・インタビューしちゃいました!! 2015-07-27 15:21

「RENT」エンジェル役・平間壮一さんインタビュー

rent
人生を愛で測ろう Measure your life in Love
「RENT」
エンジェル役・平間壮一さんインタビュー

 

 「RENT」(レント)は1996年2月、オフブロードウェイのニューヨーク・シアター・ワークショップで初演され、後にブロードウェイのネダーランダー劇場に舞台を移して以来12年4か月、連続上演5140回。現在では歴代8位のロングラン公演記録を樹立したミュージカルの最高峰。

 アメリカではもちろん世界中で各国語版の「RENT」が上演されるなか、日本でも名だたる実力派若手俳優が名を連ね繰り返し上演されています。

 2015年9月8日よりシアタークリエにて再演が決定した「RENT」でストリートドラマーのエンジェル役を演じる平間壮一さんにインタビューしました。

 

続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2015-07-24 19:18

7/24 [金]開幕!「兵士の物語」ゲネプロ写真が到着!

soldier1
撮影:阿部章仁

本日7/24[金]東京芸術劇場 プレイハウスにていよいよ開幕!
英国ロイヤル・オペラ・ハウス版『兵士の物語』のゲネプロ写真が到着!
キャストのアダム・クーパー&ラウラ・モレーラのコメントもお見逃しなく!

 

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-07-24 17:22

蜷川幸雄インタビュー<後編>『青い種子は太陽の中にある』&『NINAGAWAマクベス』について

ninagawa2_01

ジャニーさんは演出家の心理がよくわかっているんだ。

 

 一時は体調が危ぶまれたものの、文字通り創作をエネルギーに代えて「蜷川幸雄80周年」を快調に邁進中の蜷川幸雄。8月にシアターコクーンで上演される『青い種子は太陽の中にある』は、亀梨和也を主演に迎え、寺山修司が20代で書いた音楽劇を立ち上げる。そして9月には17年前にシェイクスピアの本場イギリスで絶賛された『NINAGAWAマクベス』を、キャストを新たに上演する。インタビューを通して語られた、創作への意欲と自分への。車椅子も酸素吸入器も、その激しさは止められない。

 

 ──8月の『青い種子は太陽のなかにある』は、寺山修司が20代で書いた音楽劇で、亀梨和也さんが主演、音楽監督を松任谷正隆さんが担当されることで話題です。

「俺にはね、ずっと前から演歌でミュージカルをやりたいという気持ちがあるの。なぜならそれは、日本人にしかつくれないから。ヨーロッパ音楽をそのままやったら、向こうにはかなわない。俺は自分達にしかできないことで一流の作品をつくって勝負したいんだ」

続きを読む


・取材してきました! 2015-07-21 23:45

“麗人 REIJIN -Showa Era-”コンサート<前夜祭>リハーサル写真レポート

REIJIN29

 “麗人 REIJIN -Showa Era-”コンサート

<前夜祭>リハーサル写真レポート!

7/21[火]に行われた宝塚OG・歴代トップスターによる“昭和歌謡”カバーアルバム

 『麗人 REIJIN-Showa Era- 』CD発売記念コンサートの

<前夜祭>リハーサルレポートを

【CD】麗人 REIJIN -Showa Era-

【Blu-ray+DVD】麗人 REIJIN-Showa Era- コンサート

の情報と併せてお届けします!

続きを読む


・NEWS 2015-07-16 11:54

劇団四季ミュージカル『ライオンキング』日本公演通算10000回達成!

lionking
日本演劇史上初の快挙!! 2015年7月15日(水)
ミュージカル 『ライオンキング』日本公演通算10000回達成!!

 

 7月15日(水)、ミュージカル『ライオンキング』は、国内演劇史上初となる通算10,000回を達成いたしました。

 作品は、1998年の初演以来、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌の5都市で上演。現在は、東京(浜松町/四季劇場[春])と大阪(梅田/大阪四季劇場)にてロングラン公演が続いており、5都市すべての街で、連続ロングラン記録を樹立しました。なお、この記録到達までの期間は16年7ヶ月、また観客動員数も国内最多の1015万人と他を寄せ付けません。 続きを読む


・取材してきました! 2015-07-16 09:13

「幻の城~戦国の美しき狂気~」制作発表レポート

maboroshi_report01

7月14日[火]アメスタ(東京・渋谷)にて、今秋上演される舞台「幻の城~戦国の美しき狂気~」の制作発表会が行われた。この日は、主演の鈴木拡樹を筆頭に、細貝圭、山本匠馬、新垣里沙、染谷俊之、風間由次郎、井深克彦、北代高士、寿里、石井智也、山崎樹範、今回テーマソングを担当することとなった天月-あまつき-、演出の大関真、座間隆司プロデューサーが出席。

続きを読む


・取材してきました! 2015-07-15 14:02

舞台『マクベス』の舞台写真が到着!


