・NEWS 2017-11-17 04:00

ついに公演詳細&キャスト発表!
ONWARD presents 劇団☆新感線 『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』 Produced by TBS

極1

もうひとつの『髑髏城の七人』が誕生、奇しき縁に結ばれた男と女の愛憎劇!!

IHIステージアラウンド東京での約1年続いたロングラン公演、劇団☆新感線『髑髏城の七人』“Season花・鳥・風・月”。劇団史上初の試みとなるダブルチーム制での上演となる“Season月”の開幕を目前に控え、いよいよ最終を飾る“Season極”が始動いたします。

物語も一新、主演に天海祐希を迎え、新感線の看板俳優・古田新太が迎え撃つ、『髑髏城の七人』でありながら、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”が出来上がりました。新たに紡ぐ物語を『修羅天魔(シュラテンマ)』と題し、作品世界の想像をかき立てます。
完全新作となる本作は、天海演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の<極楽太夫>、古田演じる<天魔王>の二人の愛憎劇。これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれます。
天海、古田と共に、新生『髑髏城の七人』に挑むキャストには、いのうえ演出は『サイケデリック・ペイン』以来2度目、劇団☆新感線には初参加となる福士誠治、同じく初参加の竜星涼、新感線初の本格派時代劇『乱鶯』以来2度目の参加となる清水くるみ、2004年上演の「アオドクロ」に出演の三宅弘城、「アカドクロ」に出演の山本亨は共に14年ぶりに『髑髏城の七人』へ、そして2017年6~9月に同劇場で上演した“Season鳥”では狸穴二郎衛門役で出演した梶原善の出演が決まりました。

IHIステージアラウンド東京で上演する『髑髏城の七人』シリーズ最後の作品となる本公演にどうぞご期待ください。

続きを読む


・NEWS 2017-11-13 13:45

劇団3年ぶりの新作ついに開幕!ナイロン100℃ 44th SESSION『ちょっと、まってください』舞台写真が到着!

DFC_0251
11月10日(金)下北沢 本多劇場にて、来年25周年を迎える劇団ナイロン100℃の第44回公演『ちょっと、まってください』が開幕した。

『ちょっと、まってください』は、劇団公演としては3年ぶりの新作となり、ナイロンファン待望の公演。
三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ、村岡希美…といった劇団の主力俳優が集結、水野美紀、遠藤雄弥、マギーという実力派客演陣が加わり、キャストをみるだけでも層の厚さに期待が高まる。
『グッドバイ』『8月の家族たち August:Osage County』『キネマと恋人』『陥没』など演劇界で話題となった作品を次々と発表し、近年賞を総なめにしている作・演出のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、自身のホームである劇団で、今自分が一番やりたい事を、KERA作品の神髄を表現出来る鉄人メンバーで上演するとあって注目が集まる。
続きを読む


・NEWS 2017-11-10 18:30

2018年、ナイロン100℃創立25周年!記念イヤーに4月と7月に本公演上演決定!

25years flyer omote

劇団ナイロン100℃が、25周年を迎える。
ナイロン100℃は、劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が主宰し、1993年に結成された劇団。
現在も活躍中の劇団員には、犬山イヌコ、みのすけ、峯村リエ、三宅弘城など、ナイロン100℃の前身「劇団健康」時代から25年以上、在籍し共に歩んで来たメンバーもいる。

続きを読む


・NEWS 2017-11-09 18:00

ふたり芝居「悪人」が、来春2018年3,4月公演決定!公演概要+コメントが到着!!

「悪人」キービジュアル

あの人は悪人やったとですか!?
原作は、芥川賞作家・吉田修一の代表作にして、250万部を記録した超ベストセラー「悪人」。2010年公開の同名映画(李相日 監督/妻夫木聡、深津絵里 出演)では、原作者自身が脚本参加し、国内外で高い評価を得た。吉田修一デビュー20周年の年、新たな視点による「悪人」の世界が、ふたり芝居として誕生する。

台本・演出を務めるのは、2016年に2作のふたり芝居(「乳房」伊集院静 原作/内野聖陽、波瑠出演、「檀」沢木耕太郎  原作/中井貴一、宮本信子 出演)を手がけ、高い評価を得た合津直枝。「光代をもう少しだけ救ってやりたい」という思いで書き上げた上演台本に吉田が共感し、舞台化が実現した。

続きを読む


・NEWS 2017-11-08 17:15

「ジョンソン&ジャクソン」2018年6,7月 新作公演決定!大倉孝二、いとうせいこうよりコメントが到着!!

