・NEWS 2017-05-19 10:51

生中継!「第71回トニー賞授賞式」スタジオパフォーマンス決定!

トニー
ミュージカル「ビリー・エリオット」の出演者と ミュージカル「ビューティフル」水樹奈々、平原綾香!!

 

WOWOWでは、演劇、ミュージカルの世界における世界最高峰のトニー賞授賞式の模様を、6月12日(日本時間)に生中継する。アメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催される、第71回トニー賞授賞式。アメリカ演劇界で最も権威のある賞とされており、該当期間中にニューヨークのブロードウェイで上演された演劇、ミュージカル作品を対象に贈られる賞で、まさに1年のブロードウェイを総括するアウォード。
授賞式の見どころは、賞レースの行方だけではない。毎回、司会はアメリカ有数のエンターテイナーが担当。今回の司会は、ケヴィン・スペイシー。物議が絶えないトランプ大統領が就任して初めてのトニー賞だけに、司会がその点にコメントするのかどうか注目が集まる。また、舞台上では、豪華スターの競演による圧巻のパフォーマンスが展開され、授賞式自体がクオリティーの高いショーになっている。
日本のスタジオでも、パフォーマンスをお送りする。

続きを読む


・NEWS 2017-05-16 11:17

世田谷パブリックシアター開場 20 周年記念公演『子午線の祀り』 野村萬斎による新演出、新キャストにより、今夏、あらたな幕を開ける !

子午線の祀り画像

「見るべき程のことは見つ。今は自害せん」
「平家物語」に題材をとった木下順二の不朽の名作が、世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎による新演出、新キャストにより、今夏、あらたな幕を開ける !

 

『子午線の祀り』は、「平家物語」を題材に「天」の視点から人間たちの葛藤を描き、平知盛や源義経を始めとする源平合戦にかかわった登場人物たちを躍動感をもって浮き彫りにし、心理描写も巧みな壮大な歴史絵巻に仕立て上げました。また日本語の「語り」の美しさと荘厳な響きを引き出す「群読」という独特な朗誦スタイルが随所に用いられ、演劇史に確固たる地位を築いてきた傑作です。(78 年度読売文学賞受賞)
能・狂言、歌舞伎、現代演劇で活躍する俳優、スタッフがジャンルを越えて創り上げ、日本演劇史をひとつの作品で体現する唯一無二の舞台として、高く評価されてきました。
その伝説的な舞台が、芸術監督・野村萬斎の新演出により、今夏あらたなステージへ踏み出します。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-12 11:27

Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES Ⅱ-Thousand XVⅡ~ゲネプロ写真&囲み取材登壇者のコメントが到着!

画像

新たなレジェンドが此処に降臨!!

品川プリンスホテル ステラボールにて5/11(木)Live Musical「SHOW BY ROCK!!」~THE FES Ⅱ-Thousand XVⅡ~が開幕いたしました。そこで、ゲネプロ写真とキャストのコメントをお届けします!
また、今回のライヴイベントのDVD 情報、ならびに10 月のミュージカル公演の日程・一部キャストを発表いたしました!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-11 18:49

『黒塚家の娘』5月12日(金)いよいよ開幕!
キャストコメントと舞台写真が到着!

画像1

森の奥深くであなたを待つものは・・・!?

日本文学への憧れとリスペクトを込め、シス・カンパニーと劇作家・北村想がオリジナル戯曲をお届けする「日本文学シアター」。これまで、太宰治、夏目漱石、長谷川伸ら近代文学の巨星たちの名作をモチーフに、北村想独特の斬新かつ繊細な感性と軽妙な言葉のマジックが炸裂!演劇ファンの期待度も高い人気シリーズです。
その待望の第4弾『黒塚家の娘』が、風間俊介・趣里・高橋克実・渡辺えり の出演で、 いよいよ5月12日(金)に初日を迎えます!
本作のインスピレーションは、これまでの近代文学から一気にさかのぼり、「安達ヶ原の鬼婆伝説」が由来の能「黒塚」がその源となりました。「え?能?」と後ずさりしそうな皆さんもご心配なく!おぞましいのか、滑稽なのか、一度見たら絶対に忘れられない宣伝ビジュアルの強烈なパワーは、寺十吾の演出の下での約1ヶ月の稽古を経て、益々グレードアップ!幽玄の世界を現代の私たちの心に映す、新たな“ファンタジーホラー”が誕生。ついにその全貌が明らかになります!つきましては、本公演の公式舞台写真を開幕に先がけてお届けいたします。是非、この森の奥深くに眠る黒塚家の謎を探しに劇場へお越しください!

続きを読む


・NEWS 2017-05-11 14:15

やなぎみわステージトレーラープロジェクト2017『日輪の翼』 
概要&コメントが到着!

画像

やなぎみわステージトレーラーが京都へ凱旋!

台湾で出会った移動舞台車(ステージトレーラー)に魅せられ、舞台車での演劇公演を企てたやなぎは、まず2014年の横浜トリエンナーレで、自らがデザインし輸入したステージトレーラーを発表、続いてPARASOPHIA:京都現代芸術祭2015のオープニングでは二条城をバックにポールダンス公演、京都市美術館前での「キャバレーナイト」「中上健次ナイト」を上演。そのステージトレーラーを用いて試行錯誤を重ね『日輪の翼』上演へ向け準備を進めてきました。
昨年、横浜、新宮、高松、大阪と4都市公演を巡回、今年は城崎国際アートセンターでの滞在制作を経て、東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」の出店作品として、満を持して京都公演を実施いたします。

続きを読む


・NEWS 2017-05-08 21:27

AI「ドラムストラック」の 10周年記念アンバサダーに就任!

