・観劇してきました! 2017-10-31 22:25

『表に出ろいっ!』English version “One green bottle”特別プレビューレポートが到着!

photo3
 本作品のプレビュー開幕よりさらに1日早い10月28日、ローチケ演劇部(た)は「特別プレビュー」にお邪魔してきましたっ

 『表に出ろいっ!』がもともとどのような作品なのかは、こちらインタビューを見ていただくとして、今回はまったく新しく生まれ変わった英語作品。
 日本国内で英語上演作品を観るときは字幕が出るのがおなじみですが(舞台の両端に、タテに長い字幕が出ることが多いですよね)、本作品では字幕は使わず、イヤホンガイドで日本語吹替えが流れます。<父>キャサリン・ハンターさんの吹替えは大竹しのぶさん、<娘>グリン・ブリチャードさんの吹替えは阿部サダヲさん、そして<母>野田秀樹さんの吹替えは野田さんご自身。
 出演キャストも吹替えキャストも、あまりに豪華なこの作品。ただし問題は(た)の英語力。洋画を観るときは字幕派ですが、字幕を読まないとちんぷんかんぷんだし、街なかで海外の方に道を聞かれたら、ことばでは説明できないのでスマホで地図を出して指さし案内するくらいの英語習得レベル。さて、そんな(た)がこの作品を観るとどうなりますやら。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-31 19:12

2018年2月 舞台『密やかな結晶』上演決定!公演概要と、出演者からのコメントが到着!!

集合ver

―あなたを守るのは、わたし。石原さとみ 4年ぶり待望の舞台出演で、 小川洋子の小説に“小説家役”で挑戦!

有機物であることの人間の哀しみを見つめ、現代の消滅、空無への願望を、美しく危険な情況の中で描く長編小説『密や かな結晶』。この小説の舞台化に挑むのは、人生と人間への愛を、笑いも苦しさも悲しみも喜びも一つの作品で芸術的に 表現をする、鄭義信。傑作小説を独自の解釈で、演劇的に昇 華させます。主演は、近年ドラマ・映画など数多くの話題作で活躍する石原さとみ。4年ぶりに待望の舞台出演を果たします。

続きを読む


≪連載≫ 2017-10-31 19:00

【編集後記】ローソンチケットpresents「ここだけの話〜クリエイターの頭の中〜」第2回

ローソンチケットがステージナタリーで出張連載!
ローソンチケットpresents「ここだけの話〜クリエイターの頭の中〜」第2回がアップされました。

クリエイターの創作はどこから始まっているのか? その源流を探るべく、クリエイターたちの頭の中をクリエイターたちのトークによって垣間見させてもらう連載、ローソンチケットpresents「ここだけの話〜クリエイターの頭の中〜」の第2回。今回はナイロン100℃や劇団☆新感線の舞台などでスタイリッシュな映像を繰り広げる上田大樹と、「ポリグラフ−嘘発見器−」や城山羊の会、ハイバイなどで強烈なインパクトを与え続けるムーチョ村松による映像作家対談。顔を見合わせるなり熱い握手を交わし、撮影中も笑いが絶えなかった2人だが、ひと度映像の話になると、真摯な表情で頷き合う。舞台と映像の“これから”を2人はどう見ているのか。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-10-30 18:11

10/30(月)ついに開幕!「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」開幕直前の演出家、ロズ&ギル2人のコメントと舞台写真が到着!

3

生田斗真+菅田将暉初共演!
注目の演出家・小川絵梨子と共に世界が愛した傑作戯曲に挑む!

『ハムレット』での端役コンビで、しかも最後は登場さえもさせてもらえず、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ・・・」の一行で片づけられてしまった哀しい2人組「ロズとギル」。本作は、この2人を主人公に、斬新な発想で新たな劇世界を生み出した劇作家トム・ストッパードの金字塔的な作品です。この革新的戯曲を、生田斗真=ロズ、菅田将暉=ギル、気鋭の小川絵梨子演出で上演!というニュースは、この秋必見の舞台として上演決定時から多くの注目を集めました。
その作品が本日10月30日 (月)19時公演より、いよいよ開幕します!
果たして、生田斗真=ロズと菅田将暉=ギル の運命は?! 演劇ならではのライブな楽しさに心を躍らせながら、『ロズとギル』の運命の旅に是非ご同行ください!

