・良席仕入れちゃいました★ 2015-02-12 20:12

【良席販売情報】ミュージカル『エリザベート』ローチケ 7/24[金] 貸切公演

 

2000年の東宝版初演から進化を続ける「エリザベート」が
今年で15年目を迎え、2015年6月より帝劇にて待望の再演が決定!

 

LEncore会員限定の良席限定先行を決定しました!!
キャストは蘭乃はな、井上芳雄、山崎育三郎、田代万里生、古川雄大、剣 幸、未来優希 ほか!

★センター10列以内(S席)を保証した良席限定先行を実施します!★

prereq_map

 帝劇の良席で観劇できる絶好のチャンスをお見逃しなく!

 

【受付期間】

2/23[月]12:00~25[水]23:59

 

【公演情報】
ミュージカル『エリザベート』ローソンチケット 貸切公演
日程:2015/7/24[金] 18:30
会場:帝国劇場

 

詳細やお申込みは下記「チケット情報はこちら」のボタンから!

 


・取材してきました! 2015-02-12 19:11

劇団プレステージ第9回本公演「WORLD’S ENDのGIRLFRIEND」稽古場レポート!

いよいよ28()よりCBGKシブゲキ!!にて幕をあけた劇団プレステージ第9回本公演「WORLD’S ENDGIRLFRIEND」。

pre0

 

もうすでに舞台をご覧になった方もいらっしゃると思いますが、今作は劇団初のラブファンタジーです。

公演が発表された際のインタビューでは大村、風間、高橋、そして今井、平埜が“自分たちのイメージする第9回本公演”に対する思いを熱く語ってくれました。その時には脚本もなく、もちろんオーディション前でしたから自分がメインキャストになるかどうかもわからない状況でしたが、今井隆文は別の舞台と重なりオーディションに参加しないことになったり、メインキャストに新しいメンバーが抜擢されたり。準備段階からサプライズがあるのも“劇団プレステージならでは”なのです。

pre1

稽古場で大村が言っていました。
「“劇団プレステージに新しい風を入れたい。”今作はそういう大きな狙いもあるんです。しっかりとお芝居を届ける作品になると思いますよ。」

続きを読む


・取材してきました! 2015-02-12 18:34

『曇天に笑う』稽古場写真が到着!

 

まもなく開幕する舞台『曇天に笑う』の稽古場写真が到着しました!!

クリックすると大きくなります。

 

1 2 3 4

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-12 17:50

『趣味の部屋』 中井貴一 インタビュー

nakaikiichi

人気サスペンスコメディがパワーアップ

ひと筋縄ではいかない奴らが帰って来る!

 

 中井貴一がプロデュースを手がけ、古沢良太の脚本、行定 勲の演出により、2013年に初演された「趣味の部屋」。ひと筋縄ではいかない登場人物たち、先が読めない展開が大評判となった舞台が帰って来る! この作品の発案者でもある中井は、「観たことのないオリジナル・ミステリーをつくりたかった」と語る。

中井「いろいろな舞台が上演されるなか、日本発の面白いミステリーがあまりないなと思っていた矢先、古沢さんが脚本を書かれたドラマを見て。伏線の張り方の巧さに感動して、すぐに会いに行きました(笑)。今回は再演とはいえ、古沢さんが脚本に手を入れてくださるので、新たな『趣味の部屋』をつくる気持ちですね」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-12 17:50

『ベター・ハーフ』 片桐 仁 インタビュー

katagirijin

鴻上尚史の新作は4人芝居の恋愛劇

個性豊かな俳優陣が紡ぐ愛の物語

 

 すでに4人は「チーム」だった。この春に開幕する、鴻上尚史の書き下ろし最新作「ベター・ハーフ」。風間俊介、真野恵里菜、中村 中、片桐 仁。制作発表の席で4人は、丁々発止のやりとりを見せた。

片桐「ワークショップというのをやったんです。ゲームみたいなことから始まって、演じることを『感じる』ことを試してみる。うわぁ、学校みたい!って思いました。今までの僕は、すでにある台本をもとに、そのための稽古に終始していたから、演技するときの心のあり方とか、基礎中の基礎みたいなことを、実はしてこなかったなぁと思って」

 

 鴻上と、個人面談もしたのだという。どういう芝居が好きか、どういう役をやるのが好きか。

片桐「そういうことを、あんまり考えたことがないんですよね。『どうしたらウケるかな』とか『どうやって楽しむか』は考えてきたけど、自分がどうしたいかについてはあんまり感知してこなかった。これは大事な問いだなあと思いました」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-02-09 16:32

『つかこうへいTRIPLE IMPACT』演出家 岡村俊一☓中屋敷法仁 対談

 

