・連載―FUN HOME 2018-01-31 17:41

【連載】『FUN HOME』大好きローチケ演劇部員が送る、FUN HOMEの楽曲解説企画第7弾!

裏

『Edges of the World』
この物語の冒頭から、観客は父が自殺することを知っています。
そして、この曲はまさにその時を描いた、生と死の境目、安らぎと苦しみの境目、“Edge”の曲なのです。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-01-30 12:00

『火花 ~ Ghost of the Novelist ~』又吉直樹 インタビュー

s_MATAYOSHISAN

小説として自分じゃない人の言葉を書くことは
ある意味、演じているのと同じかもしれない
 

お笑いコンビ、ピースの又吉直樹が書き上げた、第153回芥川龍之介賞を受賞した小説『火花』。映画、ドラマ、コミックとさまざまな形で展開されてきたこの作品が、ついに舞台化される。キャストには又吉本人も名を連ねるほか、観月ありさ、植田圭輔、石田 明が出演するという。キャスティングだけを見ても、一筋縄ではいかない舞台であることは明らか。果たしてどのような舞台になるのか、ビジュアル撮影の合間の又吉に話を聞いた。

続きを読む


・特集しちゃいました! 2018-01-30 00:08

「情熱大陸」番組内にも登場したいま注目の2.5次元ミュージカル作品をご紹介!

先日1/28(日)よる11時に放送された『情熱大陸』には、原作の世界観はそのままに、生身のキャストと斬新な演出によって新たな魅力を生み出すとして、海外からも注目を集めるこの“2.5次元ミュージカル”の仕掛け人、演劇プロデューサーの松田誠さんが登場しました!

そこで、今回は『情熱大陸』に登場した公演をご紹介します!

続きを読む


・取材してきました! 2018-01-29 17:53

ONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』 Produced by TBS 製作発表レポート

集合高画質a

 本格的な稽古も始まり、ますます期待は高まる一方の『修羅天魔~髑髏城の七人 Season極』。2017年3月にIHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として“花・鳥・風・月”と各Seasonごとにキャストはもちろん、脚本と演出も大幅に変えつつ約1年にわたって上演し続けてきた劇団☆新感線『髑髏城の七人』、そのシリーズラストを飾る舞台となる。これまでのメインキャラクターである<捨之介>と<蘭兵衛>が登場しない新たなる『髑髏城』であり、“完全新作”ということもあって内容としてはまだ多くがベールに包まれたままの『修羅天魔』だが、その製作発表記者会見が2018年1月中旬、マイナビBLITZ赤坂にて、華々しく賑やかに行われた。

 

 会場には厳正なる抽選に当選したファンの方々も多数参加されていて、そのドキドキワクワク感が自然と伝わってくる。今回は会見中にTBSの情報番組『ひるおび!』の生中継が入るためか、多少緊張感も漂っている様子だ。まずは漆黒の甲冑に身を包んだ髑髏党の鉄機兵たちがドラマティックなBGMと共に氷上を滑りくるくると回るVTRが流れたかと思うと、その映像からそのまま飛び出てきたかのように8名の髑髏党員が舞台上に現れ、アクションを披露。

そして爆発が起き、その煙の向こうのステージ後方に天海祐希、古田新太らメインキャスト8人のシルエットが浮かび上がった。大きな拍手に包まれて登場したキャスト陣は、黒を基調にした衣装がスタイリッシュかつ個性的ないでたち。その登場の模様から生中継されていた番組とのやりとりが終わると、通常の製作発表会見がいよいよスタート。天海祐希、福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善、そして古田新太、各自の紹介が一通り終わると公演の成功を願って、年明け早々に相応しく鏡開きが行われた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2018-01-26 18:00

「熱海殺人事件」 CROSS OVER 45 味方良介 インタビュー

mikata

とにかく、僕を観ていれば大丈夫
ちゃんと「熱海殺人事件」をお見せしますから

つかこうへいの代表作のひとつ「熱海殺人事件」。紀伊国屋ホールを拠点に春の名物として公演を重ねて来た本作が、2018年に45周年を迎える。今回のテーマはクロスオーバー。「熱海殺人事件 CROSS OVER 45」として上演され、主演の木村伝兵衛部長刑事を前回に引き続き味方良介が演じることになった。昨年、史上最年少の木村伝兵衛部長刑事を見事に演じ上げ「~NEW GENERATION」として鮮烈な印象を残した味方。“クロスオーバー”には、どのように挑むのだろうか。

続きを読む


・NEWS 2018-01-25 12:22

日本テレビ開局65年記念舞台『魔界転生』2018年10月より、福岡、東京、大阪にて上演決定!

makai
退廃と混沌が渦巻いた山田風太郎の最高傑作を堤幸彦 演出×上川隆也 主演で舞台化!!

