・インタビューしちゃいました!! 2015-03-06 10:12

日本総合悲劇協会Vol.5『不倫探偵~最期の過ち~』 天久聖一&松尾スズキ インタビュー

furin001

天久×松尾が“キュン”とさせる

ちょっぴり大人の大人計画

 

 松尾スズキが作・演出を手がけるプロデュース公演“日本総合悲劇協会”。通称“ニッソーヒ”の、なんと11年ぶりとなる新作は、松尾初のひとり芝居「生きちゃってどうすんだ」(2012年)でもタッグを組んだ、天久聖一との共同脚本・演出作品となる。

松尾「ひとり芝居のときは悪いところが何もなかったですね。かつてテレビやラジオも一緒にやっているんですが、もともと天久くんのことはすごく書ける人だと思っていて。まあ、漫画家ではないですね(笑)」

天久「漫画家になって2年くらいで仕事なくなっちゃいましたからね(笑)。前回のひとり芝居のときは、松尾さんと一緒に並走しながら作ったって感じ。でもニッソーヒはどれも名作揃いなので、そういう意味でのプレッシャーは大きい。ただ今は楽しみのほうが強いです」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2015-03-06 10:11

『滝口炎上』 滝口幸広×大河内奈々子×村上ショージ インタビュー

takiguchi1

◆撮影:宮川舞子

「新たな時代劇スター」が誕生する!?
「る・ひまわり×明治座」製作舞台『滝口炎上』

 

数々の若手俳優と作品を創ってきた「る・ひまわり」と、商業演劇の伝統である「明治座」が新たに挑戦する舞台は“時代劇”! 娯楽としての勧善懲悪もの時代劇を復活させ、時代劇ブームの再来と、次世代の新しい「時代劇スター」の輩出を目指す。

主演に抜擢されたのは、芸能界一当たるといわれるゲッターズ飯田に「2014年ブレイクする」と予言されていた滝口幸広。
時代劇と自身の未来をかけて臨む公演のタイトルは『滝口炎上』だ。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-03-05 12:32

月刊「根本宗子」第10号『もっと超越した所へ。』 根本宗子 インタビュー

nemoto1

素直に幸せを受け入れない不器用女子を描く

月刊「根本宗子」待望の第10号作!

 

 おいしいごはん、それなりのお金、好きな洋服とすてきな恋人。それらを目の前に用意されて、「さあ幸せになりなさい!」と促されたとして、果たして人は幸せになれるのか。彼女と話していると、そんなことを考えてしまう。

根本「おいしいものを食べて『幸せ!』って言えちゃう人がいるじゃないですか。ああいうのがうらやましくて。私は「おいしいな」とは思うけど、わぁっ!とテンションが上がるところまでは行けない。「幸せ」と「うれしい」の境い目がわからないというか」

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-03-02 16:11

舞台『WASABEATS』 千葉涼平(w-inds.)×植木 豪(PaniCrew)×大野愛地 インタビュー

IMGP3790

4/22(水)よりZeppブルーシアター六本木で開演!

世界一のタイトルを獲ったダンサー達が集結したスーパーダンスショー 舞台『WASABEATS』が更なる高みを目指して今春新作公演決定! 植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)、そして今作では新たに平間壮一が参戦。最高峰のスーパーダンスパフォーマンスを体感しよう! ヘッドスピンの世界記録保持者・大野愛地を交え今作の見どころを3人に語ってもらった。

 

-前回の舞台『WASABEATS』はずっと植木さんが温めてきた企画が見事に形になった“スーパーダンスショー”ですが、そこに至るまではかなり苦労されたのではないでしょうか?