画像1
 

AI「伝説NIGHT  II」でドラムストラックとコラボ ニューヨークを席巻した「ドラムストラック」の 10周年記念アンバサダーに!
ドラムストラックの公演に楽曲提供も決定!
AI「私のツアーに全部一緒に回ってほしい!」

 

フジテレビジョン、ホリプロ、WOWOWの主催で、毎年夏に公演を行ってきた「ドラムストラック」 が、今年記念すべき日本公演10年連続10周年を迎え、 8月16日(水)~27日(日)に天王洲銀 河劇場で上演いたします。その10周年を記念して、アーティストAIとのコラボが決定!AIがドラムストラックの10周年記念アンバサダーに就任し、ドラムストラックへ楽曲を提供します。この楽曲は、今年の「ドラムストラッ ク」ジャパンツアーの公演内で、アフリカ人キャストによりパフォーマンスされます。
また、 そのアンバサダーの就任発表として、5月6日(土)、AIが主催したイベント「AI Presents 伝説NIGHT II」のアンコールでドラムストラックのパフォーマーがゲスト出演し、2010年 南アフリカでのFIFAワールドカップの公式ソング「Wavin’ Flag」でコラボレーションしました。

続きを読む


・NEWS 2017-05-02 16:56

ナイロン100℃再始動!3年ぶりの新作書き下ろし!
ナイロン100℃ 44th SESSION『新作(タイトル未定)』出演者発表!

画像2

2015年「消失」公演からおよそ2年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ率いるナイロン100℃が再始動します。

 

2014年「社長吸血記」以来3年ぶりの新作書き下ろしとなる本作には、劇団員の三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ、村岡希美、藤田秀世、廣川三憲に加え、客演に水野美紀、遠藤雄弥、マギーを迎えます。
ホームグラウンドの下北沢 本多劇場をかわきりに各地を巡演。東京公演チケット発売開始は2017年9月9日(土)予定です。
詳しいチケット取扱や公演詳細は続報をお待ちください!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-05-02 15:17

「オーランドー」白井晃演出で待望の日本初演! 時と性を超えるヴァージニア・ウルフの傑作を舞台化!!

オーラント〓ー仮宣材B

一夜にして女性へと変貌し、時を超えて真実の愛を追求する、
美貌の青年貴族オーランドーに多部未華子が挑む!
共演者も時には男性として、時には女性としてオーランドーの数奇な運命の中で巡り合う!小日向文世はエリザベス女王で登場!

 

日本初演となる本作は、20世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの代表作を、1974年生まれのアメリカの劇作家サラ・ルールが翻案。サリー・ポッター監督の映画「オルランド」(1992年)でも知られる人物オーランドーを、現代的に生き生きと甦らせます。
続きを読む


・NEWS 2017-04-24 14:31

「情熱大陸」で話題のMIKIKO(演出振付家)が NYで一番影響を受けた作品とは!?
フエルサ ブルータ芸術監督ディキ・ジェイムズとの対談

画像5
          (写真:GEKKO)

二人に共通する演出への情熱とは!?

世界30カ国・60都市以上、500万人以上の観客を魅了し、世界中を熱狂の渦に巻き込んでいる「フエルサ ブルータ」。「日本」にインスパイアを受けた芸術監督のディキ・ジェイムズが、世界初となる最新バージョン「WA!」を創り上げるという、この壮大なプロジェクトは、構想に10年かかり、満を持してこの夏上演される。

そんな世界が注目する公演を前に、本作の演出家ディキ・ジェイムズと日本を代表する演出振付家MIKIKO の対談が実現!!ニューヨークで初めて観た「フエルサ ブルータ」に感銘を受けたというMIKIKO。現在Perfumeの振付やライブ演出をはじめ、近年一世を風靡した「恋ダンス」の振付やPVやCM、舞台と、飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍している彼女は、先日放送された「情熱大陸」でも大きな反響を呼んでいる。

今回この対談が行われたのは、昨年12月。ディキ・ジェイムズが本作のオーディションのために来日した際に実現した。二人に共通する演出への情熱とは!?さらに3日間に渡るオーディションで選ばれた日本人キャストについても語った。

続きを読む


・NEWS 2017-04-17 11:44

舞台「警視庁抜刀課 vol.1」追加キャスト発表!キャラクタービジュアル解禁!

岩田
 

元AKBトップアイドルと、平成ライダー、夢の共演?!
AKBトップアイドルから本格女優へ!? 刀に憑りつかれた女子高生役に、岩田華怜!!

本作のテーマである「刀」の恐ろしさに苦しむ女子高校生・六人部真名 役を、岩田華怜(いわた かれん)が演じます。2011年2月、AKB48第12期研究生オーディションに合格し、 翌年、チームAへ13歳という当時「最年少記録」で昇格。テレビアニメ「AKB0048」では、主人公の9名の声優選抜入りを果たすなど、トップアイドルとしての名声を確立しました。2016年、惜しまれながらもAKBを卒業し、女優業へ転身。舞台「ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016」や映画「殿、利息でござる!」などの話題作へ数多く出演し、ミュージカル「マリアと緑のプリンセス」では主人公・マリアを演じ、好評を博しました。絶大な人気と実力を兼ね備えた岩田がどのように「刀の恐ろしさ」を表現するのか、是非ご期待ください。

続きを読む


2 / 1812345...10...最後 »