・インタビューしちゃいました!! 2017-04-28 10:54

ミュージカル『ビューティフル』 平原綾香 インタビュー

DSC06004

弱さも歌にしていいと気づいてから
音楽の捉え方が変わりました

“(You Make Me Feel Like) A Natural Woman”など世界的ヒット曲を数多く世に送り出してきたシンガー・ソングライター、キャロル・キングの半生を描いたミュージカル『ビューティフル』。ブロードウェイだけでなく、全米ツアーや英国ロンドン公演など、各地で大好評を得た作品がついに日本でも上演される。キャロル役に挑むのは、4/26にアルバム「LOVE 2」をリリースし、シンガーとして活躍を続けている平原綾香。今回で2度目となるミュージカルへの挑戦を前に、その胸中を語ってもらった。 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-27 18:09

『LOVE ON THE FLOOR』髙橋大輔のインタビューが到着!

高橋さんオフィシャル写真
アメリカの人気リアリティショー番組『Dancing With the Stars』で2度の優勝経験がある人気ダンサー、シェリル・バークが構成・演出を手掛け、同番組で活躍したクリスティ・ヤマグチ、メリル・デイヴィス、チャーリー・ホワイトといったトップフィギュアスケーターたちも参戦する革新的なダンスショー『LOVE ON THE FLOOR』。

日本初演となった昨年の公演には、あの髙橋大輔がゲスト出演し、氷上と変わらぬ情熱的なパフォーマンスを披露。待望の再演に、今度はシェリルとのW主演として参加する髙橋にじっくり話を聞いた。

続きを読む


・取材してきました! 2017-04-24 15:39

★福岡公演迫る!★
『きみはいい人 チャーリー・ブラウン』取材会レポ in福岡

スヌーピー役に挑む中川晃教を直撃!

P1030725 - copy

4/25(火)まで東京にて上演中のブロードウェイミュージカル『きみはいい人 チャーリー・ブラウン』日本版が、いよいよ4/29(土・祝)に福岡・キャナルシティ劇場に登場!!世界中で愛されているビーグル犬のキャラクター“スヌーピー”とその飼い主チャーリー・ブラウン、そして彼らの仲間たちの日常を描いた『PEANUTS』原作のミュージカル作品だ。

本作は、1967年にアメリカのオフ・ブロードウェイで上演されたのが始まりで、1999年にはリニューアル版としてブロードウェイでの公演がスタート。そして、今年はミュージカル初演から50周年を迎える。そんな記念すべき年に日本版の上演が決まった。

この世界的に愛される作品で“スヌーピー”を演じるのは、2002年に上演されたミュージカル『モーツァルト!』で主演に抜擢され、その後もミュージカル・舞台・ドラマ・歌手として幅広い活躍をみせる中川晃教。15周年を迎えた彼は、昨年、第24回読売演劇大賞の最優秀作品賞を受賞したミュージカル『ジャージー・ボーイズ』で、最優秀男優賞を受賞。そんな実力派の中川晃教がどんなスヌーピーを演じるのか気になるところだ。

ローチケ演劇部では、今年、ミュージカル『フランケンシュタイン』で福岡を訪れていた中川晃教に直撃!『きみはいい人 チャーリー・ブラウン』の取材会で、本作の役作りなどの話を聞くことが出来た。

続きを読む


・NEWS 2017-04-24 14:31

「情熱大陸」で話題のMIKIKO(演出振付家)が NYで一番影響を受けた作品とは!?
フエルサ ブルータ芸術監督ディキ・ジェイムズとの対談

画像5
          (写真:GEKKO)

二人に共通する演出への情熱とは!?

世界30カ国・60都市以上、500万人以上の観客を魅了し、世界中を熱狂の渦に巻き込んでいる「フエルサ ブルータ」。「日本」にインスパイアを受けた芸術監督のディキ・ジェイムズが、世界初となる最新バージョン「WA!」を創り上げるという、この壮大なプロジェクトは、構想に10年かかり、満を持してこの夏上演される。

そんな世界が注目する公演を前に、本作の演出家ディキ・ジェイムズと日本を代表する演出振付家MIKIKO の対談が実現!!ニューヨークで初めて観た「フエルサ ブルータ」に感銘を受けたというMIKIKO。現在Perfumeの振付やライブ演出をはじめ、近年一世を風靡した「恋ダンス」の振付やPVやCM、舞台と、飛ぶ鳥を落とす勢いで大活躍している彼女は、先日放送された「情熱大陸」でも大きな反響を呼んでいる。

今回この対談が行われたのは、昨年12月。ディキ・ジェイムズが本作のオーディションのために来日した際に実現した。二人に共通する演出への情熱とは!?さらに3日間に渡るオーディションで選ばれた日本人キャストについても語った。

続きを読む


・取材してきました! 2017-04-19 12:24

【会見レポ】ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 製作発表記者会見

DSC06388


円形状の客席が360°回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」にて、現在絶賛上演中の『髑髏城の七人』Season 花。「花・鳥・風・月」という4シーズンに渡るロングラン上演は、2017年6月27日から「Season 鳥」に引き継がれる。異なるキャスト、異なる脚本・演出で新たに生まれ変わる『髑髏城〜』の製作発表記者会見の模様をレポートする。

