・観劇してきました! 2015-09-14 12:57

ミュージカル「RENT」が開幕!観劇レポート&舞台写真が到着

001

ミュージカル「RENT」が開幕!
人気・実力を兼ね備えた若手キャストが熱演。
歌が溢れ、愛に溢れた「RENT」は10月9日までシアタークリエで絶賛上演中!

 

“人生を愛で測ろう Measure your life in Love『RENT』”題し、2015年の「RENT」が幕を開けた。マーク役の村井良大は1人でこのロングランを乗り切る。堂珍嘉邦、ユナク(超新星)のロジャー、ジェニファー、Soweluがミミ役を、そしてコリンズは劇団プレステージから加藤潤一、Skoop On SomebodyのTAKE、エンジェル役には平間壮一、IVANという“歌”と“ダンス”それぞれの世界で第一線で活躍するアーティストが集結。

ニューヨークという世界の中心の片隅で、貧しい環境、さらにHIVという不治の病に侵されながらも愛すること、大切な人と共に過ごす喜びを糧に一生懸命生きようとする若者たちの葛藤、衝突、別れ、そして“愛”が描かれている。

  続きを読む


・観劇してきました! 2015-09-14 10:19

博多座「石川さゆり特別公演」公演レポート!

博多座『石川さゆり特別公演』絶賛上演中!

 

 9月5日に初日を迎え、ただいま絶賛上演中の博多座『石川さゆり特別公演』。

6年ぶりとなる博多座公演の舞台観劇レポートを少しだけお届け!

hakatakoininngyou0

続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-07-31 10:54

『男子!レッツラゴン』舞台写真&レポートが到着!

_MG_0189

赤塚不二夫自身が「自己最高傑作」と謳う
『レッツラゴン』の舞台化、
『男子!レッツラゴン』絶賛上演中!

 

 7月30日(木)夜、下北沢本多劇場で『男子!レッツラゴン』が幕を開けた。

 『なんてバカ芝居!』

 これ、この舞台を観た人の100人に聞いたらきっと100人がそう答えるであろう言葉。
普通は作品の感想は人それぞれというのが当たり前。なのにこの作品ではきっと皆同じ感想を言うのだろうということが確信できるのだ。
それってとても凄いことなのではないだろうか。

 2002年の旗揚げ以来、見た後に何も残さないバカにこだわったコントを続けてきた、細川徹(作・演出)の企画ユニット「男子はだまってなさいよ!」。
2010年の『天才バカボン』の舞台化を成功させ、満を持して(?)挑む今年生誕80周年記念イヤーの赤塚不二夫自身が「自己最高傑作」と謳う『レッツラゴン』の舞台化。
原作を知る人が実写は無理と口々に言う難攻不落の作品に、細川が導き出した答えはズバリ真っ向勝負だ。
「男子はだまってなさいよ!」でこれまで提示してきた細川の揺るぎないコンセプトこそがまさに『レッツラゴン』なのだと。
赤塚不二夫のバカと細川徹のバカでがっぷり四つに組む、結果生まれた『男子!レッツラゴン』は期待に違わぬ純度100%のバカ芝居に仕上がった。 続きを読む


・観劇してきました! 2015-07-14 01:11

チャールズ・チャップリン晩年の傑作映画 「ライムライト」が世界初の舞台化!絶賛上演中!

 

チャールズ・チャップリンの名作映画「ライムライト」が世界初の舞台化。

 

03_0187A

 

チャップリンの自伝映画ともいえるこの作品に石丸幹二が真正面から挑む意欲作だ。

若きバレリーナを演じる野々すみ花との儚くも美しい恋が観るものの胸を打つ。
古き良き時代を懐かしむだけ作品ではない。チャップリンが自身をさらけ出して描いたこの普遍的な愛の物語を是非今見てほしい。

続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-06-20 16:03

渡部秀さんより『ア・フュー・グッドメン』ゲネプロレポート到着!

