・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-09-15 18:43

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS 開幕!舞台写真とキャストからのコメントが到着!

sute_main
本日9/15(金)シリーズ第3弾
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 ついに開幕!
開幕に先駆けて行われたプレスコールの模様をお届けします!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-09-11 14:27

日本を代表する演出家・栗山民也が、蒼井優、生瀬勝久ほか、実力派キャストを迎えて現代に問う、構想10年の意欲作!『アンチゴーヌ』2018年月、上演決定‼

gazou

たった一人でも、世界に立ち向かおうとした女性がいた。
父との別れ、兄との別れ。全ては王座争いが招いた醜い争い。
そんな世の中に一人の少女が立ち上がり、懸命に自分を貫き通した。
彼女の名はアンチゴーヌ。

2018年1月、時代を超え世界中で上演され続けている、フランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品「アンチゴーヌ」。栗山民也演出のもと、岩切正一郎の新訳・豪華俳優陣の競演で現代によみがえります。
法と秩序を守り、権力者として政治の責任を貫こうとする冷静な王クレオンに対し、自分の良心にまっすぐに従い、自己の信念を貫くアンチゴーヌ。
2つの相対する立場と信念は、そのまま国家と個人・現実と理想の対決でもあり、それぞれが抱える想いは通じ合うことなく、物語は悲劇へと進行します。クレオンとアンチゴーヌの対決を通して、私たちは生きることの矛盾や人間存在の本質を目撃することとなるでしょう。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-09-08 12:00

ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会* 『男女逆転版・痴人の愛』よりキャストコメントが到着!

b
ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会* 『男女逆転版・痴人の愛』7月のリーディングを経ていよいよ本公演が始動!

同い年の2人が節目の年にタッグを組む新シリーズ、ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*『男女逆転版・痴人の愛』。7月のリーディング公演を経て、12月8日(金)~19(火)こまばアゴラ劇場にて本公演が行われる。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-09-07 17:07

「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」追加キャスト発表!!

TT
対決するカラーギャング集団 G-Boys のタカシとレッドエンジェルスの恭一役発表!

G-Boys のキングことタカシ役には、舞台での活躍はもちろん、最近ではドラマ・映画など精力的に仕事の幅を増やし続けている染谷俊之。レッドエンジェルスのリーダー京一役には、関西テレビ『僕たちがやりました』主題歌が話題のダンスロックバンド、DISH//の矢部昌暉
続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-09-05 22:10

舞台『スマートモテリーマン講座』 制作発表レポート

sm1写真左から若月佑美(乃木坂46)、じろう(シソンヌ)、戸塚純貴、水田航生、安田顕、長谷川忍(シソンヌ)、福田雄一

9月4日、曇天の新宿で<新宿にお勤めのみなさまへ贈るモテリーマン特別講義>と題された制作発表が行われた。

自称モテるサラリーマンこと”モテリーマン”が舞台上でモテるサラリーマンになるためのレクチャーを講座形式でお届けする、痛快コメディである本作。今作でも引き続きモテリーマンを務める、安田顕を筆頭に登壇したキャストと、脚本・演出を務める福田雄一よりコメントが到着した。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-08-28 14:37

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』初舞台化にしてミュージカル化!!主演マコトに大野拓朗が決定!

iwgo2

池袋発!の伝説の原作が、ワークショップを経て、
ついにトライアル公演に踏み出す!!!

東京芸術劇場では、地元池袋を舞台とし、一般都民が参加して楽しむことのできるダンスエンターテインメントを創出すべく、2013年、2015年と2度にわたり 石田衣良原作「池袋ウエストゲートパーク」を題材としたワークショップを行ってきた。初年度はダンス+芝居(脚本 御笠野忠次、演出 杉原邦生、振付 北尾亘)、2回目は ダンス+歌(演出 杉原邦生、振付 北尾亘、既存楽曲に柴幸男の歌詞)にて構成し、若い男性ダンサー、俳優たちによるワークショップは作品化への確かな手ごたえを感じさせた。
 今年はいよいよこれをステップアップさせ、シアターウエストに観客を招き入れてのトライアル公演に挑戦する。繰り返し上演して、芸劇の風物詩となり、この舞台が人気のダンサーや俳優を生み出すこと、そして将来的にはプレイハウスでの実現を目指すクリエイションとしていく企画である。
続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-08-24 16:56

8/23(水)ついに開幕!舞台「向日葵のかっちゃん」より舞台写真&キャストコメントが到着!

