・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-23 10:46

いよいよ本日開幕!「MOJO」ゲネプロレポート&コメントが到着!

1
イギリス演劇界最⾼の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた伝説の舞台「MOJO(モジョ)」が、最強のキャストを擁してついに日本初演!ぜひご期待ください。

 

【コメント】

-TAKAHIRO-
今回、この「MOJO」で舞台に初挑戦します。みんなで稽古を積み重ねてましたが「スリル」と「笑い」が⼊り混じった良いものをお届けできる舞台になっていると思います。明⽇23 ⽇からの本番、必死にがんばります。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-19 13:31

「忍たま乱太郎」 第8弾 再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~公開ゲネプロ写真&キャストコメント到着!

画像2

ミュージカル「忍たま乱太郎」 第8弾 再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~の公開ゲネプロ&囲み取材が行われました!

 

【キャストコメント】
<久々知兵助役 山木透>
全てのシーンが見どころです!キャラクターに対して、1人1人のアプローチの仕方が高いクオリティで行われていて、さらにパワーアップしています。僕は、ステージで初めて歌を歌ったのが、この忍ミュでした。いいものに仕上げてきました。初演とはステージ、演出、キャストも変わりましたので“新しいもの”として、ぜひ観ていただきたいです!

<尾浜勘右衛門役 佐藤智広>
尾浜勘右衛門がどんな役割を持っているのかを考え、どう表現するのか、お芝居を課題に作り上げてきました。今回会場が変わったことにより、セット組みも少し違うので、そんなところも見どころの1つです。

<不破雷蔵役 吉田翔吾>
初演を超えてやるぞ!という意気込みで挑んでいます。初演の時は、会場がシアターGロッソで平場があまりなかったのですが、今回は舞台のセットや高さが変わり、空間を活かしたアクロバットが見どころです。ぜひ注目していただきたいです!
続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-16 16:00

大きな虹のあとで~不動四兄弟~ 市川知宏×山本涼介 のコメントが到着!

画像1
入江甚儀、市川知宏、竜星涼、山本涼介が兄弟役で初共演する舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」。
いよいよチケット一般発売に先駆け、主演の市川知宏、山本涼介からメッセージが届きました!

 

市川「前回のインタビューの時、「稽古が始まるまでに勉強はもちろん、資料館や記念館など実際に足を運んで少しでも体感しようと思います」と話しましたが、先日、鹿児島にある知覧特攻平和会館に行ってきました。話には聞いていましたが、展示されている特攻隊の方の手紙を読むたびに自然と涙が出て止まらなくなってしまいました。実在した人たちの遺品や家族に宛てた遺書などを目の当たりにして、数十年前に起こった出来事が現実なんだということを僕自身あらためて実感しました。僕らよりも若い彼らがどんな想いでこの手紙を書いたのか、文字から伝わってくるものがありましたし、海に沈んでいたゼロ戦を引き上げて展示しているのを見て“これに乗って飛び立ったんだ”と思うと正直怖くなりました。自分がまさにその役を演じることになるので、以前にも増してこの作品に向き合う“責任”も強く感じました。」

山本「稽古が始まるまでの間、今は4人とも勉強はもちろん、資料館に足を運んだり戦争体験者の方のお話を伺ったり、みなさんに伝えるべきものが何なのかを探しながらそれぞれ準備をしている段階です。」
続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-15 00:00

ミュージカル「ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜」
吉田鋼太郎が語る!

吉田鋼太郎

主人公の父親役・吉田鋼太郎がその魅力を語る!

