・インタビューしちゃいました!! 2016-09-15 00:00

「歴タメLive ~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」
井深克彦&杉江大志&鈴木拡樹 インタビュー

rekitame
「歴史」を楽しむライブイベントが大阪にて再演

 

 今年3月に東京・EXシアター六本木にて上演され好評を得た「歴タメLive~歴史好きのエンターテイナー大集合!」の大阪公演が決定。歴史や偉人たちの、教科書には載らないようなエピソードを伝える「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」のライブイベント企画だ。

 シリーズ初期から出演している井深克彦と鈴木拡樹は、前回の公演を新鮮かつ斬新なものとして振り返る。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-09-15 00:00

直人と倉持の会 VOL.2 『磁場』 竹中直人&倉持裕 インタビュー

Actor Naoto Takenaka and producer Yutaka Kuramochi pose for photo during promotion press conference for their new theater play "Jiba" in Roppongi, Tokyo, July 29, 2016. (Photo/Takanori Abe for Lawson HMV Entertainment)
密室で繰り広げられるゾクリとするような心理劇

 

 「舞台に立つことってほんとに照れるし、何をやっても苦しい」と言う竹中直人がそれでも舞台に立ち続ける理由は、倉持裕という最愛のパートナーの存在が大きい。2011年にスタートした生瀬勝久との“竹生企画”では倉持を作・演出に招き、これまでに2作上演。加えて2013年には別ユニット、その名も“直人と倉持の会”を立ち上げ、彼とのよりコアな演劇作りに励んでいる。

竹中「舞台は『この人』と思ったらその人としかやらない。短い一生ですからね。倉持さんともこれから10年はやっていきたい」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-09-15 00:00

てがみ座 第13回公演「燦々」 長田育恵 インタビュー

tegami1
『燦々』は私にとって挑戦の作品です!

 

 文化庁芸術祭演劇部門新人賞、鶴屋南北戯曲賞と立て続けに権威ある賞を受賞し、その深い人間への眼差しに評価の高まる劇作家・長田育恵。自身の手がけるてがみ座の最新作『燦々』は、葛飾北斎の娘・お栄の青春を描いた物語だ。

長田「女性の劇作家として、女性の生き方や女性性そのものを主題にした作品をいつか書いてみたいと思っていました」 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-09-15 00:00

ロロ いつ高シリーズVol.3『すれちがう、渡り廊下の距離って』 三浦直之 インタビュー

Producer Naouki Miura poses for photo during special interview for "Law Ticke HMV Magazine" in Ikebukuro, Tokyo, Aug. 22, 2016. (Photo/Takanori Abe for Lawson HMV Entertainment)
“いつ高”シリーズで胸キュンな感覚を!

 

三浦 とにかく青春モノが大好きなんです。映画にしろ小説にしろ、“青春”という冠がついてるものは問答無用で観る、みたいな人間なので。いつかそういう青春モノのストレートな演劇を作りたいなって思っていて、これでようやく始められたなって。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-09-13 09:58

パルコ・プロデュース「露出狂」
中屋敷法仁×市川知宏×陳内将 インタビュー

rosyutsu01

9月30日(金)からZeppブルーシアター六本木で上演される、愛憎×群像×スポ魂活劇「露出狂」。サッカー部の部室を中心に、男子部員たちによる濃厚で複雑な人間関係が入り乱れていく中、人としての傲慢さやエゴなどさまざまな「青春」がぶつかりあう異色作です。今作は、市川知宏、陳内将をはじめとするキャスト総勢32名を3チームに分け、俳優たちの個性がしのぎをけずる仕掛け。23歳以下の若手俳優で構成されたU-23の上演回も用意されています。

そんな中、8月某日に行われた初稽古に潜入しました。当日は、出演者全員が初めて顔を合わせる日。座組みになっての読み合わせを行い、個々が練ってきた役のイメージを存分にぶつけあう緊張感のある稽古に。共演者の仕掛けてくるセリフの読み方に、驚きや笑いが混じり、出演者のボルテージが上がっていくのが見て取れた稽古でした。

今回は、初稽古を終えたばかりの、市川知宏さん、陳内将さん、そして作・演出の中屋敷法仁さんに作品への思いを聞きました。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2016-09-09 17:21

舞台『ReLIFE/リライフ』公開ゲネプロ画像&囲み取材コメントが到着!

001
9/8(木)東京・サンシャイン劇場にて開幕!
ゲネプロ画像&キャストコメントが到着

 

小野賢章(海崎新太 役)
アニメ版の声優にひき続き、舞台版でも海崎新太を演じられて光栄に思います。
誰もが抱えている後悔やコンプレックスと向き合って前に進む力を描いている作品です。過去のトラウマを乗り切る力を貰っていただけたらなと思います。9月25日の千穐楽まで、キャスト一同がんばっていきます。 続きを読む


・取材してきました! 2016-09-09 10:24

【会見レポ】ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 花 Produced by TBS 製作発表記者会見

1
最強、最高のエンタテイメントを提供すべく新たに誕生するIHIステージアラウンド東京。2017年3月にオープンするその劇場でのこけら落とし公演「ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 花 Produced by TBS」の製作発表記者会見がTBS内のスタジオで行われた。
アジア初の360°回転シアターという奇想天外な発想の劇場に多くの注目が集まる中の記者会見。壇上後ろにセットされたスクリーンは高さが7.5mという大迫力だが、実際の劇場のスクリーンはさらに0.5m高い、8mという高さのものがぐるり一周するという。そんな劇場の迫力を垣間見ることができるセットを前に、大々的で華々しい製作発表記者会見がスタートした。 続きを読む


・取材してきました! 2016-09-07 19:15

舞台『鱈々』稽古初日レポートが到着!

韓国の演劇界の巨匠が90年代に発表した、
心を揺さぶる4人芝居「鱈々」
初日稽古レポートをお届け!

 

9月6日。初日を1ヶ月後に控えた『鱈々』の、顔合わせが行われた。

三々五々集まって来るスタッフ、キャスト、関係者たち。韓国の戯曲が、6都市ツアーを含むこれほどの規模で上演されるのは日本ではほぼ初めてとのこと。新たな挑戦を前に、カンパニー全員の顔に期待と強い意欲が表れているようだ。コの字型に並べられた机の中央に、いち早く座った演出・栗山民也が、稽古場に新たな人が加わるたび、ギョロリと強い視線を送り、挨拶を交わしている。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2016-09-07 18:39

舞台『鱈々』 山本裕典 インタビュー

DSC09269

韓国演劇界の巨匠・李康白が1990年代に発表した衝撃の舞台が、藤原竜也と山本裕典の舞台初共演で上演される。倉庫で働き、倉庫で暮らす2人の男。一人は職責を全うすることが自らの価値だと信じ、一人は退屈な日々を逃れる術を求めていた。そんな2人の倉庫に現れた、奔放な女と、その父親。少しずつ変化していく倉庫の日常は、どこに向かっていくのか。「いつか竜也くんと共演したいと思っていた」と話す山本裕典に、話を聞いた。

続きを読む


・NEWS 2016-09-06 11:02

「Shoes On!2016」豪華スペシャルゲストが決定!

プリント
魅力的な個性派、実力派によるタップダンス炸裂の
エンターテイメントショー「Shoes On!2016」
豪華スペシャルゲストが決定!

 

昨年9年ぶりにかえってきた「Shoes On!」が
今年も装いも新たにOn Stage!
そして「Shoes On!」では初めての
日替わりで豪華スペシャルゲストも決定! 続きを読む