・インタビューしちゃいました!! 2017-06-20 18:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 福田転球 インタビュー

画像4
劇団☆新感線の人気作『髑髏城の七人』連続上演の2シーズン目となる“Season 鳥”。劇中の「兵庫」役を担う福田転球は、1990年の『髑髏城〜』初演に出演経験があるらしい。それ以降二度目の新感線作品参加となる福田に、現在の心境や、出演に関する思いを聞いた。

 

──会場のIHIステージアラウンド東京は特殊な劇場機構を有していますが、福田さんご自身がこのステージに立つイメージは?
福田「“花”に出ているキャストの皆さんから聞いたお話によると、役者はとにかく「走る」必要があるらしいんです。やはり、自分が実際に演じてみて、どれくらいの距離を走るのだとか、そういう体験をして初めて知ることが沢山出てくる劇場だと思います。「とにかく大変だ」という噂はよく耳にしますね。客席が動いている間に自分はどうなるのか、お客さんが離れていく、遠ざかっていくということはどういう感覚なのか、そういったことは全て未経験ですから。すごく面白そうだし、興味はあります。」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-20 00:00

「気づかいルーシー」  ノゾエ征爾 インタビュー

ノゾエ征爾

一番難しいパターンの再演、挑戦します

 

奇才・松尾スズキ作の、可愛いけど少しグロ、なのに、笑いながら最後は温かな気持ちになる絵本を、子どもから大人までが楽しめる舞台にした音楽劇『気づかいルーシー』。
一昨年の初演が大好評で、岸井ゆきの、栗原類、小野寺修二、山中崇ら、人気キャスト全員が続投という幸福な形で再演される。松尾からの指名を受け、脚本・演出を手がけたノゾエ征爾に話を聞いた。

ノゾエ「初演は奇跡的に素晴らしいメンバーが集まって、僕と一緒にキャストもミュージシャンも悩んでくれて、みんなで答えを見つけていく稽古ができました。だから同じ顔ぶれが揃うのはうれしいんですけど、キャストが変わらないまま新しい発見をしていくって、実は一番難しいパターンの再演なんです。しかもこの2年の間に、みんなすごく活躍していて、技術的にきっと進歩している。僕も含め全員が“前回のままでいいよね”とは思っていないはずで、さあ、どうしようかと」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-19 17:36

アミューズ若手アーティストによるオリジナルミュージカルプロジェクト 「オーバーリング・ギフト」囲み取材レポートが到着!

画像

<囲み取材登壇者>
風間由次郎、杉本雄治(
WEAVER)、猪塚健太

 

―まず風間さん、オリジナルミュージカルの作・演出に抜擢ということで、初日を迎えた今のお気持ちは?
風間「今回このような機会をいただき、一人では何もできないなと本当に感じました。いざ作品を1から作るとなると、今日この日が来るまで本当にたくさんの皆さんに支えてもらって、こうやって初日を迎えられてとても嬉しいです。」

 

―杉本さん、今回は全曲作曲ということで、同じく初日を迎えたお気持ちは?
杉本「僕はステージに立つわけではないのにすごい緊張してしまいました。特に由次郎さんの挨拶が一番緊張しました(笑)」
風間「だよね(笑)緊張を和らげるためにやってきてって言われたのに。」
杉本「でもそれだけ由次郎さんが作品に掛ける想いって言うのは凄くて、最初の打合せで由次郎さんと会った時からギラギラした目線を感じました。そのときはまだ台本が出来上がっていなくて、ここから6月までにできるのかなというスリル感も感じました。そんな中で僕も初めてでわからないことばかりだったのですが、由次郎さんが丁寧に教えてくれて、どんどんストーリーからもインスピレーションをもらって、満足いく作品が出来たんじゃないかなと思います。これから初日ですが、この作品は自分の経験値にもなりますし、皆さんが心に何か感じてもらえるような作品になればいいなと思います。」

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-19 13:31

「忍たま乱太郎」 第8弾 再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~公開ゲネプロ写真&キャストコメント到着!