 彼がいなくなって、もう5年が経つ。つかこうへい。終始ハイテンション、せりふと感情の洪水みたいな舞台で、演劇界をぐいぐいと牽引した人だ。彼が引き起こしてきた奇跡を、直接は知らない世代の舞台人も今は少なくない。けれどそういった人たちが、強くつか芝居に焦がれているというのだから不思議だ。つかこうへいの右腕として長く信頼を置かれ、今回「つかこうへいTRIPLE IMPACT」のうち『いつも心に太陽を』を演出する岡村俊一と、『ロマンス 2015』を構成演出する中屋敷法仁に聞いた。

 

tsukakouhei

 

続きを読む


・取材してきました! 2015-02-04 11:11

『二月花形歌舞伎』出演者による「豆まき神事」をレポート☆

節分大祭 トリミング済み

 

本日2/4[水]から博多座で上演される『二月花形歌舞伎』の出演者たちが、 2/3[火]毎年恒例、博多総鎮守・櫛田神社での「豆まき神事」に参加!

続きを読む


・NEWS 2015-02-01 19:04

Loppiでの引取方法

Loppiの引取方法を画面と一緒にご説明します。

※会員登録せずに申し込まれた方用の引取方法です。

 

まずTOP画面です。

TOPの左下の「ローソンチケット」ボタンを押してください。

TOP1

大きい6つのボタンが出てきますので、上段の真ん中「予約済(当選)チケットの引取り」を押しましょう。

2p

上段にご予約完了時(当選発表時)にお伝えする予約番号を入力。

下段には、ご予約時(エントリー時)に電話番号を入力。

3p

Pontaカードを持ってるかと聞いてくるので、ここは「いいえ」で。

「はい」を押すとPontaカードの登録情報を聞かれます。

4p

ローチケ発券作業のめんどくさいところのひとつ。名前等の入力です。

「姓」と「名」の間は一字あけることが必要です。カナは自動的に入ってきます。

5p

再び電話番号を入力(確認)です。

6p

※なぜもう一度入れるのかという問い合わせがあります。最初の電話番号は予約情報の照合に使います。そしてお名前・電話番号をもう一度いれるのは、発券者としてのデータ取得となります。チケット紛失時「発券証明書」を発行させていただく場合がございますが、これはここに登録されたお名前が必要となります。

最後に予約内容の確認をしましょう。OKでしたら右下の「確定する」ボタンを!

saishu

下からレシートのようなものが出てきますので、これをレジに持っていっていただいてチケットのお受け取りをお願いします。

kanryo

以上、慣れるまでは大変かとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。


・出演者からのメッセージ! 2015-01-30 11:13

『夜想曲集』東出昌大&安田成美のコメント動画!及びSPOT映像を公開!

 

英国文学最高峰のブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの意欲的初短篇集を世界初舞台化!
舞台『夜想曲集』出演の東出昌大さん、安田成美さんから動画メッセージが届きました!

 

東出昌大

 

安田成美

 

SPOT映像

 

『夜想曲集』

◆プレリクエスト抽選先行:2015/01/31(土)12:00~2/4(水)23:59
◆一般発売:2/14(土)10:00~

 


・連載―デキメン列伝! 2015-01-29 13:28

デキメン列伝 第2回 上口耕平

“デキる”のみをものさしに、今後の舞台界を担っていくであろう、注目株の若手俳優をピックアップ。彼らが「デキメン(=デキる男優)」である理由、そして、隠れた本音をロング・インタビューで探る!

【第2回】 上口耕平  KOHEI UEGUCHI
IMGP7529s

“展開”を楽しんで、ポジティブな方向に持っていくのは得意です


Writer’s view

弾けるような表情でキレッキレに、心から楽しそうに踊るこの人がいると、大人数の群舞のシーンでも目を奪われずにいられません。2人目のデキメンとしてご登場いただいたのは“視線泥棒”上口耕平さん。ミュージカルファンには元気な若手としておなじみですが、昨年末の「聖☆明治座 るの祭典」への出演で、若手男優ファンにも“デキるお兄さん”として認識されたはず。エンターティナーとしてのこれまでの道のりと、知りたかったその笑顔と元気の秘密もたっぷり伺いました。

取材・文/武田吏都

 

――最近の出演作は昨年末の「聖☆明治座 るの祭典」(’14)。る・ひまわり製作のこのシリーズには初参加でしたが、出演してみていかがでしたか?

上口 史実とはまた異なる明智光秀役だったんですが、いつもはポジティブな楽しい役を演じさせていただくことが多いので、悪役と言いますか、ああいう捻じ曲がった性格の人間を演じるのは初めてですごく新鮮でした。正直悪くないな、やってて気持ちはいいなと思いました(笑)。役者としてひとつのイメージだけでなく、振れ幅大きく生きていきたいと思っているので、ある意味待っていたというか、そういう機会が与えられてありがたかったです。
続きを読む