撮影:引地信彦

ウイリアム・シェイクスピアの作品群の中でも、最も有名な心理劇「マクベス」。 その登場人物をほとんど一人で演じきるという大胆かつ野心的なコンセプトの元に創り上げられた舞台が、スコットランド・ナショナル・シアター(NTS)版『マクベス』。
7/12[日]東京公演より大阪、横浜、北九州と順次開幕します!

続きを読む


・出演者からのメッセージ! ・取材してきました! 2015-07-15 10:43

劇団四季ミュージカル『ライオンキング』主演キャストが阪神タイガース始球式へ参加!

lion01
劇団四季ミュージカル『ライオンキング』主演キャストが
阪神タイガース始球式へ参加!

 

 7月14日(火) ミュージカル『ライオンキング』大阪公演(於:梅田 大阪四季劇場)に出演中の主演キャストであるシンバ役:南晶人(みなみ あきと)、ヤングシンバ役:橋本佳月(はしもと かつき 12歳 小学6年生)が、「阪神タイガース×広島東洋カープ」戦の始球式を務めました。

 『ライオンキング』は、アフリカ・サバンナを舞台に展開するライオンの子・シンバの成長物語です。「サークル・オブ・ライフ(生命の連環)」という深遠なテーマの中で、生命の営み、親子の絆、心の成長を綴ります。四季では1998年の初演以来、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌の5都市で上演。 現在は、大阪と東京での上演が行われており、明日15日には日本公演通算10,000回を達成します。なお大阪公演は、阪神電気鉄道株式会社と劇団四季の共同主催公演として、同グループ複合商業施設「ハービス PLAZA ENT」内で行われているものです。 続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-07-15 00:00

「靑い種子は太陽のなかにある」高畑充希 インタビュー

aoi001
寺山修司が遺した幻の音楽劇に
現代の若き才能たちが挑む

 

 14歳のときに、山口百恵トリビュートミュージカル「プレイバックPart2~屋上の天使」で主演デビュー。以降も6年にわたってタイトルロールを務めた「ピーターパン」、難役とされる三重苦の少女ヘレン・ケラー役に挑んだ「奇跡の人」など、舞台でのキャリアを着実に積み重ねている高畑充希。その演技力と美声はドラマ、映画でも発揮され、今、最も勢いのある若手実力派女優との呼び声も高い。

 そんな彼女が、この夏、「靑い種子は太陽のなかにある」で初めて蜷川幸雄演出の舞台に立つ。聞けば、蜷川作品の観劇歴はすでに10年以上。そして長年の願いがかなっての出演だという。

高畑「蜷川さんの作品は小さいころから観てきたので、私のなかでは近いところにずっとあったんです。始まりは確か、藤原竜也さんと鈴木 杏さんが出ていた『ロミオとジュリエット』(2004)だったんじゃないかな。女優になってからは、一緒にお仕事をしたいと密かに思いつつ、劇場に足を運ぶたびにご挨拶をさせていただいてました(笑)。稽古場にも一度。それがようやく蜷川さんとじっくり同じ空間にいさせてもらえる機会を与えられて、今はもう、楽しみで仕方ないです。でも稽古はまだまだこれから。だから夢がかなったというよりは、野望の入り口に立ったという心境ですね」

続きを読む


・インタビューしちゃいました!! 2015-07-15 00:00

KERA・MAP #006『グッドバイ』ケラリーノ・サンドロヴィッチ&仲村トオル インタビュー

kera001
KERAと仲村の
名コンビが太宰に挑む

 

 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下、KERA)と仲村トオル。昨年末は舞台「夕空はれて〜よくかきくうきゃく」、今年はドラマ「怪奇恋愛作戦」と、立て続けにタッグを組んだ作品が発表されてきた。さらに9月、太宰 治未完の遺作を舞台化した「グッドバイ」でこのコンビが舞台に再登場する。

 原作となる小説「グッド・バイ」は、10人の愛人を持つ男・田島の物語。田島は田舎に残してきた妻子を東京に呼び寄せることを決意し、そのために愛人全員と別れようと画策する。愛人たちときれいに別れるため、とびきりの美人を妻と偽ることにし、仕事で出会ったキヌ子を雇うが、田島はキヌ子に振り回されることに……。

 一人目の愛人に会いに行ったところで終わってしまっている原作の続きを、今回KERAが紡ぐこととなる。田島を仲村が、そしてキヌ子を小池栄子が演じる。

続きを読む