・インタビューしちゃいました!! 2016-06-10 20:13

舞台『イヌの日』 尾上寛之&松居大悟&玉置玲央 インタビュー

001
2016年夏、松居大悟が次世代の演劇界を担う俳優陣と共に
阿佐ヶ谷スパイダースの名作『イヌの日』を甦らせる!

 

 「『イヌの日』は16年前に起こった新潟での少女監禁事件に着想を得て(長塚)圭史さんが書いた作品なんですけど、僕らが上演にこぎつけた今年も同様に世間があっと驚くような(千葉での)監禁事件が起きて…。ちょうど登場人物たちと同じアラサーになった僕らが『イヌの日』を作るということにも、運命めいたものを感じます。今やるべくしてやる感じ」と語るのは、演出&出演の松居大悟。

 小学校時代の同級生たちを15年もの間、防空壕に監禁する――というショッキングな設定が話題を呼んだ、長塚率いる阿佐ヶ谷スパイダース(以下阿佐スパ)の「イヌの日」。2000年に初演、2006年に再演されたその問題作を、劇団ゴジゲン主宰であり、「アフロ田中」(2012年)、「ワンダフルワールドエンド」(2015年)、「私たちのハァハァ」(2015年)などの映画やクリープハイプの一連のMVを手がけた気鋭の映像作家でもある松居がリメイクする。出演は、数々の松居作品に出演している実力派の尾上寛之、劇団・柿喰う客の看板俳優としておなじみの玉置玲央、女優・モデルとして高い人気を誇る青柳文子ら。同世代であり気心の知れた仲でもある松居、尾上、玉置の3人に、この作品について語ってもらった。 続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2016-06-10 16:00

「あわれ彼女は娼婦」初日公演後の浦井健治・蒼井優コメント&舞台写真・映像が到着!

001
(右より)浦井健治、蒼井 優 撮影:谷古宇正彦

 

新国立劇場で昨日6月8日(水)に『あわれ彼女は娼婦』が開幕した。
イギリスの劇作家ジョン・フォードによる、シェイクスピアら名立たる劇作家を輩出したエリザベス朝演劇の終盤を代表する名作戯曲。
純粋にお互いを愛するがゆえにあやまちを犯してしまうジョヴァンニとアナベラ兄妹を中心に、二人を取り巻く人々の欲望が壮絶に描かれる愛憎劇。
演出に栗山民也を迎え、兄妹に浦井健治、蒼井優、そして若手からベテランまで実力と存在感を兼ね備えた俳優陣で上演。 続きを読む


・取材してきました! 2016-06-09 00:04

ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」開幕!初日舞台写真とローラのコメントが到着!

004
©Kumiko Suzuki

“諦めなければ夢はかなう!”
2016/6/8(水)東急シアターオーブにて開幕!
宣伝隊長を務めているローラが観劇!
そのコメントと初日舞台写真をお届け!!

続きを読む


・NEWS 2016-06-02 17:30

MITSURU MATSUOKA presents『DAYDREAM BABYS*』スペシャルゲスト発表!

001
松岡 充が仕掛ける『DAYDREAM BABYS*』
廣瀬智紀、久保田秀敏、秋山竜次(ロバート)ら
スペシャルゲスト発表!!

 

いよいよ今週末6/5(日)10:00~チケット一般発売の『DAYDREAM BABYS*』(略称:DDB*)が、豪華スペシャルゲストを一挙発表!そしてなんと、8/12(金)の大阪公演では、松岡充お誕生日スペシャルバージョンにてお届けすることが決定いたしました! 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2016-06-02 16:50

シディ・ラルビ・シェルカウイ(「sutra(スートラ)」出演・演出・振付)の魅力を森山未來が語る!インタビューレポート

001
ラルビが少林寺に出会ったという喜びに溢れたシンプルな舞台。難しいことを考える必要はなく、ダンスパフォーマンスとして観ても、少林寺として観ても、新たな世界の扉が開く

 

本場少林寺の僧侶19名による大迫力のダンスとアクロバットを魅せる、世界60都市で絶賛の大ヒット作「sutra(スートラ)」が遂に日本初上陸。今回、出演・演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイ(以下ラルビ)について、彼が演出した舞台「テヅカ」および「プルートゥ」に出演した森山 未來さんに、ラルビの魅力を伺いました。 続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2016-05-30 15:49

舞台『曇天に笑う』囲み会見&ゲネプロレポート、舞台写真が到着!

a001
舞台『曇天に笑う』囲み会見&ゲネプロレポートと舞台写真が到着!

