・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 00:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 月 Produced by TBS <上弦の月> 福士蒼汰 インタビュー

hukushi

「自分らしさを出すことで魅力的な捨之介になっていったら嬉しいです」

デビューから7 年目、俳優として着実に成長を遂げてきた福士蒼汰。そんな彼が、劇団☆新感線『髑髏城の七人』という演劇界最大の話題作で、待望の初舞台を踏む。
福士「舞台に対しては面白いな、やってみたいなという気持ちはもっていたんです。でもそれが新感線で、『髑髏城の七人』で、回転する劇場でって、これはすごいことだなと。だからまだ緊張もできていない状態ではあるんです。自分がどう変わるのか、もしくは変わらないのか、まったく想像がつかないので。自分にいい意味でのプレッシャーをかけつつ、その場その場で感じることを大切に、取り組んでいけたらなと思います」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 00:00

ミュージカル『刀剣乱舞』 2017年秋 新作公演 三浦宏規&高野洸 インタビュー

mt
髭切と膝丸。2振りの刀剣男士が
『刀ミュ』に新風を巻き起こす!

今もっとも急速に展開の幅を広げている作品の一つとして熱狂的な人気を集めるミュージカル『刀剣乱舞』。その新作公演が11月より東京・京都・大阪で上演される。注目は、今回から新たに加わる2振りの刀剣男士。髭切役を三浦宏規、膝丸役を高野洸が演じる。

三浦「ミュージカル『刀剣乱舞』の魅力は、何と言ってもドラマ性。僕はこれまで『トライアル公演』と『三百年(みほとせ)の子守唄』を観させていただいたのですが、ストーリーが面白くて、自然と歴史が好きになったし、もっと勉強したくなりました」

高野「ミュージカル『刀剣乱舞』はたくさんのお客様に愛されている作品ですが、男性の僕が見ても楽しめるエンタテインメントなんですよね。圧巻なのが2部のライブ。客席からの歓声がすごくてビックリしました!」

三浦「衣裳チェンジも多くて華やかですし、何より和太鼓が出てきたときは、僕も大興奮でした(笑)。ずっと出たいと思っていた作品なので、出演が決まったときはすごく嬉しかったです!」

高野「僕も嬉しかった! ただ、人気作品ならではの重圧ももちろんあって。歌もあってダンスもあって殺陣もあって、演者としては相当大変な作品だと思います。そういうプレッシャーは出演が決まった瞬間より、今のほうがどんどん大きくなっている気がしますね」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 00:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 月 Produced by TBS <下弦の月> 宮野真守 インタビュー

miyano1

「今まで見たことのない僕を見てもらえると思います」

声優として人気、実力ともに確固たる地位を築いている宮野真守。だがそんな彼にとっても、劇団☆ 新感線からの、しかも『髑髏城の七人』の捨之介役へのオファーは、想像もつかない出来事だったよう。
宮野「非常に驚いて、なぜ僕に? とまずは思いました(笑)。にわかには信じ難かったですが、今回の企画内容をうかがったときになるほどと。宮野真守をここにキャスティングするということに、多少なりとも可能性を感じてくださっている。それがとても嬉しくて。お話をいただいたときから足が震えるほど緊張してはいるんですが、それでもとにかく一歩踏み出してみたいと思ったんです」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 00:00

舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」 橋本祥平 インタビュー

kinpuri

舞台版『キンプリ』はいつでも応援上演!?

歌やダンスで観客のハートをつかむ“プリズムスタァ”たちの友情と成長を描いた、大ヒット劇場アニメ『KING OF PRISM』。通称“キンプリ”の舞台化が決定、橋本祥平が主人公の一条シンを演じる。

橋本「まずは驚きました。しかも一条シン役と聞いて、調べたらなんと中学3年生!今年で24歳なのに(笑)。ドキドキワクワクビクビク…いろんな感情が沸き起こってきました」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 00:00

