・インタビューしちゃいました!! 2015-10-21 12:01

ナイロン100℃ 43rd SESSION『消失』 犬山イヌコ&三宅弘城 インタビュー

1509_nairon

 

 ナイロン100℃の最新公演『消失』は、初演が2004~05年と約10年前。しかしながら、ナイロン100℃の数多の作品の中でも非常に評価の高い、ある意味伝説的作品と言えるだろう。

 その作品が今回、初演と全く同じキャストで蘇ることとなった。大きな時代の転換を迎えたこの10年を経て、再び蘇る『消失』に今、何を思うのか? ナイロン100℃劇団員でもある、犬山イヌコと三宅弘城にインタビュー。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-21 11:58

絶賛上演中!「ヴェローナの二紳士」 三浦涼介 インタビュー

1506_verona

80歳を迎えた演劇界のレジェンド・蜷川幸雄が軽やかに放つシェイクスピア喜劇「ヴェローナの二紳士」(31日まで彩の国さいたま芸術劇場で上演中。地方公演あり)。オールメール(=キャストが全員男優で女性役も男優が演じる)で上演される本作で、“二紳士”の一人・個性的なプローティアスに扮する三浦涼介に話を聞いた。

 

――蜷川さん演出の舞台には3度目の出演。「ボクの四谷怪談」「わたしを離さないで」と、いずれも観客に強いインパクトを与えて、結果を残していらっしゃいますね。

三浦 「蜷川さんと出会ったのは3年くらい前です。『あゝ、荒野』という蜷川さん演出の舞台を見に行って、開演前に楽屋でちょっとご挨拶させていただきました。で、舞台を観終わって、『なんだ、この世界観!』とすごく感動してしまって。ぜひこの人と仕事をしてみたいけど、さっきお会いしたとき特に何もなかったから無理なんだろうなと思いながら、駅に向かって歩いていて。そしたらマネージャーさんから電話が掛かってきて、『もう1回会いたいと蜷川さんが言ってくれている』と。それで戻ったとき、蜷川さんが僕のところに来てくれて、『僕が死ぬ前に一回芝居しよう』って言ってくれたんです」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

PARCO PRODUCE『ツインズ』TWINS 古田新太 インタビュー

002
長塚×古田の強烈タッグが
“事件”を巻き起こす!

 

 古田新太と長塚圭史が新作芝居で10年ぶりにタッグを組む。2005年に上演されたパルコプロデュース「LAST SHOW」では、残酷かつファンタジックな世界観を描き出し、賛否両論で話題をさらった二人が、今回も観客の心をえぐる“感じ悪い芝居”を目指すという。今回、久しぶりに顔を合わせるきっかけとなったのは、古田のひと言だった。

古田「最近、おいらが出る作品の演出家は、新感線のいのうえひでのりを挟みつつの、蜷川(幸雄)さん、野田(秀樹)さん、ケラ(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さん、松尾(スズキ)さん、宮藤官九郎、河原雅彦のルーティンって感じで、決まった顔ぶれになってきている感じがして。だから、久しぶりに圭史とやりたいなと思って、“感じ悪い家族もの書けや”って注文したんです。実は痛快なお芝居って好きじゃなくて(笑)。圭史は最近、ヨーロッパの面白い戯曲をうまくやっているけれど、俺は10年前くらいの“クラッシャー”としての圭史の作品が好きだった。だから今回も、そういう賛否両論を巻き起こすような強烈なものにしてほしいと思っています」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

シアターコクーン・オンレパートリー2015「青い瞳」 岩松 了&前田敦子 インタビュー

001
岩松 了の書き下ろし新作は帰還兵と家族の物語

 

 日常とは何かが違う状況のなかで、もがき、ぶつかり合う人々の姿を描いてきた岩松 了。その書き下ろし新作「青い瞳」に、前田敦子が挑む。近年、女優として存在感を増している前田は、岩松作品を観たときの衝撃が忘れられないという。

前田「セリフ量がすごいのに、聞いていてとても心地がいいんです。まさに言葉の力に引き込まれる岩松さんの世界に、一度入ってみたいと思っていました」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

「ブロッケンの妖怪」 竹中直人&生瀬勝久 インタビュー

001

濃密かつ絶妙なタッグによる
待望の第2弾がこの秋決定!

 

 この写真の並びだけでも伝わる濃厚さ。と同時にわいてくる大きな期待感! そんな演劇ファンならずとも注目必至のタッグ、その名も「竹中×生瀬企画」が、第2弾「ブロッケンの妖怪」を上演する。第1弾「ヴィラ・グランデ 青山~返り討ちの日曜日~」からはや4年。当初は、生瀬の竹中へのラブコールから始まったという。

生瀬「僕は学生のころから、ラジカル・ガジベリビンバ・システム(シティボーイズ、宮沢章夫、いとうせいこうらとともに竹中が活動していたギャグユニット)や竹中さんが出演される番組をずっと観ていて憧れていたんです。だから、いつかぜひご一緒して、竹中さんが芝居をするのを間近で見たいと虎視眈眈と狙っていて(笑)」

竹中「ちょっと演劇から離れていた時期だったということもあってオファーはうれしかったけど、最初は二人芝居でという話だったよね。でも最初からそれは無理だと思ったから、『何人かでやろう』と(笑)。ただ、作・演出を倉持 裕君でとお願いしたのは僕のほうだった。彼が主宰するペンギンプルペイルパイルズの『まどろみ』もそうだったけど、変わった芝居のなかにも、どこか引っかかるものをずっと感じていたから」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

