・インタビューしちゃいました!! 2017-12-07 12:49

『フエルサ ブルータ WA!』神木隆之介よりコメントが到着!

kamiki

神木隆之介が「楽しく騒ぎに行ってください!」と語る「フエルサブルータ WA!」とは

2017年8月1日に世界初披露として幕を開け、絶賛公演中のフエルサ ブルータ。アメリカ、ニューヨークでの約10年間に及ぶロングラン公演をはじめ、世界30か国60都市以上で500万人以上の観客を魅了している演目だ。2014年の初来日公演では、これまでにないステージやパフォーマンスで大いに話題となったが、今回の最新のステージは日本を強く意識したバージョンで、「WA!」には “和風” “調和” “平和” “輪” など複数の意味が込められ、その演出や衣装、音楽の斬新さでこれまでにも多くの観客を魅了してきた。

先日、このフエルサブルータ「WA!」のロングランが決定、興奮と熱狂が倍増する進化バージョン「WA!!」と姿を変えることが発表された。8月開幕時と比較し、新しい演出、構成、楽曲や映像が加わり、新シーズンとして12月14日からスタートする。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-06 17:00

『フエルサ ブルータ WA!』仲里依紗よりコメントが到着!

naka

仲里依紗が語る「フエルサブルータ WA!」の魅力とは

2017年8月1日に世界初披露として幕を開け、絶賛公演中のフエルサ ブルータ。アメリカ、ニューヨークでの約10年間に及ぶロングラン公演をはじめ、世界30か国60都市以上で500万人以上の観客を魅了している演目だ。2014年の初来日公演では、これまでにないステージやパフォーマンスで大いに話題となったが、今回の最新のステージは日本を強く意識したバージョンで、「WA!」には “和風” “調和” “平和” “輪” など複数の意味が込められ、その演出や衣装、音楽の斬新さでこれまでにも多くの観客を魅了してきた。

先日、このフエルサブルータ「WA!」のロングランが決定、興奮と熱狂が倍増する進化バージョン「WA!!」と姿を変えることが発表された。8月開幕時と比較し、新しい演出、構成、楽曲や映像が加わり、新シーズンとして12月14日からスタートする。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-05 17:00

『フエルサ ブルータ WA!』ハライチ岩井勇気よりコメントが到着!

ハライチ岩井 宣材

ハライチ岩井勇気が世界で話題のエンタメショーに熱狂

世界中が熱狂し、観る人の五感を震わせる体験型エンターテインメント集団・フエルサ ブルータの最新作「WA!!」の色鮮やかな舞台写真、楽しげな来場者の写真がSNS上にアップされ大きな話題となっている。現在、東京・品川プリンスホテル ステラボールでロングラン公演中の本作を、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気が体験。“人に説明するのが難しい”と言われるフエルサの魅力や楽しみ方を語ってくれた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-04 19:14

少年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』鈴木勝吾×宮崎秋人×毛利亘宏 鼎談レポート<前編>

p1

2018年1月、少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』が上演される。
絶賛放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』にてメインライターを務める毛利亘宏が主宰する劇団・少年社中の20周年記念作品の第一弾。少年社中×東映の舞台プロジェクトとしては、2016年2月に上演された『パラノイア★サーカス』に続く第二弾作品となる。

 

この1年間、正義の味方を描き続けてきた毛利が自身の劇団・20周年記念に選んだ題材は、なんと“ダークヒーロー”。

時は江戸時代。冥府より蘇った“トクガワイエヤス”によって征服されてしまった日ノ本を救うべく、立ち上がった7人の救世主“極悪人”の活躍!!
……のみならず、一筋縄ではいかない“極悪人”たちの思惑を描く。
混沌とする世界、“悪”対“悪”の最終決戦(ラグナロク)の果てに誰が生き残るのか?

物語の主人公は“マクベス”と“トクガワイエミツ”。
日ノ本を奪還するために召喚された極悪人たち=“ピカレスク◆セブン”の一員でもあり、過去のトラウマに縛られながらもこの世界の王の座を狙おうとする“マクベス”を演じるのは鈴木勝吾。
この時代の将軍でありながら、自らが蘇らせた祖父でもある“トクガワイエヤス”によって将軍の座と天下の泰平を奪われた男“トクガワイエミツ”を演じるのは宮崎秋人。
数々のドラマ・舞台で活躍し、ミュージカル『薄桜鬼』、舞台『東京喰種-トーキョーグール-』等では共演している盟友の2人が、この作品の中心に立つ。

そして、ミュージカル『薄桜鬼』にて脚本・演出を務め、彼らと共に歩んできた毛利。
今回、この3人によるスペシャルなクロストークが実現した。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-04 17:08

『フエルサ ブルータ WA!』吉沢亮よりコメントが到着!

fbw1204-2b

今をときめく若手俳優、吉沢亮が観る「フエルサブルータ」
世界初公開の巨大舞台装置”ウィンドトンネル”とは?