004

銀河劇場で6月14日(日)に千秋楽を迎えた「GO WEST」主演の渡部秀さんが
同じ事務所の平埜生成さんが出演し、6月19日(金)に幕を開ける「ア・フュー・グッドメン」ゲネプロを観劇。
さっそく観劇レポートを頂きました!

 

≫・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様こんばんは
渡部秀です。
この度は銀河劇場で公演が始まる舞台『ア・フュー・グッドメン』のレポートを書かせていただきます。

実は、つい先日までこちらの銀河劇場で『GO WEST』というコメディをやらせていただいたばかりでして、早くもこの劇場に戻って来るとは思っておりませんでした。 続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-06-05 17:01

舞台『GO WEST』囲み取材&ゲネプロレポート

gowest010_01

撮影:清田征剛  ©GOWEST2015

 

舞台『GO WEST』が、6月4日に東京の天王洲 銀河劇場にて初日を迎えた。
公演直前、囲み取材とゲネプロ(公開舞台稽古)が行われ、囲み取材には、作・演出・出演の池田鉄洋、舞台初主演となる渡部秀、舞台初出演の小島藤子と、太田基裕、栗原類、田口浩正の6名が登場。それぞれ意気込みを語った。

 

続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・観劇してきました! 2015-04-06 15:00

「4BLOCKS」初日レポート&出演者コメント

4b2

諸星和己、DA PUMPのISSA、175RのSHOGO、山崎裕太の4人が主演をつとめる舞台、「4BLOCKS」が3日、東京、池袋のサンシャイン劇場で初日の幕をあけた。

 

続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-03-08 17:41

『ウィズ~オズの魔法使い~』囲み取材&ゲネプロレポート

kakomi

宮本亜門が、普遍的なテーマを力強く歌うこの傑作ミュージカルを、震災後の日本で是非上演したいと願い、2012年秋に実現した。現代日本のポップカルチャーを牽引する、トップクリエーターたちをスタッフに起用。また、ヒロインはAKBグループから「ガチ」オーディションにて選出。そして個性と魅力あふれる実力派キャスト陣と超一流のダンサーたちを揃え上演され大きな反響を呼んだ。

 

そして、2015年春、再びあの傑作ミュージカルが幕を開ける!

 

3/7(土)の開幕に先駆け、囲み取材と公開ゲネプロが行われた。

囲み取材では、翻訳・演出を手掛ける宮本亜門、「ガチ」オーディションにて期せずしてダブルキャストとなった梅田彩佳[NMB48]・田野優花[AKB48]、そしてウィズを演じる陣内孝則が登壇した。

続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-03-05 18:57

M&Oplaysプロデュース『結びの庭』 ゲネプロレポート

musubi006

撮影・柴田和彦

 

前作「水の戯れ」で夫婦間の不安定な愛情を緻密に描写した岩松了が、新作でも再び夫婦を題材に筆を執った。夫に宮藤官九郎、妻に麻生久美子という初の本格共演の2人を配したM&O playsプロデュース「結びの庭」が、5日夜に東京・本多劇場で幕を開ける。ほかに安藤玉恵、太賀、そして岩松によるこのサスペンスチックな5人芝居の、初日前日に行われたゲネプロの様子をレポートする。 続きを読む


・取材してきました! ・観劇してきました! 2015-02-28 16:38

カタルシツ『地下室の手記』公演レポート

カタルシツ『地下室の手記』(撮影 宮川舞子)カタルシツ『地下室の手記』(撮影 宮川舞子)

 

プロデュース公演などでの活躍もめざましい、劇団イキウメを主宰する劇作家・前川知大。

 

彼が劇団公演からはみ出たものに取り組む場、それが別ユニット「カタルシツ」だ。

 

カタルシツが今回取り上げる作品は、「地下室の手記」。初演(2013年)の二人芝居を、今回はイキウメの劇団員・安井順平の一人芝居として新たに挑んだ。

 

続きを読む


3 / 41234