・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2017-07-18 17:25

藤原竜也主演、伝説の舞台『ムサシ』が 蜷川幸雄三回忌追悼公演として復活再演!!

3

昨年5月に亡くなった演出家・蜷川幸雄さんの代表作『ムサシ』が2018年、蜷川さんの三回忌追悼記念公演として再演されることが決定した。

この作品は劇作家・井上ひさしさんが書き下ろし、2009年に初演された。翌年にはロンドン・ニューヨークから招待され海を渡り、辛口で知られる英米の劇評家や満員の客席から大喝采を浴びた。イギリスの「インディペンデント」などの有力紙が、字幕で上演する外国作品に対して5つ星の高評価を与えるのは大変珍しいことだった。重厚なテーマの中に笑いを盛り込んだオリジナリティ溢れるエンターテインメントとしての評判は世界を駆け巡り、その後も海外からの招聘が相次いだ。現時点で、のべ5カ国9都市、計171ステージで約17万人を動員する名作舞台となっている。2013年のシンガポール、そして2014年のソウル公演でも批評家たちから、その年に上演されたすべての舞台作品の中でナンバー1の称号を得ている。(シンガポールでは「演劇界の3巨匠」として、ピーター・ブルック、サイモン・マクバーニーの作品と並んで『ムサシ』が招聘された。)
2018年の再演でも、宮本武蔵を演じるのは藤原竜也。デビュー20周年を締めくくる舞台作品となる。対する小次郎に溝端淳平。他にも鈴木杏、六平直政、吉田鋼太郎、白石加代子ら、蜷川幸雄から最後に直接演出を受けた最高のキャストが誰一人として欠けることなく再集結する。2014年の上演時、藤原が劇中の武蔵と同じ35歳になったら、もう1度『ムサシ』をやろうと蜷川と約束したメンバーが勢揃いして、巨匠の三回忌を豪華に盛り上げる。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-07-15 16:25

ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海 東京公演開幕!ゲネプロ写真&囲み取材 登壇者コメントが到着!

5

ついに関東大会決勝!「3rdシーズン 青学(せいがく)vs立海」の魅力をいち早くお届け!!

 

関東大会を勝ち進んだ青学(せいがく)の前に、圧倒的な強さで全国を制覇してきた立海が立ちはだかる関東大会決勝の様子が 描かれる本作は、9月にテニミュとして2度目の上海公演も控えており、日本のみならずアジアのファンの皆様へ最高のステージをお届けいたします。そして、昨日の公演で3rdシーズンは記念すべき300回公演を達成!終演後にお客様と一緒にお祝いさせていただきました。ますます勢いを増すテニミュに引き続きご注目ください。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-07-10 15:54

cube 20th presents 音楽劇『魔都夜曲』ゲネプロオフィシャルレポートが到着!

3
7月7日 Bunkamuraシアターコクーンにて初日に先駆け公開ゲネプロが行なわれた。
開演約10前から舞台上では、生のジャズバンドと作品の舞台と、チャイナドレスを身に纏った歌姫がメロウな歌で観客を出迎えてくれる。

そう、ここはすでに1939年上海のジャズクラブ「ル・パシフィーク」。
魅惑的なスタンダードジャズに酔いながら、いつしか「ル・パシフィーク」にやって来た客の一人として、物語の世界の住人になっている。
そして、魔都夜曲の幕は開く。