歴史上の剣豪たちが次々と甦り、現世での怨念を晴らさんと、時空を超え、悪鬼となり、徳川幕府と対決する─!
豪華絢爛、アクションとカルトとスぺクタクルの世界が融合した壮絶、壮大なエンターテインメント時代劇!今、ここに誕生!

日本テレビ開局65年記念舞台として 『魔界転生(まかいてんしょう)』を上演することが決定。『魔界転生』のゆかりの地、天草・島原がある九州の福岡・博多座で10月に開幕し、続けて、11月に東京・明治座、12月に大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演いたします。
続きを読む


・NEWS 2018-01-24 12:03

「スジナシ BLITZ シアターVol.7」開催決定!今回のゲストは鈴木京香、片桐仁、中村玉緒の3人!

スジナシ

ゲストと笑福亭鶴瓶によるぶっつけ本番・台本ナシの即興舞台!
今回のゲストは鈴木京香、片桐仁、中村玉緒の3人!

「スジナシ」は、2014年6月に終了した笑福亭鶴瓶と豪華ゲストが即興ドラマを繰り広げるバラエティ番組です。2015年、舞台を赤坂BLITZに移し、『スジナシ BLITZ シアター』として復活し、舞台の模様を当日終演後にそのままテレビでも放映するという、舞台とテレビの連動企画でも注目を集めております。過去の公演では、小栗旬、二階堂ふみ、ムロツヨシ、市川猿之助、吉岡里帆などがゲストとして出演し、話題を呼びました。今回、第一夜のゲストには朝ドラ「わろてんか」での熱演も話題となっている鈴木京香が決定。第二夜には、現在TBSで放送中の日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」に出演中の個性派俳優の片桐仁を迎えます。今回、笑福亭鶴瓶が裁判官役として今作の撮影に参加した縁で、スジナシに久しぶりの登場となりました。そして第三夜 には、年始の恒例番組「さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル」でおなじみの中村玉緒がスジナシに初参戦いたします。今回もバラエティ豊かな豪華ゲストが日替わりで登場し、笑福亭鶴瓶とともに当日知らされる舞台セットのなかで、打ち合わせナシ・台本ナシの即興舞台を演じます。案内人は中井美穂が務めます。

続きを読む


・NEWS 2018-01-23 14:00

「ローチケ HIBIYA TICKET BOX」「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」3月下旬 日比谷シャンテに同時オープン!

チケットボックス1▲「ローチケ HIBIYA TICKET BOX」店舗イメージ

COTTAGE1▲「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」店舗イメージ

日比谷の“日本版ブロードウェイ”への進化に貢献します

株式会社ローソンHMV エンタテイメント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:坂本 健)は、3月下旬に、チケット販売店舗「ローチケ HIBIYA TICKET BOX(日比谷チケットボックス)」と書籍を中心に様々な商材を提案する新店舗「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷コテージ)」を、同日リニューアルオープンする商業施設「日比谷シャンテ」(東京都千代田区)内に同時オープンいたします。

続きを読む


・NEWS 2018-01-23 11:15

ミュージカル『アメリ』 上演決定!アメリ役 渡辺麻友&演出 児玉明子よりコメントが到着!

ameri1
©ミュージカル『アメリ』製作委員会2018

~新しい視点で紡がれる魅力的な『アメリ』の世界~

2001年4月末にフランスで公開されると、1週間で120万人もの観客を動員し、7月には動員800万人を超すほどの大ヒットとなった映画『アメリ』。「観る人みんなが幸せになる」として、日本でも興行収入16億円を突破するなど大きな支持を得ました。
2017年4月、この映画に基づいて作られたミュージカル『アメリ』が、米ブロードウェイで上演され、2018年5月、早くも日本でミュージカル『アメリ』を上演することが決定いたしました。
日本初演となる本作で主人公アメリを演じるのは、2017年12月にAKB48を卒業した渡辺麻友。
本作が初主演ミュージカルとなります。演出を手掛けるのは、宝塚歌劇団で座付きの脚本・演出として数々の作品を手掛け、退団後は2.5次元作品の脚本や演出を中心に活躍している児玉明子です。
映画ともブロードウェイミュージカルとも一味違う、新しい視点で紡がれる魅力的な『アメリ』の世界にどうぞご期待ください。

続きを読む


・連載―FUN HOME 2018-01-22 17:18

【連載】『FUN HOME』大好きローチケ演劇部員が送る、FUN HOMEの楽曲解説企画第6弾!

裏

『Telephone wire』

『Telephone wire』は、この作品の中でも大きなポイントとなる曲です。この曲から、これまで自分の記憶をたどって客観視してきた大アリソンが、ついにその記憶の中に入り込み、真実を見つめ直していくのです。
続きを読む