・インタビューしちゃいました!! 2015-01-15 09:30

帝国劇場ミュージカル『レ・ミゼラブル』 上山竜治 インタビュー

1501_kamiyama

新キャストによるチャレンジ

不朽の名作が再び進化を遂げる

 

人前に出ることは嫌いじゃなかったとのこと。中学生のとき、道を歩きながら大声でゆずの「からっぽ」を歌っていたら、近くのビルから出てきた男性と目が合った。

上山「人と目が合って、歌うことをやめてしまったら、僕の負けだと思っていたので(笑)。だからその人の目を真っすぐ見たまま歌いつづけてたら、その人も真っすぐ見返してきて。『いい声してるね、デビューしようよ!』って言われて、今に至ります(笑)」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-01-15 09:30

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 松岡広大&佐藤流司 インタビュー

1501_narutoall

舞台版「NARUTO-ナルト-」出演のふたりが熱く語る!

 

“NARUTO新時代開幕プロジェクト”の盛り上がりは舞台にも! 演劇、ミュージカル、サーカス……どのジャンルにも当てはまらない、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」が3月に東京で開幕。5~6月にはなんとマカオ、マレーシア、シンガポールでの世界ツアーも決定している。一大勝負の舞台にメインで立つのは、ミュージカル「テニスの王子様」で人気を得た若いふたり、17歳の松岡広大(うずまきナルト役)と19歳の佐藤流司(うちはサスケ役)だ。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-01-14 16:58

つかこうへい TRIPLE IMPACT「初級革命講座・飛龍伝」「ロマンス2015」「いつも心に太陽を」 柳下 大×鈴木勝大 インタビュー

profile_yanagishitaTomo profile_suzukiKatsuhiro

つかこうへい TRIPLE IMPACT「初級革命講座・飛龍伝」「ロマンス2015」「いつも心に太陽を」

 柳下 大×鈴木勝大 インタビュー 

 

「つかこうへい」の六文字を、何らかの思い出やノスタルジーと共に思い返す大人はきっと少なくない。強烈な毒で社会を斬ったり、熱い純愛をその奥底に潜めたり。亡くなって4年が経つ今もなお、その喪失は多くの演劇(を愛する)人の心に大きな穴をあけている。

2月に開幕する『つかこうへいTRIPLE IMPACT』。上演期間を3つに分けて、『初級革命講座 飛龍伝』『ロマンス2015』『いつも心に太陽を』の3作品を、若手俳優の主演で蘇らせようという試みだ。『いつも~』に出演する柳下大は26歳、『ロマンス』に出演する鈴木勝大は21歳。つか作品が演劇界に旋風をまきちらしていた頃には、まだ生まれていなかった世代である。

 

続きを読む


・観劇してきました! 2015-01-13 22:50

劇団鹿殺し 復活公演『ランドスライドワールド』

ランドスライドワールド舞台写真1
菜月チョビ海外留学のために劇団が「充電」すると聞いてからもう1年、いや正確には1年以上経ったなんて、時の流れは早すぎる!…という驚きからの、昨夜、下北沢・本多劇場。

充電前公演には残念ながら行くことができず、最後に観た劇団公演は2013年春の『BONE SONGS』だから約2年ぶりだったけれども、充電期間は小休止ではなくほんとうに「充電」で、貯め込まれたエネルギーがいまここであふれ出ているんだなと感じる熱量に満ちていた。おなじみの楽隊がかき鳴らすメロディーが、なんともうれしい(楽隊のなかでも、ブラスバンドで使ういわゆる「大太鼓」が出てくるとああ鹿殺し公演に来てるな!っと感じるのは私だけだろうか?)。

続きを読む


・取材してきました! 2015-01-13 20:42

『スタンド・バイ・ユー~家庭内再婚~』初日会見レポート!

シアタークリエにて1月12日から開幕した『スタンド・バイ・ユー~家庭内再婚~』。ゲネプロに続いて初日会見をレポート。

IMG_0928

初日会見には、ミムラ(藤沢ハルカ役)・戸次重幸(藤沢英明役)・真飛聖(榊愛子役)・勝村政信(榊誠治役)・堤幸彦氏(演出)の5人が出席した。

 

初舞台ということで緊張していると述べるミムラに対し、堤氏は「機械のように正確。なのに人間味がある。」と賞賛。また、「肉食女子で、思っていることをすぐ言葉や顔に出してしまう役。(役柄と自身とでは)共通点はなく全て役作りです!」と述べる真飛に対し、堤氏は「コントやりませんか?」とお誘い。

続きを読む


・観劇してきました! 2015-01-13 20:42

『スタンド・バイ・ユー~家庭内再婚~』ゲネプロ観劇レポート

シアタークリエにて1月12日から開幕した『スタンド・バイ・ユー~家庭内再婚~』。

12日、開幕前にゲネプロが行われました!

