・NEWS 2017-07-02 17:00

愛に溢れる季節 再び —2016年は完売御礼。
熱いご要望にお応えして 2018年夏、再来日決定!
ブロードウェイミュージカル「レント」来日公演2018

RENT画像

2016年には連日ソールドアウト、エネルギー溢れる新キャストで日本を大熱狂させた
ブロードウェイの永遠の傑作ミュージカル「レント」が再び日本を震わせる!

96年にNYの小劇場でオープン後、わずか2ヶ月でブロードウェイに進出。ピューリッツァー賞、トニー賞、オビー賞など各賞を総なめにし、世界中にレントヘッズと呼ばれる熱狂的ファンを生んで、まさにミュージカルの歴史を変えたRENT。プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』をもとに、エイズ、ドラッグ、同性愛、友の死…様々な問題を抱えながらも夢を諦めず懸命に生きる若者たちの姿を描いたストーリーと、それを包み込む美しい音楽は、世界中の人々に生きる勇気と希望を与えた。
 昨年2016年に初演から20年を記念して開催された来日公演では、連日ソールドアウトで大熱狂。新世代のエネルギー溢れるキャストで大絶賛をあびたオリジナル演出版が早くも2018年、再来日決定!
あの愛に包まれる感動が、再び日本上陸!

続きを読む


・NEWS 2017-06-30 14:52

音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』初日ゲネプロ・囲み取材レポートが到着!

画像

音楽喜劇『のど自慢~上を向いて歩こう~』の公開ゲネプロが29日東京国際フォーラム ホールCにて行われ、森昌子、河合郁人(A.B.C-Z)、監修・演出の井筒和幸が取材に登場した。

同作は1999年に公開された映画『のど自慢』をベースに音楽喜劇として舞台化。売れない演歌歌手・赤城麗子(森昌子)とそのマネージャー・須谷保(河合郁人)を中心に描かれる人間模様や、人気歌番組「のど自慢」に出るために奮闘する人々の様々な想いを描いたハートウォーミングストーリー。劇中では、『せんせい』や『越冬つばめ』といった森昌子自身の曲をはじめ、多くの名曲が散りばめられ舞台を彩る。

32年ぶりの主演舞台となる森は、「緊張する」「共演者のみなさんが親切に介護してくださるから……」と話すと、すかさず河合が、「エスコートです、エスコート!」と笑顔で重ねた。井筒監督も「こんなにあっという間の楽しい3時間はない。いい気晴らしになるのでぜひ観てほしい」と意気込んだ。
続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-27 19:58

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS プレスコールの模様とキャストコメントが到着!

IMG_0816

本日6/27(火)シリーズ第2弾
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 ついに開幕!
開幕に先駆けて行われたプレスコールの模様をお届けします!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-27 18:08

NINAGAWA・マクベス 香港公演千秋楽!!市村正親&田中裕子のコメントが到着!

2

ニナガワが魂を込めた最高傑作が再び蘇る!!
ニナガワが熱望していた世界公演へ!そして日本凱旋公演!

 

1985年エジンバラ (イギリス )で上演されて以降、世界でNINAGAWAの 名声を不動にした作品がこの「NINAGAWA・マクベス」です。
蜷川氏がご逝去されても尚、公演を熱望追悼という形で英国決定。更に2014年秋、蜷川さんが香港で倒れた際、現地の関係者に大変お世話になったため、「その恩返しをたい」と考えており、そこで 実現したのが「NINAGAWA・マクベス」の香港での公演です。この度蜷川幸雄一周忌追悼公演として、香港で6月23日~25日に行われ、本日、香港公演千秋楽を迎えました。
カーテンコルでは満員のお客様がオスタディグ熱い拍手を贈ってくださました。香港でオールでオールスタンディグはとても珍しいそうです。作品の素晴らしさや蜷川さんへのリスペクトを強く感じることができました。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-06-23 10:46

いよいよ本日開幕!「MOJO」ゲネプロレポート&コメントが到着!