1
「大人であることの意味」と「子供の可能性」を問う話題作、初の舞台化!

時計も漢字も読めず、支援学級に通う“かっちゃん”の毎日を変えた一人の熱血先生との出会いと成長の物語。
奇跡のように少年を開かせた感動の実話、8/23(水)開幕!
さらに三上真史、星野真里、酒井敏也よりコメント到着!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-08-18 10:55

大人計画/日本総合悲劇協会Vol.6 「業音」 東京公演、ついに開幕!!舞台写真を公開!! 更に松尾スズキ&平岩紙よりコメントが到着!

3

限りなく深い人間の”業“の闇…。 演歌歌手として再起を目指す元アイドルを主人公に、不幸が不幸を呼び、負の連鎖が奇怪にうねっていく…。
15年間封印されし問題作が、再び衝撃を与える──!

2017年8月10日(木)、日本総合悲劇協会 vol.6『業音』が東京芸術劇場シアターイーストにて開幕致しました。“悲劇”をテーマとした作品を描く、松尾スズキが作・演出をするプロデュース公演、「日本総合悲劇協会」。『業音』は、2002年にその日本総合悲劇協会の三作目として初演されました。荻野目慶子を主演女優として迎え、人間の業や執念、情念を描き、現代の日本人の生々しい感情をさらけ出した人物造形が大きな話題となりました。観るものに衝撃を与えた本作は、松尾作品の新たな方向性を作った問題作として再演を望む声の多かった作品です。その『業音』が15年の時を経て、2017年8月10日、再び幕を開けました!
この再演では、主人公役には、大人計画作品で初めて主演を務める平岩紙が挑みます。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-07-24 15:48

超!脱獄歌劇「ナンバカ」ソロビジュアル&キャストコメントが到着!

main
南波刑務所13舎13房に収監される囚人達、ジューゴ・ウノ・ロック・ニコのソロビジュアルを公開!

メインビジュアルでは青空の下を疾走する姿だった彼らが、今度はコンクリート調の色彩豊かな壁面の前に立ち止まり、ついにその全貌を披露しました。
脱獄未遂を繰り返しながらも、それぞれの理由で南波刑務所に居座り、監獄ライフを満喫する彼ら。
果たして、ステージ上の監獄ライフはどのように描かれるのか…!?どうぞご期待ください!

続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2017-07-18 17:25

藤原竜也主演、伝説の舞台『ムサシ』が 蜷川幸雄三回忌追悼公演として復活再演!!

3

昨年5月に亡くなった演出家・蜷川幸雄さんの代表作『ムサシ』が2018年、蜷川さんの三回忌追悼記念公演として再演されることが決定した。

この作品は劇作家・井上ひさしさんが書き下ろし、2009年に初演された。翌年にはロンドン・ニューヨークから招待され海を渡り、辛口で知られる英米の劇評家や満員の客席から大喝采を浴びた。イギリスの「インディペンデント」などの有力紙が、字幕で上演する外国作品に対して5つ星の高評価を与えるのは大変珍しいことだった。重厚なテーマの中に笑いを盛り込んだオリジナリティ溢れるエンターテインメントとしての評判は世界を駆け巡り、その後も海外からの招聘が相次いだ。現時点で、のべ5カ国9都市、計171ステージで約17万人を動員する名作舞台となっている。2013年のシンガポール、そして2014年のソウル公演でも批評家たちから、その年に上演されたすべての舞台作品の中でナンバー1の称号を得ている。(シンガポールでは「演劇界の3巨匠」として、ピーター・ブルック、サイモン・マクバーニーの作品と並んで『ムサシ』が招聘された。)
2018年の再演でも、宮本武蔵を演じるのは藤原竜也。デビュー20周年を締めくくる舞台作品となる。対する小次郎に溝端淳平。他にも鈴木杏、六平直政、吉田鋼太郎、白石加代子ら、蜷川幸雄から最後に直接演出を受けた最高のキャストが誰一人として欠けることなく再集結する。2014年の上演時、藤原が劇中の武蔵と同じ35歳になったら、もう1度『ムサシ』をやろうと蜷川と約束したメンバーが勢揃いして、巨匠の三回忌を豪華に盛り上げる。

続きを読む


1 / 1112345...10...最後 »