「書を捨てよ町へ出よう」村上虹郎 インタビュー

001
撮影 江森康之

藤田貴大演出の寺山作品で
注目の新鋭が舞台初出演

 

 河瀨直美監督の映画「2つ目の窓」で昨年、主演デビュー。先月オンエアのスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の主演でも注目を集めた新鋭・村上虹郎が、今年生誕80周年となる寺山修司作「書を捨てよ町へ出よう」で初舞台を踏む。同名の評論集、舞台、映画がそれぞれ別の作品となっている「書を~」をその集大成の舞台として編み直し、上演台本と演出を手がけるのは、演劇界気鋭の才能・藤田貴大(マームとジプシー)。注目のタッグは、藤田のアプローチから始まった。

村上 「『ある演出家が舞台を観に来てほしいと言ってる』と事務所の方に言われて観に行ったんです。それが藤田さんの舞台でした。最初はピンと来なかったというのが正直なところだったんですが、何回か観るうちにどんどん『面白いかも』って理解できるようになりました。そして会うたび藤田さんに、『一緒にやろうか』と言ってもらえて。ただ自分のなかでのスイッチが入ったのは、ビジュアル撮影をして、周りの人に『舞台やるんだ』って言いだしてからですね」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

ナイロン100℃ 43rd SESSION『消失』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ インタビュー

001
伝説的なシリアス・コメディが
オリジナルキャストで再演!

 

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)が率いるナイロン100℃。いまやテレビや映画などでもおなじみの人気俳優を多数抱える劇団としても知られているが、彼らが2004~05年に上演した「消失」は、その精鋭中の精鋭たちプラス客演の八嶋智人という布陣で挑んだ伝説の作品だ。登場人物は“善人”のみ。しかしその善人たちの思いはボタンを掛け違えるように複雑に絡み合い、やがて悲劇を生み出していく――。劇団最高傑作として挙げるファンも多いこの作品が、このたびオリジナルキャストで再演される。

 10年経った今、この作品を再演することについて「以前にTwitterで再演してほしい作品を募ったら、『消失』をかなり多くの方が希望されていて。『こんな暗い芝居をみんな観たいんだ?』って驚いた記憶がありますね」と冗談半分に語るKERA。しかし近未来の地球を舞台としたこの作品での深刻な環境汚染や急激な物価の変動といった閉塞した環境は、2015年の日本の姿ともどこか重なるリアルさがある。

KERA「僕の作品はわりとへヴィな背景を持ったものが多くて。『2番目、或いは3番目』っていう作品は“何か”が起きて廃墟になった街にボランティアの人たちがやって来るっていう話だったんですけど、上演の半年後くらいに東日本大震災が起きたんですよ。当時は絵空事のように思えたことに、現実の世界が近づいてきていて……それがより重く感じるんじゃないかとは思うんです。でもテレビと違って、舞台っていうのはたまたま観るものじゃなくてお客さんが観たくて来てくださるものだから、楽しくってゲラゲラ笑えて……というようなものがあってよい一方で、観たあとに自分たちの生活と照らし合わせて何かを考えるというような作品があってもいいんじゃないかと。それをシリアス一辺倒ではなく、あくまでもコメディ仕立てにした悲劇として見せる。今はそういう作品が少なくなってきてるから、今これを再演するのは意義があることだと思います」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-14 21:23

【インタビュー】90歳の“演劇の神様”ピーター・ブルックがどうしても創りたかった、古代インドの叙事詩

9月16日ピーター・ブルックアトリエにて撮影

戦争をしてしまった人間に突き付けられた究極の命題を、軽やかに鮮やかに描く

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2015-10-09 18:51

開幕直前!!「BOYBAND」稽古場レポート&平野 良・大山真志インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステージで歌い、踊り、世の女性たちに夢を与えるボーイバンド(男性ヴォーカルグループ)。その華やかなステージの裏側には、表現者としての苦悩や一人の人間としてのさまざまな葛藤が渦巻いている――。とある一組のボーイバンドを巡る人間ドラマを、歌やダンス、芝居を組み合わせノンストップで見せていく舞台「ボーイバンド」が、世界各国での上演を経てついに日本に上陸! 物語の主役であるボーイバンド「フリーダム」に扮するのは、平野良、大山真志、碓井将大、味方良介、藤田玲という、歌やダンスのスキルも含め若手の中では抜きん出た実力を発揮している5人。10月10日[土]の初日を前に、熱気を帯びた稽古場へとお邪魔した。

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-07 17:37

ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015- 植原卓也&佐々木喜英&矢田悠祐 インタビュー

1508_kurositsuji

19世紀の英国、呪われし運命を背負う若き当主・シエルと、その執事・セバスチャン。
彼らを取り巻く人々、彼らが立ち向かう事件を描くダーク・ファンタジー。

原作コミックの中でも人気の「切り裂きジャック篇」を舞台化し、連日満員となった『ミュージカル「黒執事」―地に燃えるリコリス―』が、この冬に新キャストを迎え、新たな演出、新たな楽曲も交えて上演されることが決定した。

2009年の初演作からグレル・サトクリフを演じ作品を支え続けている植原卓也、
強烈なキャラクター・ドルイット子爵を熱演し話題を呼んだ佐々木喜英、
今回チャールズ・グレイを引き継ぎ、『黒執事』の世界に初参戦する矢田悠祐。

人気キャラクターを演じる3名に意気込みを聞いた。

続きを読む