・取材してきました! 2017-04-19 12:24

【会見レポ】ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 製作発表記者会見

DSC06388


円形状の客席が360°回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」にて、現在絶賛上演中の『髑髏城の七人』Season 花。「花・鳥・風・月」という4シーズンに渡るロングラン上演は、2017年6月27日から「Season 鳥」に引き継がれる。異なるキャスト、異なる脚本・演出で新たに生まれ変わる『髑髏城〜』の製作発表記者会見の模様をレポートする。

 

会場は豊洲駅に程近い「アーバンドックららぽーと豊洲」内の屋外デッキ。当日朝まで天候不良が心配されたが、開始時刻前にはすっかり快晴となり、心地良い日差しの中での開催となった。この製作発表記者会見は豊洲近隣に住む方々や観覧希望者も参加出来るため、「鳥」の出演キャストが観客とハイタッチをしながらレッドカーペットを歩いたり、青い風船を空へ飛ばすイベントが行われたりと、野外らしい開放的かつ和やかなムードで進められた。

続きを読む


・NEWS 2017-04-17 11:44

舞台「警視庁抜刀課 vol.1」追加キャスト発表!キャラクタービジュアル解禁!

岩田
 

元AKBトップアイドルと、平成ライダー、夢の共演?!
AKBトップアイドルから本格女優へ!? 刀に憑りつかれた女子高生役に、岩田華怜!!

本作のテーマである「刀」の恐ろしさに苦しむ女子高校生・六人部真名 役を、岩田華怜(いわた かれん)が演じます。2011年2月、AKB48第12期研究生オーディションに合格し、 翌年、チームAへ13歳という当時「最年少記録」で昇格。テレビアニメ「AKB0048」では、主人公の9名の声優選抜入りを果たすなど、トップアイドルとしての名声を確立しました。2016年、惜しまれながらもAKBを卒業し、女優業へ転身。舞台「ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016」や映画「殿、利息でござる!」などの話題作へ数多く出演し、ミュージカル「マリアと緑のプリンセス」では主人公・マリアを演じ、好評を博しました。絶大な人気と実力を兼ね備えた岩田がどのように「刀の恐ろしさ」を表現するのか、是非ご期待ください。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

音楽劇『魔都夜曲』
藤木直人、マイコ、河原雅彦 インタビュー

YS5_0033_retouch_01

大戦前夜の魔都・上海を舞台に秘められた恋を描く音楽劇

 

 第二次世界大戦前夜の1939年。列強各国が共同統治をしていた上海租界には各国の思惑が渦巻き、街角には硝煙がくすぶっていた。次代の政界を担うと目されプリンスと呼ばれる主人公・白河清隆は、美貌の女・周紅花と出会い、美しくもはかない恋へと突き進んでいく……。

 脚本は濃密な人間ドラマを描く作家として定評があるマキノノゾミ。華やかさと暗部を抱えた激動の上海を舞台にした音楽劇について、主演の藤木直人、マイコ、演出の河原雅彦に稽古前の意気込みを聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

舞台「黒子のバスケ」OVER-DRIVE 安里勇哉 インタビュー

画像

大人気バスケ漫画の舞台化、第二弾

 

『黒子のバスケ』――週刊少年ジャンプで連載されていた人気バスケ漫画が、昨年ついに舞台化をはたした。主人公である黒子テツヤが「影」、天賦の才能を持つ火神大我が「光」としてタッグを組み、ライバルチームたちと戦っていく。バスケの熱さ、登場人物たちの成長と絆を描く物語だ。

安里
「火神大我は僕の憧れ。初演を終えて自分に馴染んだというよりは最初からずっとリスペクトしている存在です。どちらかと言うと、黒子役の小野賢章と馴染んだ気がします(笑)」

 

火神を演じる安里勇哉は、オーディションで射止めた自身の役と、相棒の黒子を演じる小野についてこう語る。

安里
「賢章とは初共演でしたけど、プライベートでも遊びに行く仲になりました。”相棒”感が出来たところで続編をやれるのが嬉しいですね。前回の公演で各校のチームの絆も生まれています。キャストとキャラクターのシンクロ性が、作品の熱さにもつながっていたと思います」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

ミュージカル『RENT』 村井良大 インタビュー

7956
最高のカンパニーで再び挑む 二度目のマーク役

 

2年前、本格ミュージカルの経験がほぼないまま、全世界的に熱狂的なファンを持つミュージカル『RENT』の主役マーク役をつかんだ村井良大。

村井
「それまで自分はミュージカルとは住む世界が違うと思っていて、オーディションで拾っていただいたときも、『なぜ僕なんだろう?』って本当に謎で。でも新しい世界に踏み込んで他のミュージカルもやらせていただいて、いろんな知識や自分の中での楽し
さが見つけられている。カテゴライズはせずに一人の役者として、ミュージカルもどんどんやっていきたいという感覚で今は臨んでいます」

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

名古屋平成中村座 中村勘九郎&中村七之助 インタビュー

6646
待望の名古屋平成中村座、ご当地ゆかりの演目も

 

 名古屋では8年ぶりとなる、待望の平成中村座。昼夜通して見事なまでに、見どころ満載の人気演目が上演される。

続きを読む


・NEWS 2017-04-14 20:21

EXILE TAKAHIRO 初主演舞台 「MOJO」 全キャスト、ソロビジュアル解禁!!

