・インタビューしちゃいました!! 2017-06-22 11:52

PARCO & CUBE 20th. present『人間風車』 演出・河原雅彦、成河、ミムラ、加藤諒 座談会

DSC06486

2000年初演の“童話ホラー”の傑作が
キャストを一新、河原雅彦による新演出で蘇る

後藤ひろひとが劇団「遊気舎」に1997年に書き下ろし上演し、その後、2000年と2003年にパルコ劇場にてG2演出で上演した舞台『人間風車』。14年の時を超え新たに生まれ変わり、今年9月、パルコ・キューブ提携公演として東京芸術劇場プレイハウスにて上演する。生瀬勝久、斉藤由貴、阿部サダヲ、八嶋智人、大倉孝二(2000年版)、入江雅人、永作博美、河原雅彦(2003年版)、ら錚々たる出演者経歴に加え、作家の語る童話が現実になりホラーへと転がり落ちる衝撃の世界観によって演劇界に強い爪痕を残した。今回の再演に当たり後藤本人は「この作品はコメディであり、ホラーであり、ファンタジーであり、私が書いた脚本の中では最大の悲劇」とコメント。
このたび、自身も03年の『人間風車』に演者として出演した河原雅彦が演出に立つ。主人公の売れない童話作家・平川役には高い演技力とフィジカルの強さで躍進する成河、ヒロインのアキラ役に2度目の舞台出演となるミムラ、河原も演じた少し変った青年サム役には加藤諒。ほかにも矢崎広、松田凌、良知真次など注目俳優もそろうゆえ期待は否が応でも増す中、河原、成河、ミムラ、加藤の4人が集まった。初めましての顔ぶれもあり、また河原と加藤は、河原が加藤の才能を見出し、厳しく稽古をつけた“師弟関係”ということで、S度の高いツッコミが。爆笑、互いの意外な発見に盛り上がる座談会。絶対に面白い舞台になる。この空気感をなんとしてもお伝えしたい!

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-21 15:39

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 粟根まこと インタビュー

2
 

IHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として話題を集めた『髑髏城の七人』Season花。続いて幕が開くのは、キャストも演出もガラリと変えた『髑髏城の七人』Season鳥だ。阿部サダヲ、森山未來、早乙女太一、松雪泰子といった、突出した身体能力を誇る演劇人が集結した。

このキャスティングを活かし、歌、ダンスの入ったショーアップ版になるというから、正統派いのうえ歌舞伎だった“Season花”を見た人も、もちろん初めて観る人も大いに楽しめるはず!そんな“Season鳥”に、<渡京>役で出演するのが、劇団☆新感線の劇団員・粟根まことである。そもそも『髑髏城の七人』は、劇団☆新感線が1990年に初演した作品で、以来、7年ごとにキャスト・演出を変え、上演されてきた作品。“Season花”で6度目、“Season鳥”で7度目となる。
粟根は、初演、再演、2004年『アオドクロ』版、2011年の通称「ワカドクロ」版に出演し、今回5度目の出演。劇団員として成長を見つめてきた『髑髏城の七人』を振り返りながら、“Season鳥”はどんなスタイルで我々を楽しませてくれるのか、見どころを予想してもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-21 12:00

『遠い夏のゴッホ』西田シャトナー×安西慎太郎インタビュー

gohho01

 

 

「ちゃんと“虫の視点”を理解して虫の内面から演じたい」(安西)

「ワイルド・プラントな逞しくておもしろい若い俳優たちが楽しみ」(西田)

 

今夏に上演される「キティエンターテインメント×東映 Presents SHATNER of WONDER #6『遠い夏のゴッホ』」の作・演出の西田シャトナーと、主役ゴッホを演じる安西慎太郎にインタビューが叶った。2013年に松山ケンイチの初舞台として話題となり大絶賛を受けた作品だ。恋人ベアトリーチェよりも1年早く羽化してしまったユウダチゼミのゴッホが恋人との約束を果たすため、生きて、生きて、生きまくり、セミには絶対に不可能な過酷な冬越えに挑む。登場するのはすべて虫、あるいは両生類、爬虫類。人間の知らない小さな森で紡がれる究極の純愛と生命賛歌の物語を、西田ならではのミラクルな想像力と創造力で作り上げていく。出演には『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』はじめ数々の舞台や映像で身体能力と存在感を示す安西ら若手実力派が揃った。「SHATNER of WONDER(シャトナー・オブ・ワンダー)」プロジェクトとして蘇る「遠い夏のゴッホ」はどんなものになるのか――。2人に魅力を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-20 18:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 福田転球 インタビュー

