・インタビューしちゃいました!! 2017-12-15 12:33

シアターコクーン・オンレパートリー2018 手塚治虫 生誕90周年記念 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より 『プルートゥ PLUTO』土屋太鳳 インタビュー

tao1
 

新生『プルートゥ PLUTO』で土屋太鳳がついに初舞台を踏む

世界的振付家であるシディ・ラルビ・シェルカウイが初めて手がけた演劇作品
『プルートゥ PLUTO』。その衝撃の誕生から3年、新たなキャストを迎え『プルートゥ PLUTO』がさらなる進化を遂げる。そんな注目作で初舞台を踏むのが、女優の土屋太鳳だ。

土屋「私、『ガラスの仮面』という漫画がすごく好きで、舞台に対する憧れはずっとありました。今までもバレエや日本舞踊では経験がありますが、お芝居で舞台に立つのは今回が初めて。お客さんの前で自分が役として呼吸をするということがどういうことなのか。少し恐れもありますが、勉強になることばかりだと思いますし、すべてが挑戦だと思ってしっかり食らいついていきたいです」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-15 00:00

ロロ本公演vol.14『マジカル肉じゃがファミリーツアー』三浦直之 インタビュー

lolo1

枠にとらわれない、ロロらしい連帯のカタチ

旅シリーズと銘打ち、『BGM』『父母姉僕弟君』と公演を重ねるロロ。その目的を主宰の三浦直之に聞いた。

三浦「これまで作品の中に旅というモチーフが繰り返し出てきていて。何でそんなに惹かれるのか、その答えを出せたらというのが、この旅シリーズの出発点。今回、『BGM』『父母姉僕弟君』と続けてやってみて思ったのは、旅をしていくことで偶然誰かに出会うというモチーフが好きなんだろうなということ。そこで何かしら連帯が生まれていくことに興味があって、旅というモチーフを使っているんだと感じています」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-15 00:00

株式会社マーベラス 代表取締役会長兼社長CEO 中山晴喜 インタビュー

mave2

2.5次元の可能性をこれからも追い続ける

2.5次元ブームの旗手として多彩なビッグタイトルを手がける株式会社マーベラス。中でも近年熱狂的な支持を得ているのが、舞台『刀剣乱舞』と『あんさんぶるスターズ! オン・ステージ』だ。両タイトルの共通点は「コアユーザーが多いこと」と代表取締役会長兼社長CEOの中山晴喜は分析する。ファンが熱心であればあるほど一歩間違えれば反発を招くリスクもある。その中で、原作ファンも納得の良質な舞台をつくり続けていることが、同社の強みだ。

中山「原作のイメージを損なわないことはもちろんです。そのうえで、さらに原作を知らないお客様が観ても『楽しかったな、おもしろかったな』と思っていただける作品にしていくことが我々の基本スタンスです。何の予備知識なく観ても100%楽しい、原作を知っていればさらにそれが200%になる。そういう作品づくりを目指しているところが、結果的に多くのお客様からご評価をいただいているポイントになっているのではと思います」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-14 17:29

『フエルサ ブルータ WA!!』小島瑠璃子よりコメントが到着!

kojiruri

「行けばわかるから!」こじるりに誘われたい品川デートの新定番、フエルサブルータWA!が新しくなって登場

”こじるり”こと、小島瑠璃子。
彼女はホリプロが主催する芸能界の登竜門とも言える、歴史ある新人発掘コンテスト「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で応募者約3万4千人の中からグランプリに選ばれ、現在はグラビア ~ バラエティまで幅広く活躍する。

趣味はサーフィンやダイビングとアクティブかと思いきや、高校は出身である千葉県有数の進学校なのに加え、特技はオセロ…とインドアもアウトドアもイケる、まさに才色兼備!
そんな完璧スペックの持ち主のこじるりが先日、まさしく「屋内なのに超アクティブ」なパフォーミング・アーツ『フエルサブルータ WA!!』に来場されたとのことだったので、直撃してみました。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-12 17:33

『フエルサ ブルータ WA!』平間壮一よりコメントが到着!

body_175114

平間壮一「フエルサブルータ WA!」の魅力を語る「楽しみ方は観る側の自由」

2017年8月1日に世界初披露として幕を開け、絶賛公演中のフエルサ ブルータ。アメリカ、ニューヨークでの約10年間に及ぶロングラン公演をはじめ、世界30か国60都市以上で500万人以上の観客を魅了している演目だ。2014年の初来日公演では、これまでにないステージやパフォーマンスで大いに話題となったが、今回の最新のステージは日本を強く意識したバージョンで、「WA!」には “和風” “調和” “平和” “輪” など複数の意味が込められ、その演出や衣装、音楽の斬新さでこれまでにも多くの観客を魅了してきた。

先日、このフエルサブルータ「WA!」のロングランが決定、興奮と熱狂が倍増する進化バージョン「WA!!」と姿を変えることが発表された。8月開幕時と比較し、新しい演出、構成、楽曲や映像が加わり、新シーズンとして12月14日からスタートする。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-11 16:39

『フエルサ ブルータ WA!!』キャイ~ン・天野ひろゆきよりコメントが到着!

fbw12113

キャイ~ン・天野ひろゆきのストレス発散方法には世界が驚愕するエンタメショーの存在があった!

