・インタビューしちゃいました!! 2017-09-28 15:55

モチロンプロデュース「クラウドナイン」 髙嶋政宏 × 木野 花(演出) インタビュー

1

時間と空間を超えた舞台設定、構成の妙と、赤裸々な性表現などで“衝撃作”との呼び声も高い、英国の劇作家、キャリル・チャーチルの代表作『クラウドナイン』。イギリスでの初演は1979年、その後1985年、1986年、1988年には木野花演出で日本でも上演され、その過激かつ刺激的な内容から大きな話題となった。そして2017年の今、木野がこの伝説的な舞台にまたもや挑む。舞台となるのは、一幕では1880年頃のイギリス植民地時代のアフリカで、二幕ではその100年後の現代のロンドン。その一幕と二幕とで、役者は性別、年齢を超えて役を演じることになるという仕掛けも自由で斬新だ。この企画に集められたキャスト陣も、髙嶋政宏、伊勢志摩、三浦貴大、正名僕蔵、平岩紙、宍戸美和公、石橋けい、入江雅人という個性派揃い。その中でも、一幕では家長のクライヴ、二幕ではその一人息子のエドワードを演じる髙嶋と、4度目の演出に意気込む木野に、話を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-28 14:30

ミュージカル「メンフィス」濱田めぐみ インタビュー

Memphis1

 

舞台に立つたびに発見があることが不思議ですよね

 

2010年にトニー賞作品賞ほか4冠を獲得し、2015年の日本初演でも好評を博したミュージカル「メンフィス」が、新演出で再演される。1950年代当時はタブーだった黒人のブルースを、初めてメディアで紹介した実在の白人DJデューイ・フィリップスの半生が描かれる本作。彼に見初められた黒人シンガーのフェリシアを初演に引き続き演じることになった濱田めぐみに、作品への思いなどを聴いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-27 16:39

「TERRORテロ」 橋爪功 森新太郎 松下洸平 インタビュー

IMG_0450

この舞台で問われるのは 観客自身の考え方、人生なんです

2012年にデビュー作となる短編連作集「犯罪」で、一躍世界的なベストセラー作家となったフェルディナント・フォン・シーラッハ。彼が2016年に世に送り出した、初の戯曲「TERROR テロ」が日本でも上演されることになった。この戯曲では、ハイジャックされた航空機が7万人が観戦しているスタジアムへと向かう中、その飛行機を追って緊急発進した空軍パイロットの決断をめぐる裁判が描かれている。乗客を見捨て、7万人を救った男は、英雄か、それとも犯罪者か…。その判断は、観客の投票に委ねられるという異色の法廷劇だ。この新たな舞台に挑む、橋爪功、松下洸平、演出の森新太郎の3人に話を聞いた。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-25 13:10

来日ミュージカル『天使にラブ・ソングを…』高橋真麻インタビュー

masa2
2015年の初来日公演が連日ソールドアウトを記録したブロードウェイ・ミュージカル、『天使にラブ・ソングを…~シスター・アクト~』がこの10月、再び東急シアターオーブにやってくる。ウーピー・ゴールドバーグ主演の同名映画を原作に、ウーピー自身を筆頭とするプロデューサー陣と、『美女と野獣』『アラジン』で知られるアラン・メンケンの作曲により2006年に舞台化。ロンドンでのヒットを経て、2011年には『エニシング・ゴーズ』『ガイズ&ドールズ』のジェリー・ザックスを演出に迎えてブロードウェイに進出し、トニー賞にもノミネートされた傑作コメディだ。今回来日するツアーカンパニーによる公演を一足早く、シンガポールで観劇してきたオフィシャルサポーター、高橋真麻に作品の魅力を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-25 12:37

パルコ・プロデュース「ブロードウェイ・ミュージカル『アダムス・ファミリー』」村井良大インタビュー

IMG_0933

 

ちょっとクレイジーなアメリカっぽさを
納得できる形で演じたい


1990年代に日本でも映画やCMなどが放送された「アダムス・ファミリー」。独特のゴシック・テイストとブラックユーモアが人気を博し今なお愛され続けているこの作品が、2010年にブロードウェイ・ミュージカルとして上演され、大きな話題を呼んだ。2014年の日本初演も好評を博した本作が、ついに今年10月再び日本で幕を開ける。今回、新キャストに名を連ねることになった村井良大に、本作への意欲を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-22 14:00

ミュージカル『デパート!』太田基裕×岡田亮輔×原田優一(演出)インタビュー

IMG_1198
三越劇場創立90周年記念
コメディタッチのオリジナルミュージカルで
太田基裕はヘタレ(!?)御曹司、岡田亮輔はチャラ警備員役に!