画像4
劇団☆新感線の人気作『髑髏城の七人』連続上演の2シーズン目となる“Season 鳥”。劇中の「兵庫」役を担う福田転球は、1990年の『髑髏城〜』初演に出演経験があるらしい。それ以降二度目の新感線作品参加となる福田に、現在の心境や、出演に関する思いを聞いた。

 

──会場のIHIステージアラウンド東京は特殊な劇場機構を有していますが、福田さんご自身がこのステージに立つイメージは?
福田「“花”に出ているキャストの皆さんから聞いたお話によると、役者はとにかく「走る」必要があるらしいんです。やはり、自分が実際に演じてみて、どれくらいの距離を走るのだとか、そういう体験をして初めて知ることが沢山出てくる劇場だと思います。「とにかく大変だ」という噂はよく耳にしますね。客席が動いている間に自分はどうなるのか、お客さんが離れていく、遠ざかっていくということはどういう感覚なのか、そういったことは全て未経験ですから。すごく面白そうだし、興味はあります。」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-20 00:00

「気づかいルーシー」  ノゾエ征爾 インタビュー

ノゾエ征爾

一番難しいパターンの再演、挑戦します

 

奇才・松尾スズキ作の、可愛いけど少しグロ、なのに、笑いながら最後は温かな気持ちになる絵本を、子どもから大人までが楽しめる舞台にした音楽劇『気づかいルーシー』。
一昨年の初演が大好評で、岸井ゆきの、栗原類、小野寺修二、山中崇ら、人気キャスト全員が続投という幸福な形で再演される。松尾からの指名を受け、脚本・演出を手がけたノゾエ征爾に話を聞いた。

ノゾエ「初演は奇跡的に素晴らしいメンバーが集まって、僕と一緒にキャストもミュージシャンも悩んでくれて、みんなで答えを見つけていく稽古ができました。だから同じ顔ぶれが揃うのはうれしいんですけど、キャストが変わらないまま新しい発見をしていくって、実は一番難しいパターンの再演なんです。しかもこの2年の間に、みんなすごく活躍していて、技術的にきっと進歩している。僕も含め全員が“前回のままでいいよね”とは思っていないはずで、さあ、どうしようかと」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-19 17:36

アミューズ若手アーティストによるオリジナルミュージカルプロジェクト 「オーバーリング・ギフト」囲み取材レポートが到着!

画像

<囲み取材登壇者>
風間由次郎、杉本雄治(
WEAVER)、猪塚健太

 

―まず風間さん、オリジナルミュージカルの作・演出に抜擢ということで、初日を迎えた今のお気持ちは?
風間「今回このような機会をいただき、一人では何もできないなと本当に感じました。いざ作品を1から作るとなると、今日この日が来るまで本当にたくさんの皆さんに支えてもらって、こうやって初日を迎えられてとても嬉しいです。」

 

―杉本さん、今回は全曲作曲ということで、同じく初日を迎えたお気持ちは?
杉本「僕はステージに立つわけではないのにすごい緊張してしまいました。特に由次郎さんの挨拶が一番緊張しました(笑)」
風間「だよね(笑)緊張を和らげるためにやってきてって言われたのに。」
杉本「でもそれだけ由次郎さんが作品に掛ける想いって言うのは凄くて、最初の打合せで由次郎さんと会った時からギラギラした目線を感じました。そのときはまだ台本が出来上がっていなくて、ここから6月までにできるのかなというスリル感も感じました。そんな中で僕も初めてでわからないことばかりだったのですが、由次郎さんが丁寧に教えてくれて、どんどんストーリーからもインスピレーションをもらって、満足いく作品が出来たんじゃないかなと思います。これから初日ですが、この作品は自分の経験値にもなりますし、皆さんが心に何か感じてもらえるような作品になればいいなと思います。」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-16 11:22