J&J
俳優 大倉孝二と、劇作家・演出家 ブルー&スカイのコンビネーション 「ジョンソン&ジャクソン」2018年6,7月 新作公演決定!いとうせいこう、池谷のぶえが参戦!

「ジョンソン&ジャクソン」は俳優・大倉孝二と、劇作家・演出家のブルー&スカイによる演劇コンビネーションだ。大倉の所属する劇団・ナイロン100℃の番外公演として上演された『持ち主、登場』で作・演出の共作経験を経てコンビ構想をスタートさせ、2014年初回公演『窓に映るエレジー』、2016年第二回公演『夜にて』、と大倉孝二とブルー&スカイが信頼を寄せる魅力的なキャストが集い公演を行ってきた。
“役にたたない演劇”と称し、ナンセンスでくだらない作風を、実力派俳優たちが、全力の悪ふざけのように、生き生きと演じる姿が、なんとも癖になる公演シリーズだ。
そのジョンソン&ジャクソンが、2018年6,7月に再び帰ってくる。 続きを読む


・NEWS 2017-11-06 12:02

株式会社キューブ所属若手俳優のサポーターズクラブが誕生!12月17日、発足お披露目イベント開催!!

cube

12月17日(日)、『キックオフトークイベント』開催決定!

生瀬勝久、古田新太、藤木直人、いきものがかり等が所属し、実力派俳優が多く所属する芸能プロダクション・株式会社キューブが、次世代を担う若手俳優陣のサポーターズクラブを発足することを発表した。来る12月17日に渋谷・CBGKシブゲキ‼にて、“キューブ若手俳優サポーターズクラブ発足記念!!『キックオフトークイベント』”として、お披露目イベントを開催する。

現在キューブには、TVドラマ『愛してたって、秘密はある。』『明日の約束』他ドラマや舞台に出演しブレイク中の白洲迅、唯一無二の個性でバラエティでブレイク、映画・ドラマ・舞台で活躍中の加藤諒、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー‼』で人気キャラクター音駒高校・狐爪研磨を演じ人気急上昇の永田崇人、同じく『ハイキュー‼』出演中の川原一馬、冨森ジャスティン、金井成大、ミュージカル『テニスの王子様』に主演・越前リョーマ役で出演中の阿久津仁愛、忍足侑士役の井阪郁巳、TVドラマ『弱虫ペダル』出演の木戸邑弥、等々…、ドラマ、映画、舞台、様々な分野で活躍中の俳優をはじめとし、成長著しいフレッシュな若手俳優たちが多く所属する。

そのキューブ所属若手俳優が一同に集結するプロジェクトが、2018年から新たに始動、サポーターズクラブが生まれる。12月17日のイベントでは、サポーターズクラブの詳細や活動内容を発表する予定だ。イベント参加者には、当日、お土産と、各回出演者とのハイタッチ会、フォトタイムの特典が予定されている。
満を持して誕生する、キューブ若手俳優達のプロジェクトに注目したい。

続きを読む


・NEWS 2017-11-06 11:17

少年社中20周年記念第一弾 少年社中×東映 舞台プロジェクト 「ピカレスク◆セブン」キービジュアル解禁&一部配役発表!

ps7
©少年社中・東映

2018年1月、誰も観たことがない“ダークヒーロー”が誕生する!