植木『苦労なんてないです。大好きなメンバーたちの最高のパフォーマンスをたくさんの方に見てもらえたのは本当に嬉しかったですし、この作品にチャレンジした甲斐があったと思っています。狙ったところで拍手が起こったり、客席から思った通りのリアクションがあったりするとみんなで「やった!」と喜んだり本当に楽しかったですからね。といいつつ、自分としてダメだったなと思うのは(千葉)涼平君に頼りっきりで大変な思いをさせちゃったことかな。涼平君にはシーンを繋ぐためにずっとステージに出てもらうことになって、スーパーハードにさせてしまいました(笑)。それに僕ね、初日に膝を怪我しちゃったんですよ。ステージで何か嫌な音がしたのはわかってたんですが、そのまま最後までやり続けたら膝が見たこともないくらい腫れてましたね。病院に直行しました(笑)。』

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-27 22:08

THE SHOW INFECTED “CONNECTION” 蓮水ゆうやインタビュー

hasumi1

 

フレッド・アステア、ボブ・フォッシー、マイケル・ジャクソン…世界を魅了した名だたるエンターテイナー達の繋がりを、様々なジャンルのスペシャリスト達の歌とダンスで描き出す魅惑のステージ、THE SHOW INFECTED “CONNECTION”。

日本におけるフォッシースタイルの第一人者である大澄賢也が初演出に挑むこの作品にシンガーとして出演する元・宝塚歌劇団宙組 男役スター 蓮水ゆうやさんに、事前にローチケ演劇部(@l_tike_stage)、ローチケ演劇宣言!(http://engekisengen.com/)で募集した質問を交えながら、話を聞いた。

  続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-17 11:41

サンプル『蒲団と達磨』岩松了×松井周

_NSC7283

セックスの話という側面もあるけど、セックスのことを書いたつもりはない。(岩松)

いろんな方向から矢印を向けられて動けなくなる、これは受け身の人の受難の話。(松井)

 

松了が劇団東京乾電池に在籍していた1988年に発表し、翌年の岸田國士戯曲賞を受賞した『蒲団と達磨』。現在も日本の演劇の通奏低音として続く“静かな演劇”の、表舞台へのデビュー作と言ってもいい記念碑的な作品だ。これをサンプルの松井周が演出する。劇作を始めた大学時代、岩松に多大な影響を受けたという松井が、劇団の創作やさまざまな外部との仕事を経て挑む原点との対峙。27年ぶりの上演を待つ岩松と、稽古を通して改めて戯曲の力を感じているという松井の対談が実現した。

 

【あらすじ】ひとり娘の披露宴を終え、自宅に戻ってきた夫婦(古舘寛治、安藤真理)。妻は夫よりかなり若い再婚相手で、娘とは血がつながっていない。宴のあとの興奮か、夫の妹(辻美奈子)、妻の弟夫妻(奥田洋平、野津あおい)、家政婦(田中美希惠)とその恋人(松澤匠)などが次々と、落ち着きなくふたりの寝室にやって来る。だがその前に妻は、近所にアパートを借りてひとりで暮らしたいと夫に申し出ていた。その理由とは──。

 

── まず松井さん、岩松さんの戯曲を演出する企画で『蒲団と達磨』を選んだ理由から教えてください。

松井 大学時代に1番読みふけっていた劇作家が岩松さんだったんです。もともと学校の図書館で読んではいたんですけど、所属していた劇研みたいな団体の先輩が岩松さんの舞台に出ていて、それを観て衝撃を受けたんです。そこからますますのめり込んで読むようになって……。実は、生まれて初めてひとりで書き上げた戯曲が、思いっきり岩松さんの文体を真似たものでした。

岩松 へぇ、そうだったの(笑)。
松井 安易ですよね(笑)。あまりうまく行きませんでしたけど。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-15 10:30

『正しい教室』 井上芳雄 インタビュー

inoueyoshio

同窓会で次々に暴かれる過去の罪

蓬莱×井上が挑むストレートプレイ

 

 日本ミュージカル界の“プリンス・オブ・プリンス”として名を馳せる井上芳雄だが、3~4月に出演する「正しい教室」はストレートプレイ。井上たっての希望により、作・演出は井上と同世代の蓬莱竜太(モダンスイマーズ)が手がける。

井上「蓬莱さんとは同じパルコ劇場の“TRIANGLE”シリーズ(蓬莱脚本、井上主演の3人ミュージカルで、過去2作上演)の脚本を書いてもらったんですけど、あれは僕のフィールドに近いものだったので、今度はがっつりとセリフだけでつづる蓬莱さんの世界を、そしてできれば演出もしてもらいたいと思ったんです。蓬莱さんの作品はどんな話を書いてもどこかまなざしが温かいというか、つらい結末でも何かしらの希望があるという意味では、尊敬する井上ひさし先生と決して遠くないなと感じます。ただ井上先生が舞台にしていた時代と違って、今自分たちが生きてる時代は白黒つけづらく、何が正しくて何が間違ってるって言いにくい。蓬莱さんも良い悪いをはっきり言いたくないけれども、とにかく考えつづけていかなきゃいけないという姿勢で書いているように感じて。諦めないという意味ではまだそこに希望があると思うし、そういうところがすごく好きなのかな」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-14 10:30

