・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

「書を捨てよ町へ出よう」村上虹郎 インタビュー

001
撮影 江森康之

藤田貴大演出の寺山作品で
注目の新鋭が舞台初出演

 

 河瀨直美監督の映画「2つ目の窓」で昨年、主演デビュー。先月オンエアのスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の主演でも注目を集めた新鋭・村上虹郎が、今年生誕80周年となる寺山修司作「書を捨てよ町へ出よう」で初舞台を踏む。同名の評論集、舞台、映画がそれぞれ別の作品となっている「書を~」をその集大成の舞台として編み直し、上演台本と演出を手がけるのは、演劇界気鋭の才能・藤田貴大(マームとジプシー)。注目のタッグは、藤田のアプローチから始まった。

村上 「『ある演出家が舞台を観に来てほしいと言ってる』と事務所の方に言われて観に行ったんです。それが藤田さんの舞台でした。最初はピンと来なかったというのが正直なところだったんですが、何回か観るうちにどんどん『面白いかも』って理解できるようになりました。そして会うたび藤田さんに、『一緒にやろうか』と言ってもらえて。ただ自分のなかでのスイッチが入ったのは、ビジュアル撮影をして、周りの人に『舞台やるんだ』って言いだしてからですね」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-15 00:00

ナイロン100℃ 43rd SESSION『消失』 ケラリーノ・サンドロヴィッチ インタビュー

001
伝説的なシリアス・コメディが
オリジナルキャストで再演!

 

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)が率いるナイロン100℃。いまやテレビや映画などでもおなじみの人気俳優を多数抱える劇団としても知られているが、彼らが2004~05年に上演した「消失」は、その精鋭中の精鋭たちプラス客演の八嶋智人という布陣で挑んだ伝説の作品だ。登場人物は“善人”のみ。しかしその善人たちの思いはボタンを掛け違えるように複雑に絡み合い、やがて悲劇を生み出していく――。劇団最高傑作として挙げるファンも多いこの作品が、このたびオリジナルキャストで再演される。

 10年経った今、この作品を再演することについて「以前にTwitterで再演してほしい作品を募ったら、『消失』をかなり多くの方が希望されていて。『こんな暗い芝居をみんな観たいんだ?』って驚いた記憶がありますね」と冗談半分に語るKERA。しかし近未来の地球を舞台としたこの作品での深刻な環境汚染や急激な物価の変動といった閉塞した環境は、2015年の日本の姿ともどこか重なるリアルさがある。

KERA「僕の作品はわりとへヴィな背景を持ったものが多くて。『2番目、或いは3番目』っていう作品は“何か”が起きて廃墟になった街にボランティアの人たちがやって来るっていう話だったんですけど、上演の半年後くらいに東日本大震災が起きたんですよ。当時は絵空事のように思えたことに、現実の世界が近づいてきていて……それがより重く感じるんじゃないかとは思うんです。でもテレビと違って、舞台っていうのはたまたま観るものじゃなくてお客さんが観たくて来てくださるものだから、楽しくってゲラゲラ笑えて……というようなものがあってよい一方で、観たあとに自分たちの生活と照らし合わせて何かを考えるというような作品があってもいいんじゃないかと。それをシリアス一辺倒ではなく、あくまでもコメディ仕立てにした悲劇として見せる。今はそういう作品が少なくなってきてるから、今これを再演するのは意義があることだと思います」 続きを読む


・NEWS 2015-10-14 21:23

タクフェス第3弾『くちづけ』いよいよ東京公演開幕!!

kuchizuke_teaser_0722_outline

映画化もされた、心揺さぶる名作を是非劇場で!!

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-14 21:23

【インタビュー】90歳の“演劇の神様”ピーター・ブルックがどうしても創りたかった、古代インドの叙事詩

9月16日ピーター・ブルックアトリエにて撮影

戦争をしてしまった人間に突き付けられた究極の命題を、軽やかに鮮やかに描く

 

続きを読む


・取材してきました! 2015-10-14 16:36

10/18[日]まで絶賛上演中!舞台「幻の城~戦国の美しき狂気~」ゲネプロ写真が到着!

11
10/18[日]まで絶賛上演中!
舞台「幻の城~戦国の美しき狂気~」ゲネプロ写真が到着!

 

10/9[金]にEXシアター六本木で開幕した舞台「幻の城~戦国の美しき狂気~」のゲネプロ写真が到着!
鈴木拡樹(宇喜多秀家 役)、細貝 圭(根津甚八 役)、山本匠馬(真田幸村 役)、新垣里沙(おのえ・豪姫 役)、
染谷俊之(霧隠才蔵 役)、天月-あまつき-(少年 役)、寿里(本多正純 役)、山崎樹範(徳川家康 役)らが
それぞれの登場人物に扮した姿は原作の人物がそのまま舞台に現れたかのように感じるほど雰囲気を纏っています。
劇中には息をのむド迫力の殺陣のシーンもあるのですが、そこは実際に公演をご覧いただくまでのお楽しみ。
映像や写真では伝わらない、熱い生き様を是非肌で感じてください! 続きを読む


・取材してきました! 2015-10-14 09:48

『Endless SHOCK』博多座初日通し稽古&囲み取材レポ

堂本光一主演ミュージカル

『Endless  SHOCK』博多座公演 上演中!

