・NEWS ・取材してきました! 2017-10-13 17:21

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第55回本公演 「カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~」ついに開幕!! ゲネプロ写真公開!!

casino3

10月12日、池袋のサンシャイン劇場で劇団SET第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!!」の公開ゲネプロが行われ、三宅裕司と小倉久寛が囲み取材に応じた。

今回の舞台は昨年カジノ法案が可決したことをうけて、京都を舞台にカジノを誘致しようとする京都市長(三宅)と、それを助ける芸者の置屋のボス(小倉)が大きな陰謀に巻き込まれるというストーリーになっており、この舞台のために今年の初めから劇団員が日舞などの稽古に臨んで習得した「和」の要素が入ったダンスシーンなどが公開された。

続きを読む


・NEWS 2017-10-12 21:32

「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2017」お披露目ミニライブを開催!

c

応援サポーターの本田望結、「トリバゴ」のCMで話題のナタリー・エモンズが登場!

10月11日(水)東急シアターオーブ エントランス特設会場にて「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2017」お披露目ミニライブが行われ、2年連続で応援サポーターを務める女優でフィギュアスケーターの本田望結、ホテルの料金比較サイト「トリバゴ」のCMで話題のシンガーソングライター、ナタリー・エモンズが登場した。

続きを読む


・取材してきました! 2017-10-12 18:39

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』ビジュアル撮影レポート

1

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』
マコト役・
大野拓朗ビジュアル撮影レポート

12月から2018年1月にかけて東京、兵庫で上演される『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』。

原作は、池袋を舞台に起こる様々な事件や、ストリートギャングを始めとする若者たちの葛藤を描いた石田衣良のデビュー作にして代表作のひとつ「池袋ウエストゲートパーク」。
宮藤官九郎が脚本を担当したTVドラマは大ヒットとなり、同時代を生きる若者たちの中で一大ブームを巻き起こした。

伝説的な作品の舞台化にあたり、3年前からワークショップが重ねられ、この度、満を持しての発表となった。

続きを読む


・NEWS 2017-10-11 09:39

今年のハロウィン・パーティは フエルサブルータ「WA!」で決まり!DJnight開催&割引チケット発売!

fbw1

フエルサブルータ「WA!」のハロウィンは
お得で楽しいプランがおすすめ!

夏以来、ロングラン公演を続けているフエルサブルータ「WA!」は、
キャンペーンやシーズンごとのイベントも満載。1 回観たという人も、次に何があるか目を離せない。
そんなフエルサブルータ「WA!」がハロウィンにも、お得で楽しいイベントを提供してくれる。
フエルサブルータの海外公演ではすでに定番になっている「DJnight」がハロウィン・ウィークに、日本公演でもスタートする。
「観客と一緒に作りあげるパフォーマンス」であるフエルサブルータの公演で、「DJnight」は欠かせない企画だ。公演の終演後、DJのプレイが始まり、会場がそのままパーティ会場になる、というものだ。キャストの迫力あるアクション、音、光、水、風と、五感を刺激されるパフォーマンスの余韻の中で始まるDJ プレイを、お酒を飲みながら楽しむ。クラブで夜遊びするのとは違う、芸術作品を静かに観賞するのとも違う、フエルサブルータ作品ならではの参加するエンターテイメントなのだ。

出演DJ が豪華なのは、ハロウィンならではなので、まだフエルサブルータ未体験という人は、公演のチケットで最高のDJ プレイを楽しめるこの機会がチャンスだろう。

続きを読む


・連載―ゴジゲン目次の ボクには下校のチャイムが聞こえない! 2017-10-10 20:19

【連載】第3回 新作『くれなずめ』のストーリー大胆予想 vol.10532(最終回)

5

「ゴジゲン」の目次立樹(メツギリッキ)です。
「ボクには下校のチャイムが聞こえない」略して「ボクチャイ」!
なかなか下校できない大人たちに贈る、甘酸っぱくない、むしろ饐(す)えたテイストのコラムです。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-10-10 19:34

