・連載―FUN HOME 2018-02-07 12:06

【連載】『FUN HOME』大好きローチケ演劇部員が送る、『FUN HOME』稽古場レポート!

funhome

2015年トニー賞作品賞受賞の傑作ブロードウェイミュージカル「FUN HOME」が、今年2月に日本人キャストで日本初上陸!FUN HOME大好きローチケ演劇部員が、FUN HOMEの稽古場にお邪魔してきました!今回はその様子をレポートします!

【STORY】
43歳、レズビアンで漫画家のアリソンは、今の自分を見つめなおすため、今の自分と同じ年齢で自殺した父と自分の関係を漫画として記録することを決意する。小さいころからどこか男勝りな性格だったアリソンは、厳格で完璧主義な父と複雑な関係を築いてきた。
大学生となり、自身がレズビアンと自覚した彼女は、母の口から父がゲイであると知ることになる。そして、手紙で自身がレズビアンだとうちあけた数か月後、父は自殺してしまう。
彼女がしまい込んでいた父への思いとは、そして、父の苦しみとは何だったのか。
家族でありながらも他人、他人だけど家族。
田舎町の小さな一家の別れと再生を通して描かれる、希望の物語。

 

 

稽古当日、行われていたのはピアノ伴奏のみでの通し稽古。最初から最後まで通しで、複雑なメロディーをピアノ伴奏のみで歌い上げていきます。大人になったアリソンを演じる瀬奈じゅんさんをはじめ、実力派が揃う本作。高い演技力と歌唱力はお墨付きです。休憩なし約100分の公演も、一度も時計を意識することなく観ることが出来ました。

 
そんな中で、やはり、特筆すべきはこの曲でしょうか、楽曲解説第2弾でご紹介した、FUN HOMEいちノリノリな楽曲『Come to the FUN HOME』。子供たちのはつらつとしたパフォーマンスに、見ている誰もが思わず笑顔に。袖でスタンバイしている大原さんと横田さんも、曲に合わせて一緒にダンスを楽しんでいました。

 

また、繊細な関係性を繰り広げる大人たちにもご注目。上口さんは未成年からポップスターまで、唯一複数の役を演じています。登場するたびに変わっていく表情は本当に別人のようです。そして、その役の何人にもアプローチする、吉原さん演じるアリソンの父。それを知っていながらただ見ないふりをする、紺野さん演じるアリソンの母。夫婦と同性愛、一見交わることのなさそうな3人の踏み入ることのできない関係性が、物語に緊張感を与えています。

 

そして、稽古ながらも惜しみなく披露されるキャストの美声には、流石、の一言です。
特に驚いたのはハーモニーの美しさ。曲中には何度か3人以上のハーモニーが登場しますが、どれも音程が正確で、とてもきれいに調和していました。当たり前ですが、一人一人の音程が正確でないと美しいハーモニーにはならないわけですから、全体のレベルの高さがうかがい知れます。声量も抜群で、稽古中からこれだけ本気なのだ、と、なんだか嬉しい気持ちに。本番ももっと楽しみになりました!

 

加えて注目してほしいのはシンプルな美術。今回は稽古場なのでセットが実際どのようなのかは分かりませんが、劇中使用されるその他の道具はとてもシンプル。セットに頼らずにその場で表現することで物語をスムーズに進め、かつ観客の想像力を刺激してイメージを膨らませていくことが出来るのではないでしょうか。
実際にどのように会場が作られるのかは、是非会場でチェックしてくださいね!

 

とても和気あいあいとした稽古場で、劇中同様、休憩中に子供たちが楽しそうに遊んでいたのが印象的でした。実力派のキャスト、スタッフが一丸となってつくりあげているこの作品の世界観を、是非体感してみてはいかがでしょうか。

 

文/ローチケ演劇部員(有)

 

【公演情報】
『FUN HOME ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』

日程・会場:
2/7(水)~26(月) シアタークリエ

3/3(土)~4(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
3/10(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

原作:アリソン・ベクダル

音楽:ジニーン・テソーリ
脚本・歌詞:リサ・クロン
翻訳:浦辺千鶴
訳詞:高橋亜子
演出:小川絵梨子

出演:
アリソン(漫画家) 瀬奈じゅん
ブルース(アリソンの父) 吉原光夫
アリソン(大学生時代) 大原櫻子
ヘレン(アリソンの母) 紺野まひる
ロイ(ブルースの愛人) 上口耕平
ジョーン(アリソンの恋人) 横田美紀
アリソン(小学生時代)Wキャスト 笠井日向 龍 杏美
クリスチャン(アリソンの弟)Wキャスト 楢原嵩琉 若林大空
ジョン(アリソンの弟)Wキャスト 阿部稜平 大河原爽介