・NEWS 2017-09-05 13:06

世界が賞賛!!enra(エンラ) 金子ノブアキとの競演!で魅せる!! 新作ツアー”VOYAGER”いよいよ今週末開催!

enra画像

結成からわずか5 年のパフォーミングアーツカンパニー・enra。
代表作品「pleiades」はyoutube の再生回数が800 万回を超え、そのクオリティの高い映像美、そして表現力、身体能力で世界中の人々を次々と魅了し続けている。
2015 年カンヌ国際映画祭授賞式で披露した映画祭のためのオリジナルパ フォーマンスは、会場を沸かせ、世界のメディアからも非常に高い評価を得ている。 2 年連続で開催しているUSA ツアーでは、全ての公演でスタンディングオベーション。今年2017 年は、アメリテネシー州にて3 週間で33 公演を敢行した。 続きを読む


・NEWS 2017-09-01 18:12

「TOKYO TRIBE」STAGEテーマソング発表!! “サムライ・ギタリスト”MIYAVIが楽曲提供!

tt
MIYAVI、舞台へ初の楽曲提供!

来月、9月末に東京はTSUTAYA O-EASTを皮切りに名古屋、大阪にて上演される「TOKYO TRIBE」STAGEの公式テーマソングとして世界的に活躍するギタリスト・MIYAVIが楽曲を提供することが決定した。「TOKYO TRIBE」STAGEは、架空都市「トーキョーの中で、シヴヤSARU、ブクロWU-RONZ、ハラヂュクJINGUSのトライブが、「少し違うトーキョー」で巻き起こる抗争を描いた初のステージ化作品。
原作「TOKYO TRIBE2」も各国で翻訳出版されている、まさに世界中にファンを持つコミックだが、同じく世界を主戦場に戦う”サムライ・ギタリスト”MIYAVIが楽曲提供する。そして今回、AAA(トリプル・エー)の一員としても活躍する日高光啓a.k.a SKY-HIとのセッション曲「Gemstone」を「TOKYO TRIBE」STAGEの劇中で使用する。本番まで一ヶ月を切る中、今回のテーマソングである「Gemstone」が劇場にていち早くオンエアされるという異例の展開や、そのほかに使用される楽曲も気になるところだ。
さらに加速度が増した舞台「TOKYO TRIBE」に益々期待が高まる。
なお、8月31日から「TOKYO TRIBE」オフィシャルサイトでも一部を聴くことができるとのことなので、そちらも要チェック。

続きを読む


・NEWS 2017-09-01 14:43

5人のビリーが集結!ビリー・エリオット日本初演 50公演記念スペシャルカーテンコールを開催!

billy
8/31(木)ビリー・エリオット日本初演 50公演記念スペシャルカーテンコールを開催!

7月25日に開幕したミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』が、8月31日の12時45分の回を持って、50公演を達成。これを記念して記念スペシャルカーテンコールが行われ、交互出演で主役のビリー役を演じる、加藤航世(13)、木村咲哉(11)、前田晴翔(12)、未来和樹(15)、山城力(11)の5人が、舞台上に集結した。ビリー5人が衣裳を着て壇上に上がることは初日以来だったため、割れんばかりの拍手と歓声があがった。

続きを読む


・NEWS 2017-09-01 10:00

石丸幹二が「MUSIC FAIR」出演! 来日直前のブロードウェイミュージカル 「ファインディング・ネバーランド」の主題曲 「ネバーランド」を熱唱!

isimaru画像

2017年9月8日(金)から、東急シアターオーブ(東京・渋谷)で、ブロードウェイ・キャストによる「ファインディング・ネバーランド」の来日公演がいよいよ開幕! 続きを読む


・NEWS 2017-08-31 12:00

「ハムレット のスピンオフ戯曲」として、興奮と熱狂を巻き起こした『ローゼンクランツと ギルデンスターンは死んだ』に生田斗真と菅田将暉が挑む!

lg

現代演劇界の至宝・サー・トム・ストッパードの出世作『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で、生田斗真 と 菅田将暉 が初共演!
次代を担う気鋭の演出家・小川絵梨子と共に、世界的戯曲に挑む!

