「超歌舞伎 2022 Powered by NTT」が8~9月に全国4都市で上演決定!

「超歌舞伎 2022 Powered by NTT」が8/4(木)~7(日)まで博多座、8/13(土)~16(火)まで御園座、8/21(日)~9/3(土)まで新橋演舞場、9/8(木)~25(日)南座にて上演される。

2016年の「ニコニコ超会議」にて初演された「超歌舞伎」。歌舞伎俳優としてはもちろん、映画・テレビと幅広い分野で活躍する中村獅童と、バーチャルシンガーの金字塔として世界をまたにかけて活躍する初音ミクが競演する、最新技術と融合した全く新しい歌舞伎公演であり、「ニコニコ超会議」の恒例行事としても好評を博し、京都・南座でも上演された。そしてこの度、幕張メッセを飛び出し東京、京都、名古屋、福岡の全国4都市での上演が決定した。

今回上演される『永遠花誉功(とわのはなほまれのいさおし)』は、「ニコニコ超会議2022」公演で初披露された話題の最新作。古代王朝を題材にした歌舞伎の名作『妹背山婦女庭訓』の世界を元にした作品で、運命に翻弄されながらも悪に立ち向かう人々の力強さと絆が描かれる。

ペンライトを振ってお客様に参加いただいたり、舞台と客席が一体となったライブ会場さながらの熱い大団円をご体感いただくなど、“超歌舞伎ならではの文化”も創り出され、公演を重ねるごとに進化し続けている「超歌舞伎」。中でも最大の見どころは、日本が誇る伝統の歌舞伎とNTTの研究所が開発した最新技術をはじめとするテクノロジーのコラボレーション。かつてない夢の空間で、新たな歌舞伎を楽しめる。出演者、お客様、最新技術が一体となり生み出される感動の舞台に期待が高まる!

「超歌舞伎 2022 Powered by NTT」は…

古典歌舞伎とNTTの技術を始めとした最新のテクノロジーが融合した“超歌舞伎”が、ついに東京新橋演舞場に初お目見得する。
今年の超歌舞伎公演は、超歌舞伎の楽しみ方とその魅力をご案内する『超歌舞伎のみかた』で幕をあける。続いてご覧いただくのは、舞踊『萬代(つきせぬ)春(はる)歌舞伎(かぶき)踊(おどり)』。真柴結城少将秀康の招きで、出雲のお国の一座が伏見城にやって来る。お国たちが評判の歌舞伎踊りを披露すると、続いて秀康が国土安穏の舞を華麗に踊ってみせる、長唄の舞踊。
そして『永遠(とわの)花(はな)誉(ほまれの)功(いさおし)』は、大化の改新のきっかけとなった乙巳(いっし)の変(へん)における蘇我入鹿討伐を題材とした歌舞伎の作品と、初音ミクの代表曲のひとつ「初音ミクの消失」の世界観をもとに書き下ろされた、超歌舞伎の最新作となる。
天皇の位をわが物にしようとする蘇我入鹿は、三種の神器を奪い、安倍行主を殺害し、着々とその陰謀を進めていく。一方、太宰少弐の未亡人である定高のもとに、入鹿からの使者として金輪五郎今国が現れ、定高の娘で美人と評判の苧環姫を入鹿の后としてさし出すように命じる。これを聞いた苧環姫が自らの素性にかかわる秘密を明かしていき…。また藤原鎌足の家臣であった金輪五郎が、なぜ入鹿の家臣となったのか。ふたつの謎が物語の軸となって、結末へと展開する。
更なる進化を遂げている“超歌舞伎”の舞台はもとより、リミテッド公演にも期待が高まる。