・取材してきました! 2017-10-26 17:16

『ギア -GEAR-』East Version 制作発表会見

IMG_1810

京都にあるわずか100席限定の劇場ながら、なんと観客動員数15万人を数えるノンバーバルパフォーマンス『ギア -GEAR-』。 2017年10月に2000回公演を突破し、ロングラン6年目を迎えた他に類を見ない実績を誇るこの舞台が、ついに関東に上陸する。千葉ポートシアターにて開幕する『ギア -GEAR-』East Versionの制作発表会見が先日都内にて行われ、出演するでんぱ組.incの藤咲彩音らキャスト、プロデューサーが登壇した。

千葉ポートシアターのこけら落とし公演となる本作。京都では100席だった座席数も約200席と倍となる。それでもキャストの汗が飛んでくるような近さで、世界大会優勝などの経歴をもつプロフェッショナルたちの超絶的なパフォーマンスを楽しむことができる。プロジェクションマッピングや最大1600万色のレーザー光線による演出など、最新の技術をさらに駆使し、よりパワーアップしたステージを展開。ノンバーバルパフォーマンスなので、大人はもちろん、子供も海外の人も楽しむことができるエンターテイメントとなっている。

会見では、それぞれが本作にかける想いや魅力を語った。各登壇者のコメントは下記の通り。

小原啓渡(ギア プロデューサー)
「新しいものを、まだ誰も観たことのないものを作りたいと思ってやってきましたが、そういう作品になってきていると思います。海外の方から“ランチボックス”と例えられましたが、言い得ていますよね。多様な食材が小さなところにおさまっていて、旨い。ちゃんと伝わっていると思って嬉しかった。日本人の持つ繊細さと緻密な感性で、バランスや調和を作っていくのは大きな文化の特徴。ノンバーバルで壁のない作品なので、地元千葉の方はもちろん、東京や関東、オリンピックもありますから海外の方にもたくさんお越しいただきたいです」

藤咲彩音/でんぱ組.inc(ドールパート)
「古川未鈴ちゃんからは『人形っぽい顔をしている!』と言われましたが(笑)、もっとより良い人形にならなきゃと思っています。5日間ほどお稽古をしたのですが、でんぱ組.incのおかげか動きは覚えきることができました! でも、コンタクトのせいか目をパチパチしすぎたり、先輩方から『幸薄い顔している』と言われてしまったりしたので、表情などを頑張って練習します。舞台でお仕事するのは初めてなので未熟者ですが、ドールパートの先輩方に続けるように精一杯頑張ります!」

HIRONAGA(ブレイクダンスパート)
「ブレイクダンスでは、得意な回転技やパワームーブなどで、ダンスバトルに多数出演して優勝の経験もあります。ギアの中では、誰よりも観客の歓声を受けて会場を沸かせたいと思います」

TAKUYA(マイムパート)
「たくさんのアーティストのバックダンサーの経験を生かしながら、鍛えた身体能力も生かして、マイムに初挑戦します。ダンスパートもできるマルチな出演を目指して頑張ります」

YOURI(マジックパート)
「メンバーになれて本当に光栄に思います。この作品を通して、マジックをより多くの人に知っていただきたいし、同時にギアを多くの人に伝えられるようになりたいと思います」

CONRO(ジャグリングパート)
「ジャグリングでは世界大会でチャンピオンになったこともあります。実はナレーターの仕事もしていますので、ノンバーバルということなんですけれども、この声もどこかで生かしていけたらと思います」

 

また、会見後には藤咲彩音、小原プロデューサーらの囲み取材も行われた。
IMG_4032

――舞台初挑戦ということで、アイドルのステージとは大きく違っているかと思いますが、どんなところが違いますか?

藤咲「今回、一番大きいのが言葉を使わないというところですね。表情だけで演技をするんですが、でんぱ組.incの活動をしている中にもライブで表情を豊かにやったり動きで表現したりはたくさんあります。共通点はあるんですけど、言葉を使わないでどれだけのお客さんにドールの感情や世界観を伝えられるか。そこが大きな違いのポイントだと思います」

――すでに稽古も始まっているそうですが、苦労している部分は?

藤咲「ドールパートはバレエの要素が多くて、私はやったことがないのでどうやってバレエの要素を出していくか、自分なりにどう表現していくかは苦労しています。ドールパートの先輩方はバレエをやっている方が多いので、手の形はこうとか、おへそはこっち、とか1回1回教えていただいています」

――稽古をしていて、自分自身のドールっぽいところや要素は見つかりましたか?

藤咲「ドールっぽい要素ですが? どうかな…(笑)。お稽古を通して、ドールっぽい動きはわかってきたような気がします。最初のイメージでは膝を使わないで歩いているんじゃないかとか、お人形さんなので思っていたんですが、意外と膝も動くな、とか。ある程度、手も広がっているんだなとか。新たな発見がありますね」

――プロデューサーとして、藤咲さんにどんなことを期待していますか?

小原「まさにドールパートは、アイドルなんですよね。4人のロボロイドたちにとって。まさにそういう役柄です。彼女にはオーラがあって、舞台に立った時のオーラにロボロイドがもっともっと惹きつけられるようになると、ストーリーが際立ってくる。そういうストーリーを際立だせる効果を藤咲さんは出してくれるんじゃないかと思っていますね。大いに、期待しています」

――そんな期待を受けて、藤咲さんいかがですか?

藤咲「確かに、ドールパートってみなさんをかき乱す存在だと思っていて、ロボロイドを引っ張ってこっちだよ~ってやっていくところがあるので。ロボロイドだけじゃなくて、観客のみなさんもドールに目が行ってしまうっていう存在感があるんですよね。体はちっちゃいですけど(笑)、オーラがあると言ってくださったので、存分に出せたらいいなと思います」

『ギア -GEAR-』East Versionは、2017年12月22日(金)より千葉ポートシアターにて開幕する。

 

【公演概要】
『ギア -GEAR-』East Version

会場:
Chiba Port Theaer(千葉県)

日程:
2017/12/22(金) ~ 12/30(土)
2018/1/4(木) ~ 1/29(月)
2018/2/1(木) ~ 2/26(月)

出演:East Versionオリジナルメンバー
【ドールパート】

藤咲彩音(でんぱ組.inc) 亀井理那

【マイムパート】
金子しんぺい 小山修人 TAKUYA ゆうじ

【ブレイクダンスパート】
HIDE ASHITAKA HIRONAGA

【マジックパート】
YOURI 川上一樹 紙磨呂

【ジャグリングパート】
森田智博 ボンバングー CONRO 小林智裕 KaNaTa

ほか
※キャストスケジュールは後日発表となります。