全世界の演劇ファンに、『ロズ・ギル』の愛称で呼ばれ、愛され親しまれている戯曲『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』。英国演劇界のみならず、現代演劇に大きな足跡を残してきたサー・トム・ストッパードが初めて、その名を世界の演劇界に知らしめた、出世作にして代表作である。今でこそ、あらゆる分野で、「スピンオフ」は人気を呼んでいる創作方法だが、なんと演劇の王道シェイクスピアの「ハムレット」に、大胆に切り込み、いわば「ハムレットのスピンオフ戯曲」として、興奮と熱狂を巻き起こした作品である。

続きを読む


・NEWS 2017-08-29 10:30

enra(エンラ)×金子ノブアキ 新作ツアー・東京公演でスペシャルイベント決定!

enra1

スクリーンに映る映像とその手前で踊るパフォーマーの動きがシンクロした新感覚の表現方法で話題となっているenra。映画でもなく、演劇でもない。そしてダンスパフォーマンスとも違う、全く新しい「enra」と言うジャンルと表現しても過言ではないパフォーマンスで人々を惹きつけている。
代表作「pleiades」はyoutubeの再生回数が800 万回を超えるほどの人気で、クオリティの高さや美しさに魅了された人も少なくはないだろう。このpleiades」と並ぶとも劣らないほどの代表作に2016 年制作の「Firebird」がある。この作品では今にも羽ばたきそうな鳥の羽が生命力に満ち溢れ、美しくもあり、とても力強い作品だ。
続きを読む


・NEWS 2017-08-29 10:01

ブロードウェイミュージカル「ファインディング・ネバーランド」来日ツアーキャストをご紹介します♪

all
開幕目前!/
先日発表された来日ツアーのキャストをご紹介します!
続きを読む


・連載―相葉裕樹の素顔に迫る! 2017-08-28 19:22

【連載】「相葉裕樹の素顔に迫る!」第五回

aiba1

皆さま、こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?
毎月、読んでくださいましてありがとうございます!
写真集とカレンダーの発売が決定しました。
今回は、写真集のお話も少しお伺いしました。

続きを読む


・NEWS ・出演者からのメッセージ! 2017-08-28 14:37

『池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE』初舞台化にしてミュージカル化!!主演マコトに大野拓朗が決定!

iwgo2

池袋発!の伝説の原作が、ワークショップを経て、
ついにトライアル公演に踏み出す!!!

東京芸術劇場では、地元池袋を舞台とし、一般都民が参加して楽しむことのできるダンスエンターテインメントを創出すべく、2013年、2015年と2度にわたり 石田衣良原作「池袋ウエストゲートパーク」を題材としたワークショップを行ってきた。初年度はダンス+芝居(脚本 御笠野忠次、演出 杉原邦生、振付 北尾亘)、2回目は ダンス+歌(演出 杉原邦生、振付 北尾亘、既存楽曲に柴幸男の歌詞)にて構成し、若い男性ダンサー、俳優たちによるワークショップは作品化への確かな手ごたえを感じさせた。
 今年はいよいよこれをステップアップさせ、シアターウエストに観客を招き入れてのトライアル公演に挑戦する。繰り返し上演して、芸劇の風物詩となり、この舞台が人気のダンサーや俳優を生み出すこと、そして将来的にはプレイハウスでの実現を目指すクリエイションとしていく企画である。
続きを読む


・NEWS 2017-08-28 13:02

KERA meets CHEKHOV Vol.3/4 ワーニャ伯父さんついに開幕!舞台写真&演出家+キャストよりコメントが到着!

3

鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが
チェーホフ四大戯曲に挑むシリーズ第3弾
段田安則・宮沢りえ・黒木華・山崎一ら
充実の俳優陣と共に、遂に開幕!

鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、チェーホフ四大戯曲を手がける人気シリーズ【KERA meets CHEKHOV(ケラ・ミーツ・チェーホフ)】も、いよいよ8月27日(日)開幕の『ワーニャ伯父さん』で第3弾!四大戯曲上演も後半戦に突入しました。「最高のキャスティングとシチュエーションが揃ったときのみに実現」という不定期上演企画として、これまで2013年『かもめ』(生田斗真、蒼井優、野村萬斎、大竹しのぶほか)、‘15年『三人姉妹』(余貴美子、蒼井優、宮沢りえ、段田安則、堤真一ほか)を上演。真正面から100年以上前に書かれたチェーホフ戯曲に向き合いながらも、独自の言語感覚とリズムに彩られた世界は、まさにビビッドな“KERAワールド”そのものです!今回の第3弾『ワーニャ伯父さん』では、シリーズ前2作での劇場空間(シアターコクーン)を離れ、新国立劇場小劇場にフィールドを移しました。舞台と客席がより密接に感じられる空間で、実力派キャスト陣のエネルギーが間近に迫る、濃密な人間ドラマをお楽しみいただけることでしょう。また、ギター奏者・伏見蛍が生演奏で、登場人物の心情を描き出すKERA演出にもご注目ください。

 

続きを読む