・出演者からのメッセージ! 2017-12-11 13:24

ついに開幕!日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演『ペール・ギュント』初日コメント&舞台写真が到着!

10

平昌冬季オリンピック開・閉会式の演出家と日韓20名のキャストにより不朽の名作がアジア演劇の最前線として甦る!

日韓文化交流企画・世田谷パブリックシアター20周年記念公演『ペール・ギュント』は12月6日プレビュー公演を経て、12月8日に本公演が開幕しました!平昌冬季オリンピック開・閉会式の総合演出を務める韓国気鋭の演出家ヤン ジョンウンのもと、浦井健治をタイトルロールに日韓20名のエネルギッシュなキャストが集結。150年前にヘンリック・イプセンにより書かれた不屈の名作をアジア演劇の最前線として甦らせています。生演奏、歌、ダンスに彩られた、今年の締めくくりにピッタリの祝祭的な『ペール・ギュント』をぜひご覧ください!

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-12-05 16:49

モチロンプロデュース「クラウドナイン」舞台写真を公開!更に出演キャスト&演出家 木野花よりコメントが到着!

b
女役を男性が!?男役を女性が!?

ゲイカップル、レズカップル、不倫、少年愛と様々な愛が交差するバカバカしくも切ない破天荒なホームドラマ
モチロンプロデュース「クラウドナイン」東京公演、ついに開幕!!

2017年12月1日より木野花演出舞台『クラウドナイン』が東京芸術劇場シアターイーストにて開幕致しました。
『クラウドナイン』は、英劇作家キャリル・チャーチル作のイギリスの植民地だった時代のアフリカを舞台にした、ある家族を中心とした、バカバカしくも切ない破天荒なホームドラマです。
本作は実は設定自体も常識はずれで破天荒な衝撃作なのです。まず、登場人物を演じる役者が一幕と二幕で変わるうえに、さらには登場人物の性と、演じる役者の性が変わります。一幕では三浦貴大がドレスを着て初の女性役に挑戦し、髙嶋政宏演じる一家の家長クライヴの妻・ベティを演じます。また、一幕では威厳のある家長・クライヴを演じていた髙嶋政宏が、二幕では心は乙女なゲイを演じ、5歳の少女役を現在47歳である正名僕蔵が演じます。二つ目は、一幕ではイギリス植民地時代のアフリカが舞台ですが、二幕ではその100年後となる現代のロンドンが舞台・・・ですが、何故か登場人物たちは25歳しか年を取っていないのです。
さらに、ゲイカップル、レズカップル、不倫、少年愛まで出てくる等、赤裸々な性描写も満載で、観客を驚かせ(楽しませ)ます。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-11-27 19:34

11/26(日)開幕 !『管理人』演出・森新太郎と出演者の3名よりコメントが到着!

d

ノーベル文学賞作家ハロルド・ピンターの代表作『管理人』が11月26日、シアタートラムにて開幕しました!

1959年執筆、60年ロンドンで初演され、英ナショナル・シアター調査の「20世紀の英語戯曲」第9位にランクインしている名戯曲。この度ピンター作品に初めて挑む森新太郎のエッジの効いた演出、徐賀世子による切れ味鋭い新訳、そして絶妙にアンバランスな3名の出演者により、息つまる緊張感が生み出されるとともに、ピンターの描く人間存在の滑稽さ、それゆえの切なさが時や場所を超えて浮かび上がります。
日本の演劇界で押しも押されぬ地位にいる気鋭の演出家・森新太郎と、森いわく「完璧」な顔合わせである、ガラクタを処分したい男(弟)ミック役の溝端淳平、ガラクタを拾い集める男(兄)アストン役の忍成修吾、ガラクタ同様に拾われてきた男デーヴィス役の温水洋一の初日コメントをお届けいたします。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-11-09 12:15

少年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト「ピカレスク◆セブン」個別ビジュアル&出演者よりコメントが到着!

psa
©少年社中・東映

個別ビジュアル&マクベス役 鈴木勝吾、トクガワイエミツ役 宮崎秋人、トクガワイエヤス役 大高洋夫の3人よりコメントが到着!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-31 19:12

2018年2月 舞台『密やかな結晶』上演決定!公演概要と、出演者からのコメントが到着!!

集合ver

―あなたを守るのは、わたし。石原さとみ 4年ぶり待望の舞台出演で、 小川洋子の小説に“小説家役”で挑戦!

有機物であることの人間の哀しみを見つめ、現代の消滅、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く長編小説『密や かな結晶』。この小説の舞台化に挑むのは、人生と人間への愛を、笑いも苦しさも悲しみも喜びも一つの作品で芸術的に 表現をする、鄭義信。傑作小説を独自の解釈で、演劇的に昇 華させます。主演は、近年ドラマ・映画など数多くの話題作で活躍する石原さとみ。4年ぶりに待望の舞台出演を果たします。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-10-30 18:11

10/30(月)ついに開幕!「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」開幕直前の演出家、ロズ&ギル2人のコメントと舞台写真が到着!

3

生田斗真+菅田将暉初共演!
注目の演出家・小川絵梨子と共に世界が愛した傑作戯曲に挑む!