IMG_0939

 

別荘にて休暇を過ごすことになった2組の夫婦バトルを描く大人のコメディ。以前お邪魔した稽古(ローチケ演劇宣言!稽古場レポート参照!)から、どのように進化しているのか楽しみにしながら観劇しました。アドリブもさらにパワーアップしていて、笑いポイント満載になっておりました!大爆笑というよりは、思わず「ふふふ(笑)」と声が漏れてしまうような場面が沢山あります。

舞台初挑戦のミムラさんの役ハルカは強烈な個性を持っており、演技も大迫力で舞台初挑戦とは全く思えません。戸次さんと真飛さんは表情が非常に多彩で、顔だけに注目していても良いのではというくらい表現力豊か。勝村さんは靴が脱げてしまうアクシデントも笑いに変えており、流石。そして個人的に注目していただきたいのが、出番でない時に舞台上手に座っているモト冬樹さん!細やかな演出をシュールに行っているのです・・・それを見ているだけで笑えてしまいます!音楽も生演奏のジャズが流れ、非常に心地よい気分にもなれます。また、本作品のテーマである「結婚」「夫婦」についても考えさせられ・・・なんだか結婚したくなりました(筆者独身)。フフっと笑えてじわ~と考えさせる、そんな舞台に仕上がっております!皆様も是非会場に足を運んでみてください!

文・ローチケ演劇部(か)

★★同日に行われた初日会見はコチラ!★★

以下、舞台写真を掲載します♪

続きを読む


ローチケに教えて! 2015-01-12 09:00

アツアツ新企画!「ローチケに教えて!」

 

ローチケ演劇宣言!のアツアツ新企画!

その名も「ローチケに教えて!」!!!

 

ローチケ演劇チームは、
“読み物コンテンツを増やします!”と宣言しちゃいましたから
この企画の第1弾として、皆様にインタビューしてほしい俳優を教えて頂きたいと思います。

続きを読む


・取材してきました! 2015-01-09 20:38

舞台「真田十勇士」囲み取材及びプレスコールレポート

IMG_0745

今月7日、東京・赤坂ACTシアターにて行われた、舞台「真田十勇士」(脚本:中島かずき/演出:宮田慶子)の囲み取材及びプレスコールをレポート!

2013年夏に初演を終えてから早くも再演が決定した本作品。上川は、「かなり早い時期での再演決定と、ほぼオリジナルメンバーということはとても幸せなこと。現代劇では表せないような、人と人とのつながりや思いを強く描けるのが時代劇。意味がある興行だと思っております。」と語る。

image1

今回の囲み取材では、上川隆也(真田幸村役)のコメントに加え、柳下大(猿飛佐助役)・黒川芽以(ハナ・花風役)・賀来千香子(淀の方)・里見浩太朗(徳川家康)の4名がコメント及び“座長”上川の印象を語った。

続きを読む


・取材してきました! 2015-01-08 11:51

『スタンド・バイ・ユー ~家庭内再婚~』 稽古場レポート

1月12日からいよいよ開演!『スタンド・バイ・ユー ~家庭内再婚~』12/26の稽古場をレポート!

26_010926_0114

26_0162

稽古場に近づくと、中から聞こえてくるのは大きな笑い声!休憩中のようですが、稽古場に入る前から雰囲気の良さが伝わってきます。中に入ると、和気あいあいとした明るい雰囲気の中、一人自主練習をしていたのは戸次重幸さん。柔軟を始めても台詞は止まることはありません。ミムラさんは台本をじっくり読み込んでいます。皆ジャージやスウェットなどのリラックスした格好です。そして開始の合図がかかり、二週間目の稽古が始まりました。

続きを読む


・取材してきました! 2014-12-30 11:42

ダンスファーム『近藤良平のモダン・タイムス』フラッシュ・モブ体験記

ダンスで種まき、ダンスを耕し、ダンスが実る、近藤良平の新プロジェクト“ダンスファーム”!!

近藤さんが一般参加の皆さんと2013年から続けてきたプロジェクトの大収穫公演がいよいよプレイハウスで上演されます。

小林十市、篠原ともえ、たむらぱんなど、個性あふれる才能も集結し、予測不可能な楽しさがぎっしり詰まった舞台をお届けします。

 

そんな本公演の一環として、12月27日、28日の13:15~、17:15~の計4回、東京芸術劇場B1ロワー広場にてフラッシュ・モブが開催されました!!!

 

大学時代ダンスをやっていたローチケ演劇部員(か)は、兼ねてからフラッシュ・モブを踊ってみたいと思っていたため、これは絶好のチャンス!と、事前練習会から参加。参加者には年齢層が様々で、中には大学生や親子連れの方もいらっしゃいました。近藤良平さんは太陽のような方で、参加者は終始笑顔の練習会となりました。練習会を終えてからは練習用公式動画を何度も見たり、自宅のリビングで窓ガラスを鏡代わりに練習し、本番に備えました。

 

そして迎えたフラッシュ・モブ本番!賛美歌が流れ、いつもとちょっと様子が違う東京芸術劇場。13:15に向けて緊張感と高揚感が高まります。B1にあるロワー広場を見ると、あの人もフラッシュ・モブ踊るのかな~?という人や、何も知らずにイスに座って休んでいるかのような人もいて。この穏やかなロワー広場が、一体どんなことになってしまうのか?!ワクワクが止まりません。

続きを読む