 

 世界を魅了した愛すべきミュージカル『ビリー・エリオット』がこの夏、待望の日本初上陸を果たす。2000年に公開された映画版(邦題は『リトル・ダンサー』)を、2005年にスティーブン・ダルドリーが演出を、そしてエルトン・ジョンが楽曲を手がけてミュージカル化。ロンドン、ニューヨークなど世界各地で上演され、既に1000万人以上の観客の心を動かしてきた。
 いよいよ7月19日[水]に開幕する日本版では主人公のビリー役を始め、全役オーディションを実施。まさにハイレベルの実力派揃いの中でビリーの父親役に扮するのは、舞台に映像にと大活躍中の吉田鋼太郎だ(益岡徹とWキャストで出演)。「この『ビリー・エリオット』は僕が今まで観たミュージカルの中で一番面白いミュージカルでした」と公言する吉田、ビリーの父を演じるにあたっては「前半はビリーに厳しく怖いお父さん、後半はビリーの一番の理解者になる優しいお父さん。振れ幅が広い役なので、さらにそれを広くし、愛と厳しさとその変化をがっつり出して演じたいです」と語っている。 続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-12 17:02

「TOKYO TRIBE」井上三太、伊藤今人(梅棒)、KEN THE 390よりコメントが到着!

画像

「TOKYO TRIBE」井上三太、伊藤今人(梅棒)、KEN THE 390よりコメントが到着!

 

<原作者・井上三太より>
自分で描いた作品、世界が、ステージ化されるのはすごく興奮します!
Liveでぜひ皆さま体感してください!!      井上三太 Santa Inoue

 

<演出・伊藤今人(梅棒)より>
漫画や映画は、一瞬で時代を超えたり、一瞬で場面を切り替えたりする表現も自由自在にできます。でも舞台はそうはいきません。空間を動かして時間の経過などをお客さんに感じてもらうわけですが、それが舞台の難しさでもあり面白さでもあると僕は思っています。
今回、素敵なシンガーの方、ラッパーの方もいらっしゃるので、その音楽的要素を交えつつ、場面や人々の心情が変わっていく様を舞台ならではのやり方で描きたいと思っています。
そのキャストの話題性だけじゃなく、こんな素晴らしい人たちが集まって息の合ったコンビネーションで作り上げられた作品だと思ってもらいたいですし、思わせたいです。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-22 13:33

平成ライダー、刀を握れっっ!! 東映時代劇×特撮ヒーローで魅せる、新感覚殺陣舞台 舞台「警視庁抜刀課」 公開稽古&囲み取材 オフィシャルレポート!

画像4

「客席に汗を飛び散らすほどに」(中村)
「生でしか味わえないものを」(井上)
「癒しポイントになります」(岩田)

 

19日(金)、開幕を目前に控えた舞台「警視庁抜刀課」の公開稽古・囲み取材が行われ、中村優一(『仮面ライダー電王』)や井上正大(『仮面ライダーディケイド』)らが報道陣の前で刀を握り、殺陣シーンをはじめとする稽古の様子を披露した。
月刊バーズにて大好評連載中「警視庁抜刀課」が早くも舞台化!増え続ける刀による犯罪から市民を守るべく、警視庁の一角に新たに設置された銃刀特別対策課、通称・抜刀課。そのエースである切通と架光は、今日も刀を携え奔走する。
W主人公には、「仮面ライダー電王」で仮面ライダーゼロノスを演じた中村優一、「仮面ライダーディケイド」で仮面ライダーディケイドを演じた井上正大の『W平成ライダー』を起用。さらに、2.5次元舞台で人気を博す山本一慶や星元裕月、「特捜戦隊デカレンジャー」でデカグリーンを演じた伊藤陽佑、元AKB48の岩田華怜など豪華キャストが脇を固める。
そして殺陣師として、東映京都撮影所で20年、日本の時代劇の最先端を走り続けた青木哲也氏を招聘。『時代劇の東映』だからこそ作れる、本物の殺陣で、今まで誰も見たことのない重厚なアクションを展開する。
続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-05-22 11:14

森昌子とA.B.C-Zの河合郁人の主演舞台、音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう~の製作発表が行われました!

画像
前列左から:上原多香子、森 昌子、湖月わたる
後列左から:井筒和幸、小川菜摘、前田 吟、生島ヒロシ

音楽喜劇「のど自慢」~上を向いて歩こう~制作発表よりキャストコメントが到着!

