・インタビューしちゃいました!! 2015-03-06 10:12

日本総合悲劇協会Vol.5『不倫探偵~最期の過ち~』 天久聖一&松尾スズキ インタビュー

furin001

天久×松尾が“キュン”とさせる

ちょっぴり大人の大人計画

 

 松尾スズキが作・演出を手がけるプロデュース公演“日本総合悲劇協会”。通称“ニッソーヒ”の、なんと11年ぶりとなる新作は、松尾初のひとり芝居「生きちゃってどうすんだ」(2012年)でもタッグを組んだ、天久聖一との共同脚本・演出作品となる。

松尾「ひとり芝居のときは悪いところが何もなかったですね。かつてテレビやラジオも一緒にやっているんですが、もともと天久くんのことはすごく書ける人だと思っていて。まあ、漫画家ではないですね(笑)」

天久「漫画家になって2年くらいで仕事なくなっちゃいましたからね(笑)。前回のひとり芝居のときは、松尾さんと一緒に並走しながら作ったって感じ。でもニッソーヒはどれも名作揃いなので、そういう意味でのプレッシャーは大きい。ただ今は楽しみのほうが強いです」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2015-03-06 10:11

『滝口炎上』 滝口幸広×大河内奈々子×村上ショージ インタビュー

takiguchi1

◆撮影:宮川舞子

「新たな時代劇スター」が誕生する!?
「る・ひまわり×明治座」製作舞台『滝口炎上』

 

数々の若手俳優と作品を創ってきた「る・ひまわり」と、商業演劇の伝統である「明治座」が新たに挑戦する舞台は“時代劇”! 娯楽としての勧善懲悪もの時代劇を復活させ、時代劇ブームの再来と、次世代の新しい「時代劇スター」の輩出を目指す。

主演に抜擢されたのは、芸能界一当たるといわれるゲッターズ飯田に「2014年ブレイクする」と予言されていた滝口幸広。
時代劇と自身の未来をかけて臨む公演のタイトルは『滝口炎上』だ。 続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-03-05 18:57

M&Oplaysプロデュース『結びの庭』 ゲネプロレポート

musubi006

撮影・柴田和彦

 

前作「水の戯れ」で夫婦間の不安定な愛情を緻密に描写した岩松了が、新作でも再び夫婦を題材に筆を執った。夫に宮藤官九郎、妻に麻生久美子という初の本格共演の2人を配したM&O playsプロデュース「結びの庭」が、5日夜に東京・本多劇場で幕を開ける。ほかに安藤玉恵、太賀、そして岩松によるこのサスペンスチックな5人芝居の、初日前日に行われたゲネプロの様子をレポートする。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-03-05 12:32

月刊「根本宗子」第10号『もっと超越した所へ。』 根本宗子 インタビュー

nemoto1

素直に幸せを受け入れない不器用女子を描く

月刊「根本宗子」待望の第10号作!

 

 おいしいごはん、それなりのお金、好きな洋服とすてきな恋人。それらを目の前に用意されて、「さあ幸せになりなさい!」と促されたとして、果たして人は幸せになれるのか。彼女と話していると、そんなことを考えてしまう。

根本「おいしいものを食べて『幸せ!』って言えちゃう人がいるじゃないですか。ああいうのがうらやましくて。私は「おいしいな」とは思うけど、わぁっ!とテンションが上がるところまでは行けない。「幸せ」と「うれしい」の境い目がわからないというか」

 

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2015-03-04 18:32

野田秀樹作品『エッグ』のパリ公演開幕!出演者からのコメントが届きました!

 

東京芸術劇場での上演を大盛況をもって終えた『エッグ』。3月26日からの大阪公演を前に、パリ・国立シャイヨー劇場での公演が開幕しました!パリ公演、初日終演後の出演者と野田秀樹のコメントが到着しました!

 

妻夫木 聡

「フランス公演は言葉の壁があり、作品の深い部分や野田さんが伝えたかった想いがどのくらい、パリの観客に伝わっているのかわかりませんが、笑い声や反応から、パリの観客との距離感がすごく近く感じられたことが感動的でした。フランスの皆さんにも迎えいれてもらえたと思ってもいいのかなと感じることができる良い初日でした。東京、パリ、大阪、北九州、どこで演じるのも同じモチベーションで挑んでいま 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-03-02 16:11

舞台『WASABEATS』 千葉涼平(w-inds.)×植木 豪(PaniCrew)×大野愛地 インタビュー

IMGP3790

4/22(水)よりZeppブルーシアター六本木で開演!