組み写真

全キャスト、ソロビジュアル解禁!!

 

21 世紀のイギリス演劇界をリードする⻤才劇作家、ジェズ・バターワースの処⼥戯曲「MOJO」の⽇本初演が決定、そして、主演をEXILE のメインボーカリストとして⼈気を博しているTAKAHIROが務めることで、ファンのみならず⽇本演劇界でも⼤きな盛り上がりを⾒せています。先⽇、メインビジュアルを発表し、徐々に物語のイメージが明らかになっていく中、このたびついに全キャストのソロビジュアルを解禁いたしました!どことなく儚げで、それでいて艶やかな表情を魅せた6 ⼈が展開するストーリーに期待が⾼まる完成度となりました。主演は本作で初舞台を踏むTAKAHIRO、共演には波岡⼀喜、⽊村 了、尾上寛之といった実⼒派俳優のほか、若⼿ながらその幅広い演技⼒で頭⾓を現している味⽅良介、横⽥⿓儀らが脇を固めます。6 ⼈で紡ぐ、抜群のリズム感に満ちたスピーディーな会話劇で、ダークなこと極まりない若者たちの不安定な⼼理をあぶり出していくその様を、ぜひとも⾒届けてください!

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-14 15:03

大きな虹のあとで~不動四兄弟~ 
入江甚儀×市川知宏×竜星涼×山本涼介 出演者インタビュー

BK2A1524

「4人で一緒の舞台に立つのは初めてです。一緒にレッスンをしたり切磋琢磨してきた僕ら4人だからこそ表現できる関係性と、さらに稽古で磨きをかけて表現できること。それに勝るものはないと思います。僕らの強みを最大限生活かした作品を楽しみにしていてほしいです。」

 

注目の若手俳優4人が兄弟役で初共演する舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」。
それほど遠くない昔、この国がまだ戦争で戦っている頃の、切なくも温かい『家族』をテーマとした物語。
主演の入江甚儀、市川知宏、竜星涼、山本涼介に今作への意気込みを聞いた。

同じ事務所に所属している4人。右も左もわからず飛び込んだこの世界で、学生時代の初顔合わせ当時から苦楽をともにしてきた、いわゆる”気心の知れた仲“。個々に共演はあるものの、一緒に舞台に立つのは今作が初めてだという。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-04-14 11:21

ミュージカル『テニスの王子様』TEAM Live HYŌTEI 
ゲネプロ写真&キャストのコメントが到着!

画像1

氷帝の新たな魅力を堪能できる「TEAM Live HYŌTEI」をいち早くお届け!!

 

待望の氷帝による「TEAM Live」。今回はなんと“ファッションショー”をテーマに、本公演では決して見る事のできないパフォーマンスをお届けしております。キャラクター同士のコーディネート対決や、メンバー同士何度も話し合ったという日替わりトークコーナーなど、特別感満載の「TEAM Live」を繰り広げます。もちろん、ユニフォーム姿でお馴染みのナンバーも披露!5月の「Dream Live 2017」に向けてますます勢いを増す氷帝にぜひご注目下さい。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-13 18:00

舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』大原櫻子、初主演舞台インタビュー 

fix_DSC047822

マリリン・モンローやジュディ・ガーランド、
往年の歌姫そっくりの美声と表情になりきる!

部屋に引きこもりがちの無口な少女が、ある日大人気の歌姫に!?マリリン・モンローやジュディ・ガーランド、シャーリー・バッシーなど往年のディーバ(歌姫)たちの歌を、歌声だけでなく歌い方まで完璧にマスターした少女、リトル・ヴォイス(以下、LV)が、歌の力で人生を切り拓いていく感動作。大原櫻子の初主演舞台であるに加え、硬派な作品で知られる劇団チョコレートケーキの日澤雄介が演出する点でも注目の名曲満載ストレートプレイだ。舞台『Little Voice(リトル・ヴォイス)』は1992年にロンドンのナショナルシアターにて初演。1998年にはマーク・ハーン監督により映画化され、日本でも1999年の公開と共に好評を博した。そんな名作が舞台となって日本再降臨するにあたり、主役のLVに抜擢されたのが、現代の若き歌姫、大原櫻子。映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013)で5000人のオーディションを勝ち抜きヒロイン役で鮮烈なデビューを果たした大原だが、一方では、ソロライブで武道館を満員にする実力派の歌手でもある。初主演となる本作では、マリリン・モンローやジュディ・ガーランドになりきり20曲以上の歌を披露するという。実際に生歌を聞かせるパフォーマンスも行った緊張の製作発表直後、インタビューに応じてくれた。取材室に入ると、「♪んんん~」と口ずさんでいる!

続きを読む