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 少吉役 少路勇介 インタビュー

みなさんに負けないよう目立ちたいです!

main0485

劇団☆新感線に出演するのは、『髑髏城の七人』Season鳥が8年ぶり2作目となる少路勇介。巨大な円形客席が360°回転するという画期的な新劇場で、4シーズンに分けてロングランされる大注目の公演とあって、その胸中には燃えたぎるものがあるようだ。「少吉」を演じる少路に、この公演に賭ける思いの丈を語ってもらった。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-15 00:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS 松山ケンイチ インタビュー

画像1

観る人の心を動かす表現に真っ直ぐ挑みたい

 

劇団☆新感線への出演は『蒼の乱』に続き三年振り二度目となる松山ケンイチ。当時を振り返りつつ、現在の心境を語った。

松山「僕は新感線のファンですし、皆さんとご一緒できてすごく幸せでした。でも自分は舞台初心者なので、稽古場でも『これだけ面白い人達に囲まれて、極力足を引っ張らずやるにはどうしたら良いのだろう?』と悩んだ記憶があります。結果、自分の出せる最大の力でストレートを投げ込むことしかできないと。そういう意味で、この“風”も同じ。ただただ、観る人の心を動かす表現に真っ直ぐ挑む。それだけはやりきりたいと思っています。今回、再び呼んでいただけたことは奇跡です。(『蒼の乱』出演時に)体調管理の難しさを身に染みて感じたし、それだけ激しい現場でした。正直に言うと『二度目のチャンスはないだろう』と考えていた。でも、また挑戦させていただけるのであれば、今32歳の自分が出せるすべてを出し切って、この年を終わらせたい。人間、挑戦する場があるのなら挑戦するべきだと僕は思います」 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-15 00:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 Produced by TBS 森山未來 インタビュー

moriyama

役者同士の駆け引きみたいなものを生々しく表現したい

 

今年3月末に開場したIHIステージアラウンド東京にて、6月27日[火]からは第2弾『髑髏城の七人』Season鳥が開幕! 歌あり踊りありで、“Season花”とはガラッと雰囲気が変わるこの“Season鳥”で、天魔王を演じるのは森山未來だ。劇団☆新感線への参加は4回目、『髑髏城の七人』も2011年版で同じ天魔王役を経験済み。とはいえ座組も演出も違ってくるため、役へのアプローチは確実に変わりそうだという。

森山「前回は稽古を重ねてそれぞれの関係性から生まれ出たキャラクターだったので、そう考えると今回はあれほど押せ押せな感じの天魔王にはならないのかも。役として一番関わるのは阿部(サダヲ)さんと(早乙女)太一で、太一との関係も6年経って変わったところもあるし、そこに捨之介役で阿部さんが加わることでバランスがかなり違ってきそう。前回は“ワカドクロ”という通称にふさわしく、有無を言わせず突破して駆け抜けなきゃと思っていたんですが、今回はその必要はない平均年齢の高さですからね!(笑) 突き抜けるというよりもっと駆け引きみたいなものを生々しく表現してみたい。だけどアドリブとか多くなりそうですよね、下北沢の飲み屋で居合わせる人たちばかりで」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-15 00:00

ハイバイ「ハイバイ、もよおす」 岩井秀人 インタビュー

画像

演劇初心者でも楽しめる衝動に満ちた短編集

 

押しも押されぬ人気劇団に成長したハイバイ。今回、真夏の横浜で行われる公演は、これまたひと味違うプログラムで、演劇をまったく知らない人でも楽しめるものになりそうだ。その名も『ハイバイ、もよおす』。再演となる3本の短編+1本の新作短編をワンセットとして上演しながら、俳優が参加するワークショップ、過去作品のコメンタリー上映などを企画、託児サービス回も充実させ、劇場で夏の一日をエンジョイできるつくりとなった。劇団主宰の岩井秀人は言う。

岩井「お客さんと一緒に遊べる文化祭を“催す”公演の形にしながら、僕たちが今やってみたい、外に出したいと思っている、お漏らしのように“もよおす”作品を並べました(笑)」

続きを読む