『サンセット大通り』 安蘭けい インタビュー

Copyright:reiji_marcelo

ロイド=ウェバーの美しい旋律で紡ぐ

元大女優の愛憎、そして悲哀

 

 2012に日本初演された「サンセット大通り」が、3年の時を経て再演されることになった。キャスティングの難しさやセットの壮大さゆえ、長い間、日本での上演は難しいとされた同作品。だが、主演として舞台を引っ張り、そのカリスマ性を余すことなく発揮していたのが、本公演での続投も決まった安蘭けいだった。当の本人も再演を心待ちにしていたようで……。

安蘭「再演したいという思いがあり、思いつづければかなうとも信じてきたので、再演が決まったときは『きたーっ!』と(笑)。振り返ると私、昨年の『アリス・イン・ワンダーランド』まで、再演の経験がほとんどなかったんです。でも『アリス~』では、(『サンセット~』と同じ演出の鈴木)裕美さんも、『初演で手が届かなかった部分があるぶん、再演の方が実は面白いんだよ』とおっしゃっていた。私自身もそれを実感したので、今は楽しみしかありません!」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-13 10:30

ミュージカル『エリザベート』 田代万里生 インタビュー

tashiromario

豪華な新キャストを迎えて

名作ミュージカルが新たな歴史を刻む

 

 19世紀末、ハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと、黄泉の帝王トートとの愛を描いた「エリザベート」。「この作品を観てミュージカルにハマった」というファンも多いメガヒット作が、東宝版初演15周年を迎える今年、装いも新たに上演される。注目は一新されたキャスト。若手実力派が顔を揃えるなか、2010年に皇太子ルドルフを演じた田代万里生が、今回はその父、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ役に挑む。

田代「実は以前、演出の小池修一郎先生に『いつか万里生のフランツが観たい』と言われていたんです。でも、当時の僕はまだ20代。演じたい気持ちはあっても、もっと先だと思っていました。正直、31歳でやれることになって驚いていますが、今の自分がいちばん想像のつかない役だからこそ、すごく面白そうだなと感じています。声の音域も、これまで演じてきた方はバリトン系で僕はテノール。自分のようなタイプがやっていない役でもある。同世代が多いカンパニーのなかで、たくさん刺激を受けながら、新たなフランツを生み出せたらと思っています」

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-13 10:30

『メサイア-翡翠ノ章-』 松田 凌 インタビュー

matsudaryo

 

躍動する男たちの熱く切ない物語

“メサイア”が帰って来る!

 

 華も実もある若手男優として知られ、発表されているだけでも今年3本の主演舞台が決まっている松田 凌。そのうちの1本で5月開幕の「メサイア-翡翠ノ章-」は、2013年の舞台一作目「メサイア-銅ノ章-」より彼がほぼ全作出演を続けるシリーズの最新作。2/20[金]からはドラマ「メサイア-影青ノ章-」(TOKYO MX2)がスタートし、シリーズのますますの盛り上がりが予想されるなか、待望のニュースが松田のもとに! 1作目から松田演じる海棠鋭利の絶対的パートナー(=メサイア)・御津見 珀を演じるも芸能活動を休止していた小野健斗が、この舞台で復帰するという知らせだ。

松田「スケジュールの都合でどうしてもキャスト変更しなきゃいけないこともありますが、これに関しては健斗くんが戻ってくる可能性がないなら僕もやれないなと思っていました。海棠鋭利を演じるのが松田 凌であれば、御津見 珀を演じるのは小野健斗でなければならないという関係性であったと信じているし、観てくださった方にとってもそうあればいいなと思っていて。ほかの作品や役だったら違うんですけど、別の人では妥協できないものを作ってしまったんです」

 

続きを読む


30 / 32« 先頭...1020...2829303132