日本の老舗百貨店、日本橋三越本店の6階にある三越劇場。創立90周年を迎えた今年、演出の原田優一、脚本の登米裕一、音楽の伊藤靖浩ら30代の新進若手クリエーターを集結して新作オリジナルミュージカルを生演奏にて上演する。タイトルは『デパート!』。デパートの中でデパートの群像劇を見せるという“デパート・イン・デパート”のド直球な構図が大注目。出演の太田基裕と岡田亮輔に原田を交えたトリオインタビューが叶った。場所は三越劇場の中。大理石やステンドグラスといった豪華な装飾に薫る威厳と格式、客席と舞台がかなり近いキャパ514の親密な濃厚空間に、「演じる前に来れてよかった」と岡田、「初めて来ましたがかなり感動」と太田。演じる役者もワクワクする劇場内でのインタビューには新発見もあり!

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-20 19:31

「誰か席に着いて」田辺誠一、木村佳乃、片桐仁、倉科カナ インタビュー

b

いろいろなジャンルを超えて、共感できる作品に

芸術家を支援するある財団の選定会議を舞台に、それぞれの個人的な現実問題が噴出していく、新作コメディ「誰か席に着いて」。劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」の倉持裕が作・演出を手掛け、主演には田辺誠一、共演には木村佳乃、片桐仁、倉科カナらが名を連ねている。プライドや嘘、嫉妬、名声など様々な思いが渦巻く濃密なコメディに、キャスト陣はどのように挑むのか、話を聞いた。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-20 17:02

PARCO&CUBE 20th present『人間風車』 矢崎 広×松田 凌 インタビュー

人間風車

矢崎 「腹黒さもにじむ役作り。人間って怖い、を表現したい」
松田 「子どもであることが一番難解。遊びながら真剣役作り」


14年ぶりに再演される童話ホラー舞台『人間風車』。脚本の後藤ひろひとは今回のために「一部のリライトではなく最初の一文字から書き直す」と前回インタビューで語っていたが、いよいよ完成して俳優・スタッフに届き稽古に突入したようだ。演出を担う河原雅彦との打ち合わせにより、現代にも突き刺さる普遍性と新鮮さをもって蘇る『人間風車』。「芸達者でないと演じきれない難しい戯曲だから、全員が選抜メンバー」と河原も推すキャスト陣から、いまをときめく注目俳優の矢崎広と松田凌が、創作まっただ中の稽古場で取材に応じた。これまでの彼らとは一味も二味も違う役作りに挑んでいるようだ。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 22:17

来日上演中のブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』に出演中のフック船長に直撃!

fn2

『ファインディング・ネバーランド』は世界中で知られるファンタジーの名作「ピーターパン」の劇作家ジェームズ・マシュー・バリがピーターパンの物語を完成させるまでを描いた作品だ。ジョニー・デップ主演で2004年に公開され、アカデミー賞7部門にノミネートされた同名映画(邦題『ネバーランド』)をミュージカル化し、2015年にブロードウェイで初演の幕をあけた同作が初来日。9月24日(日)まで、東急シアターオーブ(東京・渋谷)にて上演中だ。同作にチャールズ・フローマン役とジェームズ・フック船長役で出演。同作の主人公であるバリを、異なるい方法で鼓舞する2役を生き生きと演じているベテラン俳優、ジョン・デイビッドソンに、作品に対する思い、見どころを聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 17:26

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS 岸井ゆきの インタビュー

kishii2
今年の春に豊洲にオープンした、IHIステージアラウンド東京。ただいま絶賛上演中なのは劇団☆新感線による『髑髏城の七人』で、“花・鳥・風・月”とそれぞれのシーズンごとにキャスト、脚本、演出を大幅に変更しながら上演を続けている。9/15(金)から開幕する第3弾“Season風”で<沙霧>に扮するのは岸井ゆきのだ。スタジオ内で飛んだり跳ねたり、全速力で走らされたりと、早くも体力勝負だったビジュアル撮影終了後、岸井に意気込みを語ってもらった。

続きを読む