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-10-30 15:25

Japanese Musical『戯伝写楽 2018』メインビジュアル解禁!&出演キャストよりコメント映像が到着!

sharaku flyer omote
2018年1月12日(金)より東京芸術劇場プレイハウスで開幕し、久留米 、名古屋、兵庫で上演される、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』のメインビジュアルが公開となった。

たった10ヶ月の間に、145点余の作品を残し忽然と消えた浮世絵師・東洲斎写楽。
「写楽は女だった・・・?!」という大胆な着想から、写楽の謎に迫り、 喜多川歌麿、葛飾北斎、十返舎一九、太田南畝(別号・蜀山人)など、寛政の時代に、才を競い熱く生きた芸術家達の姿を、中島かずき・作、立川智也・音楽の オリジナル・ミュージカルとして2010年初演、大好評を得た『戯伝写楽』。
8年の歳月を経て、新たに、演出に河原雅彦、作詞に森雪之丞を迎え、新版、Japanese Musical『戯伝写楽 2018』として帰ってくる。

続きを読む


・連載―相葉裕樹の素顔に迫る! 2017-10-30 12:34

【連載】「相葉裕樹の素顔に迫る!」第七回

1

皆さま、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

今回で最終回となりました。
皆さまお付き合いいただきありがとうございました。

続きを読む


・NEWS 2017-10-27 18:07

「Nostalgic Wonderland♪」開催決定!!

NW1
大好評「恋するブロードウェイ♪」が新たに魅せる

「Nostalgic Wonderland♪」開催決定!!

次世代のミュージカルスターを目指す若手俳優たちがミュージカル・ナンバーを惜しみなく披露することで毎回大好評の「恋するブロードウェイ♪」シリーズ。新たに「Nostalgic Wonderland♪」の開催が決定した。

続きを読む


・NEWS 2017-10-27 13:19

吉田鋼太郎主演『シラノ・ド・ベルジュラック』公演決定!!世界で愛される純愛の名作に吉田鋼太郎が挑む。

2012.3幻蝶

 あなたを愛したい、ただ、それだけ。
戯曲の持っている美しさ、激しさ、そして楽しさをマキノノゾミ・鈴木哲也×鈴木裕美の演劇力の強力なタッグで上演する。
かなわぬ恋に身を焦がす吉田はじめ魅力的なキャストに注目!

シラノ、ロクサーヌ、クリスチャンはもちろん、ロクサーヌに横恋慕するド・ギッシュ伯爵の恋愛熱の高さに観客は魅了されることであろう。
自分の醜さゆえに愛の告白をしないシラノ。愛の詩に酔いしれ、盲目的な愛に走るロクサーヌ。溢れる愛を表現できないクリスチャン。
3人とも、愛する人を愛したい、ただそれだけが願いなのに、愛が深いゆえに、相手を見失う…。誠の「愛」とは何なのか、誠に「愛する」とは何なのか、ストレートに現代に問う。

続きを読む


・取材してきました! 2017-10-26 17:16

『ギア -GEAR-』East Version 制作発表会見

IMG_1810

京都にあるわずか100席限定の劇場ながら、なんと観客動員数15万人を数えるノンバーバルパフォーマンス『ギア -GEAR-』。 2017年10月に2000回公演を突破し、ロングラン6年目を迎えた他に類を見ない実績を誇るこの舞台が、ついに関東に上陸する。千葉ポートシアターにて開幕する『ギア -GEAR-』East Versionの制作発表会見が先日都内にて行われ、出演するでんぱ組.incの藤咲彩音らキャスト、プロデューサーが登壇した。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-10-26 17:15

cube 20th Presents Japanese Musical「戯伝写楽 2018」 橋本さとしインタビュー

IMG_3067
写楽は、自由に演じていいと思わせてくれる余白がある存在なんです

江戸時代、彗星のように現れてわずか10か月の間に145点余りの作品を残して消えていった謎多き浮世絵師・東洲斎写楽。その謎めいた存在を題材にしたジャパニーズ・ミュージカル『戯伝写楽 2018』の上演が決定した。初演から8年、この日本製オリジナルミュージカルに再び挑む橋本さとしにその胸中を聞いた。

続きを読む