 

5月27日(金)、東京・天王洲 銀河劇場にて舞台『曇天に笑う』が開幕した。

「月刊コミックアヴァルス」で連載されていた唐々煙の漫画が原作。明治維新後の日本を舞台に、大蛇伝説が伝わる土地で暮らす3人の兄弟を主軸として、兄弟愛や人間愛が壮大なスケールで描かれる。2015年の初舞台化は大きな話題を呼び、チケット即完売となった。初演の好評ぶりを受けて、一部新キャストを迎えパワーアップした再演となる。

初日前日に行なわれた囲み取材とゲネプロには、玉城裕規、植田圭輔、百瀬朔、細貝圭、松田凌、演出の菜月チョビが登壇。意気込みを語った。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-05-28 12:00

「母と惑星について、および自転する女たちの記録」 鈴木 杏&田畑智子 対談

1604_hahatowakusei2

 蓬莱竜太の書き下ろしを栗山民也が演出する「母と惑星について、および自転する女たちの記録」は、実力派女優たちが集う4人芝居。現在のパルコ劇場(建て替えのため8月で一時休館)での、最後の新作公演となる。奔放に生きた母(斉藤由貴)の急死からひと月後、遺された三姉妹(志田未来、鈴木杏、田畑智子)は遺骨を持ったままあてもなく、異国への旅に出る……。初共演という長女役・田畑智子と次女役・鈴木杏の間には早くも、姉妹の空気が漂い始めていた。 続きを読む


・NEWS 2016-05-28 10:00

名探偵コナン×ライブミステリー~洋上の迷宮(ラビリンス)~ 東京公演アフタートークが決定!!

001
名探偵コナン×ライブミステリー
~洋上の迷宮(ラビリンス)~
アフタートークが決定!!

 

「ライブミステリー」とは
観客自身が探偵になり事件の謎を解明する舞台型謎解きイベント。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-05-27 19:21

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 児玉明子&伊藤優衣&君沢ユウキ インタビュー

002
©岸本斉史 スコット/集英社 ©ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016

 ’99年より週刊『少年ジャンプ』で連載され、今や世界中で親しまれている大人気コミック&アニメ『NARUTO-ナルト-』。里一番の忍を目指すうずまきナルトが個性豊かな仲間たちと共に成長していく原作の世界観を、プロジェクションマッピングなどの映像演出、トランポリンを使ったアクロバット、エアリアル(空中演技)といったアクションでより立体的に表現したのが、昨年上演された『ライブ・スペクタクル NARUTO-ナルト-』だ。昨年、国内4都市に加えてマカオ、マレーシア、シンガポールでも上演され各地の観客の度肝を抜いたこの作品が、さらにパワーアップして帰って来る!

 再演への期待が日に日に高まる中、物語の主役となるうずまきナルト(松岡広大)、うちはサスケ(佐藤流司)を、同じチーム“第七班”の仲間として支える春野サクラ役の伊藤優衣、はたけカカシ役の君沢ユウキ、そして演出・脚本を手がける児玉明子に、作品への思いを語ってもらった。 続きを読む


・連載―デキメン列伝! 2016-05-27 18:45

デキメン列伝【第14回】鈴木勝吾

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第14回】鈴木勝吾 SHOGO SUZUKI
IMGP8594-350x472

「サボるな」「もっと!」ということを叩き直されました


Writer’s view

生で目撃する舞台では、「この俳優さん、いま波にノッてるな」という“快進撃”を体感する機会がままあります。現在27歳の鈴木勝吾さんは、まさにその真っ只中にいる人ではないでしょうか。特に2014年の初主演舞台ぐらいからの活躍が目覚しいのですが、さかのぼってそれ以前の映像作品などを見ると、雰囲気も顔つきも大きく違うことに驚かされます。俳優としてだけでなく、人間・鈴木勝吾としても何か転機が? 本番中の多忙な中にお時間をいただき、その真相を探ってきました。

取材・文/武田吏都 続きを読む