2018年1月6日(土)から1月15日(月)までサンシャイン劇場(東京都豊島区東池袋)と、1月20日(土)・21日(日)サンケイホールブリーゼ(大阪市北区梅田)、1月27日(土)岡崎市民会館 あおいホール(愛知県岡崎市六供町)にて上演します舞台「少年社中×東映 舞台プロジェクト『ピカレスク◆セブン』」のキービジュアルの解禁と同時に、一部配役を発表いたします。この物語の二人の主人公、“マクベス”と“トクガワイエミツ”、そして、冥府より蘇りしかつての王“トクガワイエヤス”。その3役の配役が今回、初公開となります。
ピカレスク◆セブンの一員でもあり、過去のトラウマに縛られながらもこの世界の王の座を狙おうとする “マクベス”を演じるのは鈴木勝吾。この時代の将軍でありながら、自らが蘇らせた祖父でもあるトクガワイエヤスによって将軍の座と天下の泰平を奪われた男“トクガワイエミツ”を演じるのは宮崎秋人。そして、冥府より蘇った「東照大権現・トクガワイエヤス」を演じるのは大高洋夫。演劇界注目の若手2人が、今作における二人の主人公を演じ、少年社中の先輩劇団となる“第三舞台”の旗揚げメンバーでもある大高洋夫が神を名乗り欲望のままにすべてを手に入れようとする今作における“悪”の代表の一人を演じます。 “登場人物、全員、悪者”のピカレスクロマン作品となる本作。それぞれの役が背負いし“悪”とそれぞれが掲げる“正義”が交錯・対立し、重厚な物語、ドラマを構成していきます。2017年2月より放送が開始された「宇宙戦隊キュウレンジャー」の脚本(メインライター)を務めつつ、本作の演出・脚本を手掛ける劇団主宰の毛利亘宏が描く“悪の祭典”、20周年を迎える自分自身のホームグラウンドである劇団で描く“ダークファンタジー”にご期待ください。
幻想的かつ不可思議なビジュアルや演出、さらに思いもよらぬ展開と結末。20周年を迎える劇団「少年社中」が魅せる舞台、観る者の五感を刺激する新たなエンターテインメント作品をぜひ劇場でお楽しみください。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-31 19:12

2018年2月 舞台『密やかな結晶』上演決定!公演概要と、出演者からのコメントが到着!!

集合ver

―あなたを守るのは、わたし。石原さとみ 4年ぶり待望の舞台出演で、 小川洋子の小説に“小説家役”で挑戦!

有機物であることの人間の哀しみを見つめ、現代の消滅、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く長編小説『密や かな結晶』。この小説の舞台化に挑むのは、人生と人間への愛を、笑いも苦しさも悲しみも喜びも一つの作品で芸術的に 表現をする、鄭義信。傑作小説を独自の解釈で、演劇的に昇 華させます。主演は、近年ドラマ・映画など数多くの話題作で活躍する石原さとみ。4年ぶりに待望の舞台出演を果たします。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-30 15:25

Japanese Musical『戯伝写楽 2018』メインビジュアル解禁!&出演キャストよりコメント映像が到着!

sharaku flyer omote
2018年1月12日(金)より東京芸術劇場プレイハウスで開幕し、久留米 、名古屋、兵庫で上演される、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』のメインビジュアルが公開となった。

たった10ヶ月の間に、145点余の作品を残し忽然と消えた浮世絵師・東洲斎写楽。
「写楽は女だった・・・?!」という大胆な着想から、写楽の謎に迫り、 喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、太田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に、才を競い熱く生きた芸術家達の姿を、中島かずき・作、立川智也・音楽の オリジナル・ミュージカルとして2010年初演、大好評を得た『戯伝写楽』。
8年の歳月を経て、新たに、演出に河原雅彦、作詞に森雪之丞を迎え、新版、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』として帰ってくる。

続きを読む


・NEWS 2017-10-27 18:07

「Nostalgic Wonderland♪」開催決定!!

NW1
大好評「恋するブロードウェイ♪」が新たに魅せる

「Nostalgic Wonderland♪」開催決定!!

次世代のミュージカルスターを目指す若手俳優たちがミュージカル・ナンバーを惜しみなく披露することで毎回大好評の「恋するブロードウェイ♪」シリーズ。新たに「Nostalgic Wonderland♪」の開催が決定した。

続きを読む


2 / 2712345...1020...最後 »