いつ高』(シリーズ連作群像劇『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校』)から扱い始めた“不在”を物語の中心に据えた。不在サイドから存在を照らすという野望を三浦に抱かせたものとは──?

続きを読む


20 / 39« 先頭...10...1819202122...30...最後 »