1
イギリス演劇界最⾼の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた伝説の舞台「MOJO(モジョ)」が、最強のキャストを擁してついに日本初演!ぜひご期待ください。

 

【コメント】

-TAKAHIRO-
今回、この「MOJO」で舞台に初挑戦します。みんなで稽古を積み重ねてましたが「スリル」と「笑い」が⼊り混じった良いものをお届けできる舞台になっていると思います。明⽇23 ⽇からの本番、必死にがんばります。

続きを読む


・NEWS 2017-06-16 15:33

生田斗真 菅田将暉 初共演で贈る 世界が愛した傑作戯曲!「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

タイトル

現代演劇界の至宝・サー・トム・ストッパードの出世作『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で、生田斗真 と 菅田将暉 が初共演!
次代を担う気鋭の演出家・小川絵梨子と共に、世界的戯曲に挑む!

シェイクスピアの悲劇「ハムレット」の最後の最後で、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ・・・」の一行だけで片付けられてしまった、憐れな2人組「ロズとギル」。本家ハムレットでは、どうあがいても日の目を見ることのない影の薄い2人組を、堂々の主人公に引っ張り出した、いわば『ハムレット』のスピンオフ戯曲!
初演から50年の時を経ても色あせない、巨匠トム・ストッパードの知的遊び心が盛りだくさんの傑作戯曲が、興奮の顔合わせで、この秋、上演決定!

続きを読む


・NEWS 2017-06-13 13:35

チケット即完!早くも話題沸騰!!
TRUMPシリーズ最新作「グランギニョル」

画像
2019年に10周年を迎えるTRUMPシリーズ。
シリーズ最新作『グランギニョル』が、この夏新たな伝説を生む――。

現在上演中の舞台『刀剣乱舞』の脚本・演出でも評価の高い劇作家・末満健一が、ライフワークとして掲げる演劇公演TRUMPシリーズ。
2009年の初演から様々なプロデュースで再演を重ね、また『LILIUM-リリウム少女純潔歌劇-』、『SPECTER』といった関連作品も生まれた。
確立された世界観と作品を超えてリンクする伏線、綿密に練られた脚本が好評を博し、上演ごとに完売公演続出のヒットシリーズになっている。

続きを読む


・NEWS 2017-06-09 18:29

ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』
公演レポート&コメントが到着!

画像1

ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』6/8(木)ついに開幕!!

今では一般的になりつつある【STAGE(芝居)×LIVE】の二部構成舞台の先駆けであり、これまで「少年ハリウッド」「プレゼント◆5」「三日月」「CHaCK-UP」といったグループを世に送り出した、アイドルステージ第4 弾となる「アンプラネット」。CHaCK-UP の弟分である彼らの主演舞台である、ミュージカライブ『アンプラネットーボクの名はー』では、加藤真央や鳥羽潤など、多彩な地球人をゲストに招いています。

 

続きを読む


・NEWS 2017-05-29 11:29

「アイ★チュウ ザ・ステージ」 公開制作発表会にて『華房 心 役』キャスト発表!!

画像2

現在100 万ダウンロードを突破した、恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」が待望の舞台化。「アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway toÉtoile(ステアウェイ トゥエトワール)~」の公演に先駆けて、5 月25 日(木)池袋サンシャインシティ噴水広場にて公開制作発表会が開催された。

 

会場にはサイリウムを持ったファンが詰めかけた。今年1 月に「アイ★チュウ ザ・ステージ」を発表した際のキャストお披露目の映像が流れると、黄色い声が響き、期待の高さが伺える。その後、F∞F(ファイアーフェニックス)の飯山裕太(愛童 星夜役)、丸目聖人(湊 奏多役)、小波津亜廉(御剣 晃役)が扮装姿で登場し、3 人で華麗なパフォーマンス。
続きを読む


・NEWS 2017-05-26 19:35

日本総合悲劇協会 Vol.6 「業音」 15年前の 初演舞台写真&2017 年版主演女優の平岩紙からコメントが到着!

画像1

介護、 売春、 エイズ、 宗教問題…
現代社会が抱える問題を余すところなく描き、
悲劇性と喜劇性が見事に融合した
松尾スズキの伝説的な作品が15年ぶりに封印が解かれる─!

限りなく深い人間の”業“の闇…。 演歌歌手として再起を目指す元アイドルを主人公に、
不幸が不幸を呼び、負の連鎖が奇怪にうねっていく…。
15年前に初演された衝撃の問題作が、2017年8月に蘇る!

続きを読む


3 / 2112345...1020...最後 »