画像2

ミュージカル「忍たま乱太郎」 第8弾 再演~がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!~の公開ゲネプロ&囲み取材が行われました!

 

【キャストコメント】
<久々知兵助役 山木透>
全てのシーンが見どころです!キャラクターに対して、1人1人のアプローチの仕方が高いクオリティで行われていて、さらにパワーアップしています。僕は、ステージで初めて歌を歌ったのが、この忍ミュでした。いいものに仕上げてきました。初演とはステージ、演出、キャストも変わりましたので“新しいもの”として、ぜひ観ていただきたいです!

<尾浜勘右衛門役 佐藤智広>
尾浜勘右衛門がどんな役割を持っているのかを考え、どう表現するのか、お芝居を課題に作り上げてきました。今回会場が変わったことにより、セット組みも少し違うので、そんなところも見どころの1つです。

<不破雷蔵役 吉田翔吾>
初演を超えてやるぞ!という意気込みで挑んでいます。初演の時は、会場がシアターGロッソで平場があまりなかったのですが、今回は舞台のセットや高さが変わり、空間を活かしたアクロバットが見どころです。ぜひ注目していただきたいです!
続きを読む


・連載―相葉裕樹の素顔に迫る! 2017-06-16 16:11

【連載】「相葉裕樹の素顔に迫る!」第三回

画像
この連載も3回目となりました。
「レ・ミゼラブル」の幕があき、先日は「ファンミーティング2017 in東京」も開催されました!

 

―「レ・ミゼラブル」の幕があきましたね。初日をむかえたときの感想を教えてください。
約4,5ヵ月(エコールから)という長い期間お稽古して、ミュージカルに臨むことが初めてでした。
幕があいて、カーテンコールで拍手をいただいた時に少しホッとしました。
まだまだ長丁場なので、身体のケアもしなくてはいけないし、気は抜けないなと思います。アンジョルラスとしてしっかり舞台に立ちたいと思います。


―6月に入りましたが、今のお気持ちは?

自分では気づかないところで身体が疲れていたりして、休みの日も気を抜けないし今まで経験したことのない不思議な感じです。
パフォーマンスの向上を日々やっていかなくてはいけないなと思います。


―プレビュー初日のカーテンコールで満面の笑みでしたね。

客席がすごくあたたかくて。
拍手がどんどん大きくなって、その大きさに圧倒されました。そしてファンの皆さまが涙を浮かべて応援してくれていて、本当に嬉しかったから笑顔になったのかもしれないです。

続きを読む


・出演者からのメッセージ! 2017-06-16 16:00

大きな虹のあとで~不動四兄弟~ 市川知宏×山本涼介 のコメントが到着!

画像1
入江甚儀、市川知宏、竜星涼、山本涼介が兄弟役で初共演する舞台「大きな虹のあとで~不動四兄弟~」。
いよいよチケット一般発売に先駆け、主演の市川知宏、山本涼介からメッセージが届きました!

 

市川「前回のインタビューの時、「稽古が始まるまでに勉強はもちろん、資料館や記念館など実際に足を運んで少しでも体感しようと思います」と話しましたが、先日、鹿児島にある知覧特攻平和会館に行ってきました。話には聞いていましたが、展示されている特攻隊の方の手紙を読むたびに自然と涙が出て止まらなくなってしまいました。実在した人たちの遺品や家族に宛てた遺書などを目の当たりにして、数十年前に起こった出来事が現実なんだということを僕自身あらためて実感しました。僕らよりも若い彼らがどんな想いでこの手紙を書いたのか、文字から伝わってくるものがありましたし、海に沈んでいたゼロ戦を引き上げて展示しているのを見て“これに乗って飛び立ったんだ”と思うと正直怖くなりました。自分がまさにその役を演じることになるので、以前にも増してこの作品に向き合う“責任”も強く感じました。」

山本「稽古が始まるまでの間、今は4人とも勉強はもちろん、資料館に足を運んだり戦争体験者の方のお話を伺ったり、みなさんに伝えるべきものが何なのかを探しながらそれぞれ準備をしている段階です。」
続きを読む


・NEWS 2017-06-16 15:33

生田斗真 菅田将暉 初共演で贈る 世界が愛した傑作戯曲!「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」

タイトル

現代演劇界の至宝・サー・トム・ストッパードの出世作『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』で、生田斗真 と 菅田将暉 が初共演!
次代を担う気鋭の演出家・小川絵梨子と共に、世界的戯曲に挑む!