――「相当楽しかったし、かっこよかった」
そう語るのは映画『斉木楠雄のΨ難』や『銀魂』でも活躍していた吉沢亮。
端正な顔立ちで一見クールな表情の彼でも、興奮することがあるみたい。そんな吉沢亮さんで観る「フエルサブルータ」をご紹介します。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-12-01 12:21

ペヤンヌマキ×安藤玉恵生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版 痴人の愛』ペヤンヌマキ×安藤玉恵 インタビュー

IMG_4599

文学とエロスと“痴人”と希望
母性と恋愛感情が入り乱れる男女逆転ならではのギリギリの愛

演劇ユニット「ブス会*」の主宰で劇作家・演出家、映像ディレクター・脚本家、AV監督として活躍するペヤンヌマキと、舞台・映像で幅広く主要人物を演じる女優・安藤玉恵。同い年の二人が節目の年にタッグを組む新シリーズの第一弾が、『男女逆転版・痴人の愛』だ。二人の出会いはペヤンヌが舞台作りを目指したころに遡り、以来、信頼関係の中に『女のみち』シリーズなど代表作を共に成功させてきた。次なる新しい挑戦が、日本文学の中でも人気の高い谷崎潤一郎の『痴人の愛』を現代に置き換え、男女を逆転させる本作である。15歳の「ナオミ」を28歳の「譲治」が「小鳥を飼うような心持」で育てる原作に対し、男女逆転版では15歳の「ナオミ」を40歳の「洋子」が育てていく。まだ子どもと呼べるうちから自らの好みに育成する話は古今東西にあるが、文学をベースにした美しさと、男女逆転ならではのエロス表現は、本作品の特筆すべき点。開幕間近、ペヤンヌと安藤のWインタビューが実現した。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-11-28 13:12

『KOUHEI MATSUSHITA LIVE 2017 -acoustic–』松下洸平 インタビュー

DSC00854

“誰のものでもないモノ”であってほしい
それは、音楽でも、演劇でも同じですね

 

俳優として着実に活躍の場を広げている松下洸平が、自身のライフワークとも言えるライブを敢行することが決定した。立て続けに出演する舞台の本番や稽古の合間を縫って、奇跡的に確保できたスケジュールで行われる今回のステージは、松下にとって初めてのアコースティック・ライブとなる。ステージへの意気込みのほか、楽曲づくりについてや、30代を迎えて改めて思うことなど、たっぷりと話を聞いた。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-11-28 11:02

OFFICE SHIKA REBORN 『パレード旅団』 虚構の劇団『もうひとつの地球の歩き方』 鴻上尚史×菜月チョビ インタビュー

parade_01
 

「繰り返し上演することでもっと良いものになる。その面白さに気づいてほしい」(菜月)

「こういうもうひとつの地球があってもいいんじゃないのか?という可能性のひとつとしてやれればと」(鴻上)

 

日本を代表する劇作家のひとりで80年代の小劇場ブームの立役者となっていた鴻上尚史。彼が27歳の時に書いた「パレード旅団」が、気鋭の演出家・菜月チョビの手により復活。過去の名作を掘り起こすOFFICE SHIKA “REBORN”シリーズの第一弾として放たれる。そして、今なお精力的に活躍する鴻上は、虚構の劇団による2年ぶりの新作「もうひとつの地球の歩き方」に着手している。過去の名作を掘り起こす菜月と、新たな作品を形にしていく鴻上。このふたりは、どんな言葉を交わすのだろうか。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-11-27 12:39

『密やかな結晶』 石原さとみ インタビュー

hisoyaka_01
 

ぜひ、会いに来てほしいです。

そして、何かを尊く想える気持ちを持ち帰ってもらえたら

 

映画、ドラマなどに引っ張りだこの石原さとみが、4年ぶりに舞台出演を果たす。人気演出家の鄭義信が脚本・演出を手掛ける、小川洋子原作の『密やかな結晶』は、鳥や香水、帽子など、さまざまなものが消滅してしまう不思議な島に暮らす小説家の「わたし」と、近所に暮らす「おじいさん」、ある秘密を抱える編集者の「R氏」の生き抜く姿を描いた物語。久しぶりとなる舞台での演技を、彼女はどのように感じているのだろうか。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-11-15 13:25

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 月 Produced by TBS <下弦の月>天魔王役 鈴木拡樹 インタビュー

suzuki2

劇団☆新感線に初参加にして『髑髏城の七人』の<天魔王>役に挑むことになったのは、舞台『刀剣乱舞』などで知られる人気役者の鈴木拡樹。間もなく開幕する第4弾“Season月”の、“下弦の月”チームの一員として果たしてどんな想いを抱いているのか、ヴィジュアル撮影が終了した直後の時点で、話を聞いた。

続きを読む