双子の兄弟、そして家族の愛と葛藤の物語『黒白珠』先行ビジュアル解禁&追加キャスト発表&オフィシャルサイトOPEN!

2019.03.12

1990年代の長崎を舞台に、同じ刻(とき)に生を受けた双子の兄弟が、家族を愛しながらも愛に飢え、さながら聖書のカインとアベルのように、葛藤とすれ違いの中紡がれてゆく人間ドラマ、舞台『黒白珠』(読み:こくびゃくじゅ)。

2019年6月、Bunkamuraシアターコクーンで上演される青木豪書き下ろし、河原雅彦演出の話題の新作だ。

チラシビジュアル公開に先駆け、松下優也と平間壮一の先行ビジュアルが解禁された。黒いスーツに身を包んだ松下優也、白いスーツの平間壮一。兄弟役である彼らが、いかなるドラマを生きるのか、期待が高まる。

また、キャストは、すでに発表されている松下優也、平間壮一、清水くるみ、植本純米、村井國夫、高橋惠子、風間杜夫に加え、平田敦子、青谷優衣の出演が発表された。

 

公演は6/7(金)〜23(日)のBunkamuraシアターコクーンを皮切りに、兵庫、愛知、長崎、久留米で上演。
チケットプレイガイド先行を経て、4/21(日)に東京の一般チケット発売開始。
他、各地公演情報、ストーリー、配役など詳細は、オフィシャルサイトで確認してほしい。

ストーリー≫

1990年代、長崎・佐世保。信谷大地(風間杜夫)は、真珠の加工・販売会社を経営していた。
長男の勇(松下優也)は高校中退後、仕事を継ぐべく父の会社で働いていた。花苗(清水くるみ)という恋人がいる。
勇の双子の弟・光(平間壮一)は、長崎の大学に入学したが、仮面浪人をして東京の名門大学を目指したいと言い出し、父は後押しを約束した。
大地は、いずれ会社の経営面を、勇ではなく光に任せたいとすら思う程、光に期待を寄せていた。
勇は、自分と双子の弟の光があまり似ていないことや、光を偏愛する父への焦燥も相まって、いつの頃からか自分の出自についてある疑念を抱き始める。

勇と光は、母の事をほとんど知らない。
まだ二人が幼い頃に、母は信谷家を出て行き、その後の消息は聞かされていなかった。
母・純子(高橋惠子)は、信谷家を出た後、長崎市で不動産屋経営をし、それなりに成功をしていた。
そんなある日、不動産屋に1人の客が訪れる。
それは奇しくも、大学に通うため、一人暮らしのアパートを探しに来た信谷光だった――――。

大地は知人から「真珠の養殖業から手を引くので会社を買い取ってくれないか」という話を持ち掛けられていた。バブル崩壊後、景気は回復していない時節だったが、養殖から販売までの一貫経営の夢を抱き“生涯最後の大博打”とその話に乗る。しかしその年の赤潮被害で目論見は大きく外れ、会社は倒産の危機を迎える……。

出自への疑念を抱えた勇。 互いに母子と知らず再会した光と純子。 倒産の危機に直面した大地。
封印された家族の物語が、不協和音を立てながら動き出し、衝撃の真実を解き明かすパンドラの箱が、今開かれる。

 

●『黒白珠』オフィシャルサイトOPEN!
https://kokubyakuju2019.wixsite.com/official

 

★お気に入り登録して最新情報をゲット!

松下優也

平間壮一