赤城麗子(あかぎ れいこ)役 
森 昌子(もり まさこ)さん
「芯の強い女性を演じます。本家ののど自慢にも数え切れないほど出演しているので、本場の雰囲気ですとか、“本気”や“緊張感”を舞台で出していけたら、と思います。真面目にきちっと歌っていきます!がっつり、勝負します(笑)!今回はみなさんの胸を借りるつもりで一生懸命頑張っていまいります。」

赤城麗子のマネージャー、須谷 保(すや たもつ)役
A.B.C-Z(エービーシーズィー) 河合郁人(かわい ふみと)さん
「今回、初の外部舞台での出演。これまで一人での仕事がなかったので、ものすごく緊張していますが、豪華なキャストのみなさんと一緒で安心しています。台本を読みましたが、しゃべる量がとても多いし、普段の自分と似た部分も多そうです。劇中でも歌うかもしれないです。うまいけど、歌手としてはそこまでうまくない。グループでも歌えるけど、そこまで特徴はない、という感じなので似ているかもしれません(笑)。
うちの母親もレイコなので、二人三脚するにはとてもいいと思います!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-12 11:27

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES Ⅱ-Thousand XVⅡ~ゲネプロ写真&囲み取材登壇者のコメントが到着!

画像

新たなレジェンドが此処に降臨!!

品川プリンスホテル ステラボールにて5/11(木)Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES Ⅱ-Thousand XVⅡ~が開幕いたしました。そこで、ゲネプロ写真とキャストのコメントをお届けします!
また、今回のライヴイベントのDVD 情報、ならびに10 月のミュージカル公演の日程・一部キャストを発表いたしました!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-11 18:49

『黒塚家の娘』5月12日(金)いよいよ開幕!
キャストコメントと舞台写真が到着!

画像1

森の奥深くであなたを待つものは・・・!?

日本文学への憧れとリスペクトを込め、シス・カンパニーと劇作家・北村想がオリジナル戯曲をお届けする「日本文学シアター」。これまで、太宰治、夏目漱石、長谷川伸ら近代文学の巨星たちの名作をモチーフに、北村想独特の斬新かつ繊細な感性と軽妙な言葉のマジックが炸裂!演劇ファンの期待度も高い人気シリーズです。
その待望の第4弾『黒塚家の娘』が、風間俊介・趣里・高橋克実・渡辺えり の出演で、 いよいよ5月12日(金)に初日を迎えます!
本作のインスピレーションは、これまでの近代文学から一気にさかのぼり、「安達ヶ原の鬼婆伝説」が由来の能「黒塚」がその源となりました。「え?能?」と後ずさりしそうな皆さんもご心配なく!おぞましいのか、滑稽なのか、一度見たら絶対に忘れられない宣伝ビジュアルの強烈なパワーは、寺十吾の演出の下での約1ヶ月の稽古を経て、益々グレードアップ!幽玄の世界を現代の私たちの心に映す、新たな“ファンタジーホラー”が誕生。ついにその全貌が明らかになります!つきましては、本公演の公式舞台写真を開幕に先がけてお届けいたします。是非、この森の奥深くに眠る黒塚家の謎を探しに劇場へお越しください!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-02 15:17

「オーランドー」白井晃演出で待望の日本初演! 時と性を超えるヴァージニア・ウルフの傑作を舞台化!!

オーラント〓ー仮宣材B

一夜にして女性へと変貌し、時を超えて真実の愛を追求する、
美貌の青年貴族オーランドーに多部未華子が挑む!
共演者も時には男性として、時には女性としてオーランドーの数奇な運命の中で巡り合う!小日向文世はエリザベス女王で登場!

 

日本初演となる本作は、20世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの代表作を、1974年生まれのアメリカの劇作家サラ・ルールが翻案。サリー・ポッター監督の映画「オルランド」(1992年)でも知られる人物オーランドーを、現代的に生き生きと甦らせます。
続きを読む


3 / 1112345...10...最後 »