日韓文化交流企画『ペール・ギュント』
ヤン ジョンウン インタビュー

3

壮大な“自分探しの物語”として世界的に知られる、イプセンの不朽の名作『ペール・ギュント』。奇想天外で破天荒なこの冒険譚を、平昌冬季オリンピックの開・閉会式の総合演出を務めるヤン ジョンウンが再び手がけることになった。2009年に初演された韓国版、2013年の来日公演版とも一味違う魅力が楽しめそうな今回の2017年版では、主人公のペール・ギュントを浦井健治が演じるほか、趣里、マルシアら日本キャスト15名に、ヤンの信頼も厚い韓国キャスト5名が加わり、カラフルかつエネルギッシュな座組が実現する。どんなステージになりそうか、ヤン ジョンウンにメールインタビューを敢行した。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-10-10 16:51

ミュージカル「メンフィス」山本耕史 インタビュー

yamamoto1

 

初演より陰影を深くするような、スタイリッシュな舞台にしたい

2015年の日本初演が好評を博したミュージカル『メンフィス』が待望の再演を迎える。白人としてブラックミュージックを世に送り出した実在のDJデューイ・フィリップスの半生を描き、2010年にトニー賞作品賞ほか4冠を獲得している本作。キャストは前回に引き続き山本耕史&濱田めぐみが再タッグを組み、今回は演出も山本自身が手掛ける。山本は、演者として、そして演出家として、本作にどのように臨むのだろうか。

続きを読む


・NEWS 2017-10-10 11:21

三谷幸喜が描く幕末群像喜劇!ここに誕生!PARCO Production 『江戸は燃えているか』上演決定!

edo

歴史をつくった偉い人たちと歴史に名を残さなかった庶民たちの可笑しくも愛おしい、江戸無血開城をめぐる群像喜劇を三谷幸喜が描き下ろす最新作!!
メインキャストには中村獅童、松岡昌宏らが決定!
スローガンは「新橋演舞場史上、もっとも笑えるコメディ!」

歴史をつくった偉い人たちと歴史に名を残さなかった庶民たちの可笑しくも愛おしい、江戸無血開城をめぐる群像喜劇を三谷幸喜が書き下ろす最新作『江戸は燃えているか』。出演には、三谷作品の出演が大河ドラマ『新選組』以来となる中村獅童、舞台『ロスト・イン・ヨンカーズ』(2013 年10 月)から4 年ぶりの三谷作品の舞台となる松岡昌宏をはじめ、昨年の大河ドラマ『真田丸』に出演した松岡茉優、藤本隆宏、初の三谷作品となる田中圭等バラエティ豊かなキャストの面々が揃いました。新橋演舞場史上、もっとも笑えるコメディが開幕します!乞うご期待下さい!

続きを読む


・取材してきました! 2017-10-10 10:13

劇団スーパー・エキセントリック・シアター 第55回本公演 「カジノ・シティをぶっとばせ!!~丁半コマ揃いました~」 稽古場レポート

6

さわやかな秋晴れの某日、第55回本公演「カジノ・シティをぶっとばせ!!」稽古真っ最中の劇団スーパー・エキセントリック・シアター(SET)の稽古場にお邪魔した。

上は60代後半から下は21歳までという幅広い年齢層の団員が所属する劇団SET。総勢40人以上の劇団員が揃い踏みして行われる稽古は壮観。稽古するエリア以外は、劇団員とスタッフでひしめき合い、身動きが取れない程の人口密度。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-10-06 21:28

ゴジゲン 第14回本公演「くれなずめ」目次立樹、東迎昂史郎インタビュー

メイン

僕らの意識次第で、本当に思い通りにできる。そう思っているんですよ

現代日本のマイノリティーに焦点を当て、その生きざまを肯定するように舞台上で昇華させていく舞台を上演してきた劇団「ゴジゲン」。彼らの第14回公演「くれなずめ」もまた、コンプレックスや悩みを抱えた人々が、それを笑い飛ばせてしまうような独自のスタイルで上演される。作・演出の松居大悟が作り出す今回の物語がどのようなものになるのか、その概要と魅力について稽古が始まったばかりの目次立樹と東迎昂史郎に話を聞いた。

続きを読む


2 / 10012345...102030...最後 »