 すがすがしい秋晴れとなった2015年10月7日。2000年の初演から今年で15年目を迎えた堂本光一主演ミュージカル

『Endless SHOCK』が、今年の公演の締めくくりの地となる博多座で初日を迎えた。ローチケ演劇部では、その初日公演前に開かれた通し稽古と囲み取材の模様を少しだけお届け!

es rogo small

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! ・取材してきました! 2015-10-09 18:51

開幕直前!!「BOYBAND」稽古場レポート&平野 良・大山真志インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ステージで歌い、踊り、世の女性たちに夢を与えるボーイバンド(男性ヴォーカルグループ)。その華やかなステージの裏側には、表現者としての苦悩や一人の人間としてのさまざまな葛藤が渦巻いている――。とある一組のボーイバンドを巡る人間ドラマを、歌やダンス、芝居を組み合わせノンストップで見せていく舞台「ボーイバンド」が、世界各国での上演を経てついに日本に上陸! 物語の主役であるボーイバンド「フリーダム」に扮するのは、平野良、大山真志、碓井将大、味方良介、藤田玲という、歌やダンスのスキルも含め若手の中では抜きん出た実力を発揮している5人。10月10日[土]の初日を前に、熱気を帯びた稽古場へとお邪魔した。

 

続きを読む


・NEWS 2015-10-08 13:56

太鼓芸能集団「鼓童」創立35周年記念コンサート&記念ツアー開催決定!

001

太鼓芸能集団 鼓童
創立35周年記念コンサート&記念ツアー開催決定!

 

 1981年、ベルリン芸術祭で鮮烈なデビューを果たした「鼓童」が、来年2016年に創立35周年を迎えます。太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見出し、現代への再創造を試みる「鼓童」は、デビュー以来、世界47カ国で5,600回を超える公演を行ってきました。

 また、2012年には芸術監督に坂東玉三郎氏を迎え、それまでの鼓童にはない特色ある作品を生み出し、新たな次元での太鼓音楽表現の可能性を提示し続けています。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-07 17:37

ミュージカル「黒執事」-地に燃えるリコリス2015- 植原卓也&佐々木喜英&矢田悠祐 インタビュー

1508_kurositsuji

19世紀の英国、呪われし運命を背負う若き当主・シエルと、その執事・セバスチャン。
彼らを取り巻く人々、彼らが立ち向かう事件を描くダーク・ファンタジー。

原作コミックの中でも人気の「切り裂きジャック篇」を舞台化し、連日満員となった『ミュージカル「黒執事」―地に燃えるリコリス―』が、この冬に新キャストを迎え、新たな演出、新たな楽曲も交えて上演されることが決定した。

2009年の初演作からグレル・サトクリフを演じ作品を支え続けている植原卓也、
強烈なキャラクター・ドルイット子爵を熱演し話題を呼んだ佐々木喜英、
今回チャールズ・グレイを引き継ぎ、『黒執事』の世界に初参戦する矢田悠祐。

人気キャラクターを演じる3名に意気込みを聞いた。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-10-07 15:01

サンプル『離陸』松井周×伊藤キム インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 現代社会の病理を、異物ではなく共生すべきパートナーのように取り込んで生きる人々を、粘膜的な湿度と神話的な俯瞰の視線で描く松井周。彼が作・演出・主宰を担うサンプルが、新作『離陸』で新しい段階に入ろうとしている。松井自身が初めて俳優として自身の劇団に出演し、共演者に、コンテンポラリーダンサーとしてすでに著名な伊藤キム、次々とクセのある演出家から指名を受けるフリーの稲継美保を選んだ。三角関係をミニマムな社会と捉え、3人の“離陸”の先に、新しい関係が描かれる。

 

ワークショップでのキムさんの佇まいに
「この人は俳優だ」と思った

―― 今回、つくり方が今までと全然違ったと聞いています。

松井 稽古の段階で台本をまったく用意せず、エチュードから立ち上げました。そういうやり方は初めてでしたね。細かい順番で言うと、キムさんが本格的に俳優をされるのが初めてということもあって、稽古に入る前にワークショップをしたんです。それが8月の半ばで、その時はもう、夏目漱石の『行人(こうじん)』──一緒に暮らしている兄と兄嫁と弟の三角関係の話なんですけど──をベースにすることは決めていて、僕がちょっと設定を付け加えたエチュードをやってもらいました。例えば、その関係にある3人が、芸術や科学、宇宙について話すとしたら、どんな会話になるかといったことですね。9月頭に稽古を始めたんですけど、ワークショップでやったことのトピックを並べて、またエチュードをやって、台本はそこからつくり始めたんです。

続きを読む