シェイクスピアの悲劇「ハムレット」の最後の最後で、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ・・・」の一行だけで片付けられてしまった、憐れな2人組「ロズとギル」。本家ハムレットでは、どうあがいても日の目を見ることのない影の薄い2人組を、堂々の主人公に引っ張り出した、いわば『ハムレット』のスピンオフ戯曲!
初演から50年の時を経ても色あせない、巨匠トム・ストッパードの知的遊び心が盛りだくさんの傑作戯曲が、興奮の顔合わせで、この秋、上演決定!

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-16 11:22

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season 鳥 Produced by TBS 少吉役 少路勇介 インタビュー

みなさんに負けないよう目立ちたいです!

main0485

劇団☆新感線に出演するのは、『髑髏城の七人』Season鳥が8年ぶり2作目となる少路勇介。巨大な円形客席が360°回転するという画期的な新劇場で、4シーズンに分けてロングランされる大注目の公演とあって、その胸中には燃えたぎるものがあるようだ。「少吉」を演じる少路に、この公演に賭ける思いの丈を語ってもらった。

続きを読む


・取材してきました! 2017-06-15 19:38

「LOVE ON THE FLOOR 2017」公開稽古場 取材レポートが到着!

1
いよいよ今週開幕!
「LOVE ON THE FLOOR 2017」公開稽古場取材レポート

 

木下グループpresents「LOVE ON THE FLOOR 2017」の公開稽古が、6月12日(月)に神奈川県川崎市内にて行われた。

「LOVE ON THE FLOOR」は、「ときめき」「情熱」「とまどい」「嫉妬」「無償の愛」といった、人々が辿る様々な「愛」の局面を、世界のトップスケーターとトップダンサーたちがダンスパフォーマンスを通じて表現するステージ。 米国の超人気TVリアリティーショー番組“Dancing with the Stars”で2度の優勝経験を持つシェリル・バークが、構成・演出を担当している。
2016年の公演は、最終日のチケットが取れないと悲鳴が上がるほどの大好評で幕を閉じた。2017年版は、昨年はゲスト出演だった髙橋大輔がシェリル・バークと共に主演を務める。

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2017-06-15 00:00

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS 松山ケンイチ インタビュー

画像1

観る人の心を動かす表現に真っ直ぐ挑みたい

 

劇団☆新感線への出演は『蒼の乱』に続き三年振り二度目となる松山ケンイチ。当時を振り返りつつ、現在の心境を語った。

松山「僕は新感線のファンですし、皆さんとご一緒できてすごく幸せでした。でも自分は舞台初心者なので、稽古場でも『これだけ面白い人達に囲まれて、極力足を引っ張らずやるにはどうしたら良いのだろう?』と悩んだ記憶があります。結果、自分の出せる最大の力でストレートを投げ込むことしかできないと。そういう意味で、この“風”も同じ。ただただ、観る人の心を動かす表現に真っ直ぐ挑む。それだけはやりきりたいと思っています。今回、再び呼んでいただけたことは奇跡です。(『蒼の乱』出演時に)体調管理の難しさを身に染みて感じたし、それだけ激しい現場でした。正直に言うと『二度目のチャンスはないだろう』と考えていた。でも、また挑戦させていただけるのであれば、今32歳の自分が出せるすべてを出し切って、この年を終わらせたい。人間、挑戦する場があるのなら挑戦するべきだと僕は思います」 

続きを読む