タクフェス第5弾『ひみつ』 宅間孝行 インタビュー

takufes
笑ってたら泣けちゃった、みたいなのが一番いい

宅間孝行が手がけるエンタテインメント・プロジェクト、タクフェスの第5弾公演『ひみつ』が、10月より全国10都市で開催される。本公演は作・演出・出演を手がける宅間が、4年ぶりに書き下ろした最新作。
宅間「毎回、初日の幕が上がるまで心配なもので。過去作品の再演でも演じるたびにどんどん変わっていくし、舞台ってそういうものだと思っているので。まずは最初の段階でどこまで作れるか。今は楽しみより、不安の方が大きいかも知れないですね(笑)」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-15 00:00

舞台『弱虫ペダル』 新インターハイ篇~ヒートアップ~
醍醐虎汰朗&和田雅成&百瀬朔 インタビュー 

4

作品の持つ力をさらに引き上げるために

走り続ける、舞台。気鋭の作・演出家の西田シャトナーが、独自に生み出した表現技法“パズルライドシステム”を駆使してロードレースを舞台上で表現し、大きな話題を呼んだ舞台『弱虫ペダル』。2008年より『週刊少年チャンピオン』(秋田書店刊)にて好評連載中の、渡辺航が描く自転車ロードレース漫画を原作とした舞台演劇シリーズだ。2012年から始まって以来、原作のストーリーを追いかけ続け、この秋に上演される最新作・舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~ヒートアップ~で、11作目を数えることになった。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-13 19:33

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS 山内圭哉 インタビュー

yamauchi4
東京・豊洲のIHIステージアラウンド東京で絶賛上演中の、劇団☆新感線『髑髏城の七人』。“花・鳥・風・月”とそれぞれのシーズンごとにキャストはもちろん、脚本・演出も大幅に変更して上演を続けているが、9/15(金)から開幕する第3弾“Season風”で<兵庫>に扮するのは山内圭哉だ。これまでの兵庫のキャラクターとは、ガラッと印象の違うコスチュームで撮影に臨んだビジュアル撮影終了後、山内に話を聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-12 22:00

『ファインディング・ネバーランド』主演俳優「ビリー・タイ」インタビュー&舞台写真が到着!

billy002

劇作家ジェームズ・マシュー・バリの名は、彼が生み出した永遠の少年、ピーターパンと共に今や世界的に知られている。だが、バリが活躍した19世紀後半のイギリス演劇界で求められていたのは高尚な作品で、ファンタジーの上演は無謀ともいえるチャレンジだった。そんな中でなぜ、そしていかにして、彼はかの名作を書き上げたのか。裏にあった作家としてのスランプ、そして再生のきっかけとなった、ある未亡人とその子供たちとの交流を描いたミュージカルが『ファインディング・ネバーランド』だ。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-12 18:37

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS 橋本じゅん インタビュー

hashimoto3
観客席が360°回転する、画期的なシステムを擁した新劇場IHIステージアラウンド東京にて、絶賛上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』。9/15(金)から開幕する第3弾“Season風”で、<贋鉄斎>を演じるのは橋本じゅんだ。1990年の初演版、1997年版、2004年『アカドクロ』版と、『髑髏城~』に出演する際はずっと<兵庫>を演じてきた橋本、初めての<贋鉄斎>に彼がどう挑むのかが早くも話題になっている。そのビジュアル撮影の合間に、今回の『髑髏城~』に対する橋本の想いを探ってみた。
続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-09-11 18:45

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 風 Produced by TBS 生瀬勝久 インタビュー

namase1
豊洲のIHIステージアラウンド東京にて上演中の劇団☆新感線『髑髏城の七人』、3月~6月の“Season花”、6月~9月の“Season鳥”に続き、いよいよ9/15(金)からは第3弾“Season風”が開幕する。松山ケンイチ、向井理、田中麗奈、橋本じゅん、山内圭哉、岸井ゆきの、という華やかなキャスト陣と共に、この“Season風”に<狸穴二郎衛門>役で出演するのは生瀬勝久。劇団☆新感線の本公演にはこれが初参加(いのうえひでのり演出作品ということでは『鉈切り丸』に出演している)となる生瀬に、ビジュアル撮影の合間を縫って意気込みなどを聞いた。

続きを読む