世界一のタイトルを獲ったダンサー達が集結したスーパーダンスショー 舞台『WASABEATS』が更なる高みを目指して今春新作公演決定! 植木豪(PaniCrew)×千葉涼平(w-inds.)、そして今作では新たに平間壮一が参戦。最高峰のスーパーダンスパフォーマンスを体感しよう! ヘッドスピンの世界記録保持者・大野愛地を交え今作の見どころを3人に語ってもらった。

 

-前回の舞台『WASABEATS』はずっと植木さんが温めてきた企画が見事に形になった“スーパーダンスショー”ですが、そこに至るまではかなり苦労されたのではないでしょうか?

植木『苦労なんてないです。大好きなメンバーたちの最高のパフォーマンスをたくさんの方に見てもらえたのは本当に嬉しかったですし、この作品にチャレンジした甲斐があったと思っています。狙ったところで拍手が起こったり、客席から思った通りのリアクションがあったりするとみんなで「やった!」と喜んだり本当に楽しかったですからね。といいつつ、自分としてダメだったなと思うのは(千葉)涼平君に頼りっきりで大変な思いをさせちゃったことかな。涼平君にはシーンを繋ぐためにずっとステージに出てもらうことになって、スーパーハードにさせてしまいました(笑)。それに僕ね、初日に膝を怪我しちゃったんですよ。ステージで何か嫌な音がしたのはわかってたんですが、そのまま最後までやり続けたら膝が見たこともないくらい腫れてましたね。病院に直行しました(笑)。』

続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2015-03-02 12:05

『マーキュリー・ファー』福岡公演間近!ダイジェスト映像&画像が到着!

mercuryfur1

撮影:細野 晋司 ( Shinji Hosono )

 

福岡公演迫る!!

先日まで東京で上演され大好評だった舞台『マーキュリー・ファー』が、
3/8(土)いよいよ福岡・キャナルシティ劇場に登場!
その公演を目前に、本作のダイジェスト映像が届きました!

 

▼マーキュリー・ファー ダイジェスト映像▼

続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-02-28 16:38

カタルシツ『地下室の手記』公演レポート

カタルシツ『地下室の手記』(撮影 宮川舞子)カタルシツ『地下室の手記』(撮影 宮川舞子)

 

プロデュース公演などでの活躍もめざましい、劇団イキウメを主宰する劇作家・前川知大。

 

彼が劇団公演からはみ出たものに取り組む場、それが別ユニット「カタルシツ」だ。

 

カタルシツが今回取り上げる作品は、「地下室の手記」。初演(2013年)の二人芝居を、今回はイキウメの劇団員・安井順平の一人芝居として新たに挑んだ。

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-27 22:08

THE SHOW INFECTED “CONNECTION” 蓮水ゆうやインタビュー

hasumi1

 

フレッド・アステア、ボブ・フォッシー、マイケル・ジャクソン…世界を魅了した名だたるエンターテイナー達の繋がりを、様々なジャンルのスペシャリスト達の歌とダンスで描き出す魅惑のステージ、THE SHOW INFECTED “CONNECTION”。

日本におけるフォッシースタイルの第一人者である大澄賢也が初演出に挑むこの作品にシンガーとして出演する元・宝塚歌劇団宙組 男役スター 蓮水ゆうやさんに、事前にローチケ演劇部(@l_tike_stage)、ローチケ演劇宣言!(http://engekisengen.com/)で募集した質問を交えながら、話を聞いた。

  続きを読む


・取材してきました! 2015-02-27 21:34

「赤坂サカス文楽」製作発表コメント

AKASAKA_BUNRAKU_0534-p(c)岡本隆史

2015年、満を持して赤坂ACTシアターに『文楽』が登場。豪華『能』との共演も実現!

赤坂。咲かす 文楽。

 

公演に先立ち製作発表が行われた。

出演者それどれのコメントは以下の通りだ。

続きを読む