1939年、フランスやイギリス、アメリカ、日本などの列強の租界地として異国情緒に溢れ、人々の欲望を飲み込む”魔都”とも称される魅惑の都市、上海。
ある晩、その街角を暴漢に追われ疾走する男女がいた。暴漢と格闘となったその時、突然一人の男が助っ人に入った。まもなく警察は到着したが、何故か被害者の男女と助けた男が捕らえられ、3人は留置所で一晩過ごす羽目になった。助っ人の男の名前は、白河清隆(藤木直人)。政府要人を父に持ち、諸国遊学を経て上海に赴任して来たばかりの青年。ボクシングの心得がある為か、暴漢にも負けず腕っ節が強かった。追われていた2人連れの、女は周紅花(チョウ・ホンファ マイコ)、男はその兄・周志強(チョウ・チーチャン 小西遼生)。3人は奇縁で友情を育んでいく。
紅花は、中国人の父、日本人の母を持ち、美しく意志的な女性。兄の志強は異母兄で生粋の中国人、父を継ぎ貿易関係の仕事に携わっている。
清隆と言えば、アメリカ仕込みの遊興が過ぎ、今回はケガまでして帰って来たので、お目付役の外交官の籾田(山西惇)や、租界で開業する医師の西田(村井國夫)、アパート管理人の芽衣(ヤーイー 春風ひとみ)をやきもきさせている。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-07-09 11:32

7月8日(土)いよいよ開幕!シス・カンパニー公演『子供の事情』舞台写真と作/演出・三谷幸喜、出演者よりコメントが到着!

2
シス・カンパニー公演/三谷幸喜 新作舞台は、全員が10歳の小学生役!7月8日(土)いよいよ開幕!

宣伝写真で、ナゼか全員がジャージ姿で、弾けた笑顔を見せる錚々たる顔ぶれ!天海祐希、大泉洋、吉田羊、小池栄子、林遣都、春海四方、小手伸也、青木さやか、浅野和之、伊藤蘭 が集結する三谷幸喜新作舞台『子供の事情』が、いよいよ7月8日(土)より新国立劇場中劇場(東京・初台)にて開幕いたします。このまま、それこそ大河ドラマだって、シェイクスピアだって、チェーホフだって成立可能なメンバーが演じるのは、【全員が10歳の小学生】役という驚きのシチュエーション!
物語の時代背景は、実際に、三谷幸喜が10歳だった1971年が舞台。東京・世田谷の、とある小学4年生の教室で繰り広げられる複雑な人間関係に、思わず、「子供だって子供なりに大変だったんだよね」と観る側も、妙にうなずいてしまう「三谷幸喜の世界」が描かれていきます。
公演初日前日の7/7(金)に、東京・初台:新国立劇場中劇場にて通し稽古(ゲネプロ)が行われ、公式舞台写真と作/演出・三谷幸喜、出演者からのコメントが到着致しました。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-29 09:51

「TOKYO TRIBE」出演者からの意気込みコメントが到着!

1
宮澤佐江
原作は知らなかったんですが、今まで自分が経験してきた舞台やミュージカルと違ったテイストになる作品だと聞いたので、すごくやってみたいと思いました。私、新しいことにチャレンジすることが好きなんです。植木豪さんは以前ドラマで共演したことがありますし、ACEは高校の同級生なんです。まさかこんなふうに共演できるとは思ってませんでした(笑)。出演者の皆さんから「みんなで新しいものを作っていこうぜ!」感がすでに出ているので、その中に私もいられることがすごく幸せです。あと、久しぶりにバッキバキに踊ってみたいなって思うんですけど、共演者の方たちはダンスが上手な方ばかりなので不安と期待が入り混じってる感じですね(笑)。
続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-27 19:58

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS プレスコールの模様とキャストコメントが到着!

IMG_0816

本日6/27(火)シリーズ第2弾
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 ついに開幕!
開幕に先駆けて行われたプレスコールの模様をお届けします!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-27 18:08

NINAGAWA・マクベス 香港公演千秋楽!!市村正親&田中裕子のコメントが到着!

2

ニナガワが魂を込めた最高傑作が再び蘇る!!
ニナガワが熱望していた世界公演へ!そして日本凱旋公演!