 

会場は豊洲駅に程近い「アーバンドックららぽーと豊洲」内の屋外デッキ。当日朝まで天候不良が心配されたが、開始時刻前にはすっかり快晴となり、心地良い日差しの中での開催となった。この製作発表記者会見は豊洲近隣に住む方々や観覧希望者も参加出来るため、「鳥」の出演キャストが観客とハイタッチをしながらレッドカーペットを歩いたり、青い風船を空へ飛ばすイベントが行われたりと、野外らしい開放的かつ和やかなムードで進められた。

続きを読む


・NEWS 2017-04-17 11:44

舞台「警視庁抜刀課 vol.1」追加キャスト発表!キャラクタービジュアル解禁!

岩田
 

元AKBトップアイドルと、平成ライダー、夢の共演?!
AKBトップアイドルから本格女優へ!? 刀に憑りつかれた女子高生役に、岩田華怜!!

本作のテーマである「刀」の恐ろしさに苦しむ女子高校生・六人部真名 役を、岩田華怜(いわた かれん)が演じます。2011年2月、AKB48第12期研究生オーディションに合格し、 翌年、チームAへ13歳という当時「最年少記録」で昇格。テレビアニメ「AKB0048」では、主人公の9名の声優選抜入りを果たすなど、トップアイドルとしての名声を確立しました。2016年、惜しまれながらもAKBを卒業し、女優業へ転身。舞台「ダンガンロンパ THE STAGE~希望の学園と絶望の高校生~2016」や映画「殿、利息でござる!」などの話題作へ数多く出演し、ミュージカル「マリアと緑のプリンセス」では主人公・マリアを演じ、好評を博しました。絶大な人気と実力を兼ね備えた岩田がどのように「刀の恐ろしさ」を表現するのか、是非ご期待ください。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

音楽劇『魔都夜曲』
藤木直人、マイコ、河原雅彦 インタビュー

YS5_0033_retouch_01

大戦前夜の魔都・上海を舞台に秘められた恋を描く音楽劇

 

 第二次世界大戦前夜の1939年。列強各国が共同統治をしていた上海租界には各国の思惑が渦巻き、街角には硝煙がくすぶっていた。次代の政界を担うと目されプリンスと呼ばれる主人公・白河清隆は、美貌の女・周紅花と出会い、美しくもはかない恋へと突き進んでいく……。

 脚本は濃密な人間ドラマを描く作家として定評があるマキノノゾミ。華やかさと暗部を抱えた激動の上海を舞台にした音楽劇について、主演の藤木直人、マイコ、演出の河原雅彦に稽古前の意気込みを聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

舞台「黒子のバスケ」OVER-DRIVE 安里勇哉 インタビュー

画像

大人気バスケ漫画の舞台化、第二弾

 

『黒子のバスケ』――週刊少年ジャンプで連載されていた人気バスケ漫画が、昨年ついに舞台化をはたした。主人公である黒子テツヤが「影」、天賦の才能を持つ火神大我が「光」としてタッグを組み、ライバルチームたちと戦っていく。バスケの熱さ、登場人物たちの成長と絆を描く物語だ。

安里
「火神大我は僕の憧れ。初演を終えて自分に馴染んだというよりは最初からずっとリスペクトしている存在です。どちらかと言うと、黒子役の小野賢章と馴染んだ気がします(笑)」

 

火神を演じる安里勇哉は、オーディションで射止めた自身の役と、相棒の黒子を演じる小野についてこう語る。

安里
「賢章とは初共演でしたけど、プライベートでも遊びに行く仲になりました。”相棒”感が出来たところで続編をやれるのが嬉しいですね。前回の公演で各校のチームの絆も生まれています。キャストとキャラクターのシンクロ性が、作品の熱さにもつながっていたと思います」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

ミュージカル『RENT』 村井良大 インタビュー

7956
最高のカンパニーで再び挑む 二度目のマーク役

 

2年前、本格ミュージカルの経験がほぼないまま、全世界的に熱狂的なファンを持つミュージカル『RENT』の主役マーク役をつかんだ村井良大。

村井
「それまで自分はミュージカルとは住む世界が違うと思っていて、オーディションで拾っていただいたときも、『なぜ僕なんだろう?』って本当に謎で。でも新しい世界に踏み込んで他のミュージカルもやらせていただいて、いろんな知識や自分の中での楽し
さが見つけられている。カテゴライズはせずに一人の役者として、ミュージカルもどんどんやっていきたいという感覚で今は臨んでいます」

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-04-15 00:00

名古屋平成中村座 中村勘九郎&中村七之助 インタビュー

6646
待望の名古屋平成中村座、ご当地ゆかりの演目も

 

 名古屋では8年ぶりとなる、待望の平成中村座。昼夜通して見事なまでに、見どころ満載の人気演目が上演される。

続きを読む