『ハムレット』での端役コンビで、しかも最後は登場さえもさせてもらえず、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ・・・」の一行で片づけられてしまった哀しい2人組「ロズとギル」。本作は、この2人を主人公に、斬新な発想で新たな劇世界を生み出した劇作家トム・ストッパードの金字塔的な作品です。この革新的戯曲を、生田斗真=ロズ、菅田将暉=ギル、気鋭の小川絵梨子演出で上演!というニュースは、この秋必見の舞台として上演決定時から多くの注目を集めました。
その作品が本日10月30日 (月)19時公演より、いよいよ開幕します!
果たして、生田斗真=ロズと菅田将暉=ギル の運命は?! 演劇ならではのライブな楽しさに心を躍らせながら、『ロズとギル』の運命の旅に是非ご同行ください!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-30 15:25

Japanese Musical『戯伝写楽 2018』メインビジュアル解禁!&出演キャストよりコメント映像が到着!

sharaku flyer omote
2018年1月12日(金)より東京芸術劇場プレイハウスで開幕し、久留米 、名古屋、兵庫で上演される、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』のメインビジュアルが公開となった。

たった10ヶ月の間に、145点余の作品を残し忽然と消えた浮世絵師・東洲斎写楽。
「写楽は女だった・・・?!」という大胆な着想から、写楽の謎に迫り、 喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、太田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に、才を競い熱く生きた芸術家達の姿を、中島かずき・作、立川智也・音楽の オリジナル・ミュージカルとして2010年初演、大好評を得た『戯伝写楽』。
8年の歳月を経て、新たに、演出に河原雅彦、作詞に森雪之丞を迎え、新版、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』として帰ってくる。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-26 11:41

KAAT 神奈川芸術劇場プロデュース公演『三文オペラ』の全貌がついに公開!&キャストコメントが到着!

sanmon-01

松岡充主演 音楽劇『三文オペラ』の全貌 がついに公開!!
相手役には今回が初舞台となる国民的美少女の吉本実憂が決定!
さらに AKB48 の峯岸みなみも舞台初挑戦 !
KAAT芸術監督 ・白井晃 も俳優として出演! 

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』に出演の全キャストが決定!
KAATでは白井晃芸術監督を中心に、才能ある若手演出家との取り組みに力を注いできたが、この度、昨今、劇作家・翻訳家としても活躍がめざましい演出家・谷賢一にフィーチャーし、ブレヒト&ヴァイルによる名作『三文オペラ』に挑む。音楽監督は、谷と同世代のロックバンド・ドレスコーズで活躍し、文筆活動や映画出演等にも活動を広げる志磨遼平が、舞台公演での初の音楽監督をつとめる。 続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2017-10-05 18:55

『アダムス・ファミリー』 製作発表レポート&コメントが到着!

adms2

ハロウィンシーズンのみなとみらいに、あのおばけ一家が登場!

10月1日(日)、みなとみらいにてブロードウェイ・ミュージカル「アダムス・ファミリー」の製作発表を兼ねた楽曲披露イベントが開催されました。
大勢の観客が期待に胸を膨らませて開始をの時を待つ中、檀上に現れたのは、本番同様の衣装を身に纏ったゴメス役の橋本さとし、モーティシア役の真琴つばさ、ウェンズデー役の昆夏美、バグズリー役の庄司ゆらの、フェスタ—叔父さん役の今井清隆、グランマ役の梅沢昌代、執事・ラーチ役の澤魁士。アダムス一家が代表曲「我らアダムス」を歌い上げると、会場には歓声が沸き起こりました。

その後モーティシア役の壮一帆、ルーカス役の村井良大、アリス役の樹里咲穂、マル役の戸井勝海、演出の白井晃らも登壇し、キャスト陣から挨拶が行われました。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-05 13:09

ついに開幕!舞台「関数ドミノ」より舞台写真&キャストコメントが到着!

6

10月4日(水)、舞台「関数ドミノ」が本多劇場にてついに開幕!

本作は映画「散歩する侵略者」が公開されるなど映像化も相次いでいる気鋭の劇作家である劇団イキウメ主宰の前川知大による戯曲で、過去3度の上演をし、その度に進化を遂げてきた代表作の一つです。
初のプロデュース公演となる今回は前川が改稿し、“「関数ドミノ」2017年版”ともいえる新たな作品に仕上がっており、早くも完売が続出する人気公演となっています。
演出は俳優としてだけでなく、舞台「草枕」「黒塚家の娘」などで丁寧な人物造形で精緻な演出力を見せる寺十吾が手掛けます。
 そして舞台「遠野物語・奇ッ怪 其参」「陥没」での演技が高く評価され、ドラマ「先に生まれただけの僕」、映画「ナラタージュ」「ミックス。」にも出演し舞台・映像に幅広く活躍している瀬戸康史をはじめ、柄本時生、千葉雅子、勝村政信という実力派俳優に加え、小島藤子、鈴木裕樹、山田悠介、池岡亮介、八幡みゆきが出演いたします。
奇妙な交通事故をきっかけに起こる奇跡を検証していく物語――「関数ドミノ」。

続きを読む


1 / 1212345...10...最後 »