 

1985年エジンバラ (イギリス )で上演されて以降、世界でNINAGAWAの 名声を不動にした作品がこの「NINAGAWA・マクベス」です。
蜷川氏がご逝去されても尚、公演を熱望追悼という形で英国決定。更に2014年秋、蜷川さんが香港で倒れた際、現地の関係者に大変お世話になったため、「その恩返しをたい」と考えており、そこで 実現したのが「NINAGAWA・マクベス」の香港での公演です。この度蜷川幸雄一周忌追悼公演として、香港で6月23日~25日に行われ、本日、香港公演千秋楽を迎えました。
カーテンコルでは満員のお客様がオスタディグ熱い拍手を贈ってくださました。香港でオールでオールスタンディグはとても珍しいそうです。作品の素晴らしさや蜷川さんへのリスペクトを強く感じることができました。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-23 10:46

いよいよ本日開幕!「MOJO」ゲネプロレポート&コメントが到着!

1
イギリス演劇界最⾼の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた伝説の舞台「MOJO(モジョ)」が、最強のキャストを擁してついに日本初演!ぜひご期待ください。

 

【コメント】

-TAKAHIRO-
今回、この「MOJO」で舞台に初挑戦します。みんなで稽古を積み重ねてましたが「スリル」と「笑い」が⼊り混じった良いものをお届けできる舞台になっていると思います。明⽇23 ⽇からの本番、必死にがんばります。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-19 13:31

「忍たま乱太郎」 第8弾 再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~公開ゲネプロ写真&キャストコメント到着!

画像2

ミュージカル「忍たま乱太郎」 第8弾 再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~の公開ゲネプロ&囲み取材が行われました!

 

【キャストコメント】
<久々知兵助役 山木透>
全てのシーンが見どころです!キャラクターに対して、1人1人のアプローチの仕方が高いクオリティで行われていて、さらにパワーアップしています。僕は、ステージで初めて歌を歌ったのが、この忍ミュでした。いいものに仕上げてきました。初演とはステージ、演出、キャストも変わりましたので“新しいもの”として、ぜひ観ていただきたいです!

<尾浜勘右衛門役 佐藤智広>
尾浜勘右衛門がどんな役割を持っているのかを考え、どう表現するのか、お芝居を課題に作り上げてきました。今回会場が変わったことにより、セット組みも少し違うので、そんなところも見どころの1つです。

<不破雷蔵役 吉田翔吾>
初演を超えてやるぞ!という意気込みで挑んでいます。初演の時は、会場がシアターGロッソで平場があまりなかったのですが、今回は舞台のセットや高さが変わり、空間を活かしたアクロバットが見どころです。ぜひ注目していただきたいです!
続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-16 16:00

大きな虹のあとで~不動四兄弟~ 市川知宏×山本涼介 のコメントが到着!

画像1
入江甚儀、市川知宏、竜星涼、山本涼介が兄弟役で初共演する舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」。
いよいよチケット一般発売に先駆け、主演の市川知宏、山本涼介からメッセージが届きました!

 

市川「前回のインタビューの時、「稽古が始まるまでに勉強はもちろん、資料館や記念館など実際に足を運んで少しでも体感しようと思います」と話しましたが、先日、鹿児島にある知覧特攻平和会館に行ってきました。話には聞いていましたが、展示されている特攻隊の方の手紙を読むたびに自然と涙が出て止まらなくなってしまいました。実在した人たちの遺品や家族に宛てた遺書などを目の当たりにして、数十年前に起こった出来事が現実なんだということを僕自身あらためて実感しました。僕らよりも若い彼らがどんな想いでこの手紙を書いたのか、文字から伝わってくるものがありましたし、海に沈んでいたゼロ戦を引き上げて展示しているのを見て“これに乗って飛び立ったんだ”と思うと正直怖くなりました。自分がまさにその役を演じることになるので、以前にも増してこの作品に向き合う“責任”も強く感じました。」

山本「稽古が始まるまでの間、今は4人とも勉強はもちろん、資料館に足を運んだり戦争体験者の方のお話を伺ったり、みなさんに伝えるべきものが何なのかを探しながらそれぞれ準備をしている段階です。」
続きを読む


1 / 1012345...10...最後 »