お笑いコンビ・キャイ~ンのツッコミとして活躍している天野ひろゆきには、“俳優”、“映画監督”、“料理研究家”というお笑い芸人以外の肩書がある。天野が監督を務めた映画『CAGE』(2003)は、2004年の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」で入選を果たすなど、その才能は計り知れない。

様々なジャンルで活躍する超エンタメ人間・天野がこの度、東京・品川で開催中の体験型エンターテインメントショー『フエルサ ブルータ「WA!!」』に参加。世界初披露の巨大舞台装置を含む多数の舞台機構と、客席で次々と起こる驚愕シーンの連続、オーディションと厳しいトレーニングをくぐりぬけた出演者たちの迫力のパフォーマンスを目の当たりにした。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-08 19:19

少年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』鈴木勝吾×宮崎秋人×毛利亘宏 鼎談レポート<後編>

p5

2018年1月に上演される、少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』。
絶賛放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』にてメインライターを務める毛利亘宏が主宰する劇団・少年社中の20周年記念作品の第一弾だ。

 

“ダークヒーロー”を描く物語の主人公は“マクベス”と“トクガワイエミツ”。
日ノ本を奪還するために召喚された極悪人たち=“ピカレスク◆セブン”の一員でもあり、過去のトラウマに縛られながらもこの世界の王の座を狙おうとする“マクベス”を演じるのは鈴木勝吾。

この時代の将軍でありながら、自らが蘇らせた祖父でもある“トクガワイエヤス”によって将軍の座と天下の泰平を奪われた男“トクガワイエミツ”を演じるのは宮崎秋人。
数々のドラマ・舞台で活躍し、ミュージカル『薄桜鬼』、舞台『東京喰種-トーキョーグール-』等では共演している盟友2人、鈴木勝吾が“マクベス”を、宮崎秋人が“トクガワイエミツ”を演じる。

鈴木、宮崎、そしてミュージカル『薄桜鬼』にて脚本・演出を務めた毛利の3人が、出会いから今、そして未来を語った。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-08 17:25

『フエルサ ブルータ WA!』コシノジュンコよりコメントが到着!

koshino

世界的デザイナーコシノジュンコも「大好き」と太鼓判のフエルサブルータ。
「破壊から創造」…アルゼンチンからみた日本とは一体?

「35億…」のギャグでお馴染みのブルゾンちえみさんとの共演、エイベックス所属のアイドルグループ「BiS」の終身名誉メンバーとなるなど本業のデザイナー業とはかけ離れたことでも話題を創り出していく、世界的デザイナーのコシノジュンコ。
今回は8月から世界初公開、芸術監督ディキ・ジェイムズが創り上げたフエルサブルータ「WA!」を早々に駆けつけ、ご覧頂いた時の感想をお届けいたします。…読まない?あなた、ダメウーマン!

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-08 16:25

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <下弦の月>無界屋蘭兵衛役 廣瀬智紀 インタビュー

ht2

東京・豊洲の新名所、IHIステージアラウンド東京にて上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。“Season花”、“Season鳥”、“Season風”に続く第4弾“Season月”は“ダブルチーム”制となり、まったく同じ脚本、同じ演出で、“上弦の月”と“下弦の月”の2チームが交互に上演する形となる。“下弦の月”チームで<無界屋蘭兵衛>を演じるのは、新感線初参加の廣瀬智紀。ヴィジュアル撮影終了後の段階で、インタビューに応えてもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-08 16:25

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月 Produced by TBS <上弦の月>無界屋蘭兵衛役 三浦翔平 インタビュー

ms1

11/23(木)についに開幕した、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月。“花・鳥・風・月”と続いて来たこの企画の第4弾にあたる今回は“上弦の月”と“下弦の月”のダブルチーム制だ。同じ脚本と演出で稽古を行っているはずなのに、各キャストの個性が強く打ち出されることで、かなり違う空気感の芝居が生まれそうだと大いに注目を集めている。先に記念すべき初日を迎えた“上弦の月”チームで、無界屋の主人<無界屋蘭兵衛>に扮するのは三浦翔平だ。これが新感線には初参加となる三浦に、ヴィジュアル撮影を終えた直後に意気込みなどを聞いた。

続きを読む